噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    1 :野良ハムスター ★@転載は禁止 ©2ch.net:2015/11/18(水) 13:48:44.73 ID:???*
    昨年、当サイトでも大きな話題となった大場久美子の「54歳セクシービキニ」グラビア。 
    「1億人の妹」が35年ぶりにグラビア挑戦し、見事な肢体を公開したことで、ネット上も騒然となった。 
    その話題騒然グラフを蔵出しアンコール。当時のグラビアの反響について、大場本人が振り返る。 

     * * * 

    1年前に披露した35年ぶりのビキニグラビアは、思っていた以上に反響がありました。 
    テレビでは10以上の番組でグラビアが取り上げられて、中でも人気だったのが、白いビキニを着て後ろ姿で写ったカットです。男性の多くにはあのポーズが大好評です(笑い)。 

    実はあのグラビアが掲載されてから、アイドル時代からのファンや女性が追っかけとして現われるようになったんですよ。コンサートや一般公開されていないイベントなどにも来ていただいて、「どうやって入ったの?」って聞いたら「主催者にお願いして入れてもらいました」って。 

    最初は「54歳になった私でいいの?」という気持ちもありましたが、思い切って挑戦してみるものですね。 
    また近いうちにみなさんにサプライズをお届けできると思いますので、楽しみにしていてくださいね! 

    ◆大場久美子(おおば・くみこ):1960年1月6日生まれ。埼玉県出身。身長153cm、B80・W57・H83。 
    1973年劇団に入り子役としてテレビ、CM、映画に出演。1975年『決定版!あなたをスターに』で 
    審査員特別賞を受賞。1975年に「1億人の妹」のキャッチコピーで歌手デビューし、1978年にドラマ 
    『コメットさん』で一躍人気者となる。最新の活動は公式ブログ『大場久美子の“エトセトラ”』で公開中。 

    撮影■YