噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2015/12/13(日) 14:28:24.16 ID:CAP_USER*.net
    NMB48のエース、山本彩(22)が、第3弾写真集「みんなの山本彩」(ヨシモトブックス、税別1200円)を 
    来年1月8日に発売する。 
    昨年10月、「山本彩を見つけたら誰でも勝手に撮影OK」とする企画を実施。 
    一般ファンやNMB48のメンバーが街中や舞台裏などで撮影し投稿した6000枚以上のカットから、よりすぐりの約600枚を収録した。 

    東京・浅草で観光中、また量販店で買い物中に撮影されたりと、素顔の山本が満載。 
    セクシーショットを連発した前作「SY」とは対照的な仕上がりで、山本は「私自身も『こんな表情をしているんだ』と新しい発見があったり、360度死角なしのすべての私がこの本に詰まっています。テレビや雑誌では分からない等身大の山本彩をたくさんの方に知ってもらいたい」と話している。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000247-sph-ent 

    浅草寺で無防備な一瞬をファンに激写された山本彩 
    20151212-00000247-sph-000-3-view
    【山本彩、第3弾写真集「みんなの山本彩」発売 素顔のさや姉、ファンが激写!】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/12/11(金) 19:14:12.95 ID:CAP_USER*
    AKB48の柏木由紀が、自身のtwitterである画像を投稿し、話題を呼んでいる。 

    柏木は、「来週14日!月曜発売 ヤングマガジン 表紙と巻頭グラビアをやらせていただきます」とツイート、自身が表紙を務める『ヤングマガジン』の表紙画像を投稿し、告知を行った。 

    表紙には「柏木由紀 やっぱり冬は"ゆき"が好き」と書かれており、オレンジのビキニを着た柏木の妖艶な表情が写し出されている。 
    しなやかな首元と二の腕のセクシーさはもちろん、オレンジのビキニからは、大迫力の胸の谷間があらわになっており、柏木の妖艶な雰囲気と美しいスタイルが見事の融合した、美しいグラビア写真となっている。 

    この表紙画像にファンからは 
    「おぉー安定のゆきりん」「やっぱゆきりんはグラビアが一番」「絶対買います」「胸デカいなぁ!」 
    「色香が溢れ出てる!!」「ゆきりんのグラビアひさびさ!」「美しすぎる」と絶賛の声があがっている。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/aolcelebrity_20151211_77ebb1eaf51dce205e40/ 

    AKB48 柏木由紀 Twitterより 
    CV6dbKLWUAEPSAc

    【柏木由紀がセクシーすぎる胸の谷間グラビアを披露して話題に 「安定のゆきりん」「美しすぎる」と絶賛の声】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/12/11(金) 07:29:57.54 ID:CAP_USER*.net
    橋本環奈が所属する福岡発のアイドルグループ・Rev.from DVLが、6枚目のシングル「屋上のスキマ 白いソラ」を来年1月5日に発売することが決まり、ミュージックビデオが公開された。 
    作詞・作曲はヒャダインこと前山田健一氏が担当した。今作から新メンバーの池松愛理(19)が加入し、13人体制となる。 

    橋本のソロから始まる新曲は、スピーディーでヘヴィーなサウンドに乗せたソロパートリレーが聴きどころ。 
    前作「君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ」(6月発売)で、デビュー以来最高となるオリコン週間ランキング4位を記録したRevの新たな一面が引き出されている。 

    本作は通常盤Type-A(CD+DVD)、同Type-B(CD)、web盤の3形態。 
    ジャケット写真もこれまでになく、笑顔のないクールな仕上がりとなっている。 
    新メンバーの池松が加入した新体制は、今月22日の名古屋公演から始まるツアー『Live and Peace vol.5』でお披露目される。 

    ■Rev.from DVL「屋上のスキマ 白いソラ」MV 
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/00706/v07651/v0761500000000523724/ 

    ■『Live and Peace vol.5』日程 
    12月22日(火):愛知・名古屋ボトムライン 
    12月23日(水・祝):大阪なんばYES THEATER 昼夜2公演 
    12月29日(火):東京・赤坂BLITZ 
    12月30日(水):福岡・DRUM LOGOS 

    http://www.oricon.co.jp/news/2063685/full/ 
    2015-12-11 00:47 

    2063685_201512110627555001449773935c
    新メンバー池松愛理(前列左端)を加えて13人体制となったRev.from DVL 
     
    【橋本環奈らRev.from DVL、新曲はヒャダイン提供 新メンバー加入で13人体制に】の続きを読む

    1 :Egg ★@転載は禁止 ©2ch.net:2015/12/11(金) 15:49:39.97 ID:CAP_USER*
    写真週刊誌「フライデー」にW不倫を報じられたフリーアナウンサーの染井明希子(26)が先月いっぱいで所属事務所のホリプロを退社していたことが分かった。 

    染井は慶応大学在学中からモデルとして活動した美女で、2012年に北海道文化放送(UHB)に入社。「タカトシ牧場」「U型ライブ」など人気番組を担当したが、今年3月31日付で同局を退社。4月1日からホリプロに所属していた。 

    しかし今週発売の「フライデー」で、UHB時代の上司A氏と不倫関係にあり、A氏の妻から訴えられていると報じられた。染井も昨年5月に結婚しており、事実ならW不倫となる。 

    現在、染井のプロフィルはホリプロのサイトから削除されており、公式ブログやツイッターアカウントも閉鎖されている。 

    当サイトの取材に対し、ホリプロは「先月いっぱいで退社したため」と削除の理由を説明。退社とW不倫報道には関係がなく「あくまで契約が切れたためです」とした。 

    東スポWeb 12月11日(金)15時5分配信 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00000017-tospoweb-ent 

    写真 
    546d75f9e81661aa1c1cd2c1e3c74b92-222x300
    【W不倫報道の美人アナ 所属ホリプロ退社していた!退社とW不倫報道には関係がなく「あくまで契約が切れたためです」】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/12/11(金) 14:41:43.07 ID:CAP_USER*
    モデルでタレントのマギーが、貧しい生活を送っていた幼少期といじめを受けていた過去を告白した。 

    10日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系、毎週木曜よる10時)では“人生の恩人と再会する夜会”企画を展開。 
    マギーは、これまでの人生を振り返るとともに、人生で1番辛かった時期を支えてくれたという親友と再会した。 

    ◆主食はもやし 

    2歳で両親が離婚し、父親に引き取られたマギー。 
    シングルファーザーでマギーと弟を育てたというが、転職を繰り返していた父の収入は不安定で貧しい生活を送っていた。 
    築70年の木造住宅に住み、主食はもやしが続くこともあり、つけられたあだ名はガイコツ。 
    学校では心を開ける友人がおらず、いじめを受けていたという壮絶な過去を明かした。 

    そんなマギーを支えていたのが、塾で知り合ったという親友の美咲さん。 
    今年上半期のテレビ番組出演本数は58本で出演ランキング女性部門で5位を獲得と目覚ましい活躍ぶりを見せているマギーは、その分プレッシャーも感じているといい、美咲さんに会って元気をもらいたいという思いから3年ぶりの再会を果たした。 

    ◆いじめから守ってくれた親友の存在 

    隣町の塾に通っていたものの、同じ中学の同級生も塾にはいたそうで、塾でもいじめに遭いそうになった際、マギーの味方でいてくれたという美咲さん。 
    美咲さんへの思いを 
    「なんでも話せる人は美咲しかいない。いっつも味方でそばにいてくれた気がして…」 
    「あのとき出会えていなかったら、今の私はいないと思う。本当に本当にありがとう」 
    と涙ながらに感謝を伝えた。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1548925/ 

    マギー 
    w450c-e_1610237
    【マギー、極貧生活&いじめを受けていた過去を告白 主食はもやし】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/12/11(金) 10:07:23.82 ID:CAP_USER*
    AKB48のOGで篠田麻里子と並ぶ迷走ぶりが話題の板野友美。 
    今年一年を振り返っても、たまに表舞台に出てきたかと思えば、「巨大バストがしぼんだ」 
    「顔がまた変わった」など、ネットのネタ提供のようなマイナスな話題ばかりに終始した。 

    来年には初主演映画「のぞきめ」が公開予定だが、たいした実績も残していない板野の謎の大抜擢に、同作が所属事務所であるホリプロ制作の作品のため、「精一杯の救済策では?」との声も上がるなど、ずいぶん肩身が狭い思いをしているようだ。 

    そして、つい先日にも板野の残念な立ち地位が露呈するような出来事があった。 
    現場は12月1日、表参道イルミネーションの点灯式でのこと。 
    板野は事務所の後輩である小島瑠璃子とともに出席した。 
    2人は14年に放送されていた板野の初の冠レギュラー番組「板野パイセンっ!!」(TBS系)で共演しており、 
    プライベートでも親しい関係だったというのだが‥‥。 

    「板野はイベント内のフリートークで、先日LINEで小島から食事の誘いを受け、その返信で小島の都合のいい日程を尋ねたものの、既読スルーされたというエピソードを披露。 
    板野は『昔は謙虚に返してくれてたのに変わっちゃった』と冗談交じりで話していましたが、本当に立場が逆転しているから笑えませんでした。小島は風邪をひいたと言い訳していたが、以前は謙虚に返していたということですから、板野をずいぶん下に見ているとしか思えませんね。 
    それを暴露した板野も何か溜まっていたものがあったのではないでしょうか」(週刊誌記者) 

    このやり取りを聞いたネット民からは 
    「こじるりも性格悪いね」「板野は鼻をへし折られ、小島は天狗状態か(笑)」 
    「もはやこじるりのバーターだから文句は言えまい」など、複雑な声が聞こえている。 

    とはいえ、現在の板野が“超売れっ子”の小島に対して先輩の威厳を取り戻すには、主演映画の大ヒットぐらいしか持ちカードがないことも事実。 
    この序列はしばらく続きそうな気配だ。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_48846/ 

    板野友美 
    20151211itano
    【板野友美、小島瑠璃子の天狗状態暴露も「立場逆転が痛々しくて笑えない」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@転載は禁止:2015/12/11(金) 08:16:03.92 ID:CAP_USER*
    お披露目と同時期にメンバーの“キスプリクラ”流出騒動が勃発した欅坂46が、さらなる受難に見舞われてしまった。 
    グループオーディションに合格するも、母親の反対にあって一度は辞退、紆余曲折を経てのメンバー加入が話題の長濱ねる(17)に“キス写真流出”が起きたのだ。現状、運営サイドは対応も決めかねているというが……。 

    芸能界入りを止めた母親と運営との美談もどこへやら… 

    問題となっている流出画像は、長濱の個人アカウントとみられるInstagram上にアップされたもの。 
    顔に目線がほどこされた男性と、長濱と見られる女性とのキスシーンが写されている。 
    グループ加入発表からわずか1週間での流出に、犯人は長濱の身内ではないかと見られている。 

    長濱は欅坂のグループオーディションを順調に突破していったが、最終審査当日に母親から地元・長崎へ連れ戻されてしまったというエピソードが明かされたばかり。 
    夢を打ち砕かれそうになった長濱を不憫に思った父親が運営サイドと相談し、あるスタッフが両親と長濱本人を、福岡で行われていた乃木坂46のコンサートに招致した。 
    その公演に感心した両親は、改めて娘を応援しようと決意したため、ついに長濱は欅坂の下位グループである「けやき坂46」(ひらがなけやき)への正式加入が決定したのだった。 

    しかし欅坂46といえば、つい先月にメンバーだった原田まゆ(17)を巡って、中学校時代の男性教師とのキスプリクラが流出する大騒動が発生したばかり。 
    なかには男性が原田の胸を鷲掴みにしている画像まで“発掘”され、「これは淫行ではないか」との指摘が相次ぎ、運営側は対応に追われていた。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1054723/ 
    デイリーニュースオンライン2015.12.11 08:00 

    nagahamaneru_01


    【揺れるAKB48グループ…欅坂46で再びキス写真が流出】の続きを読む

    このページのトップヘ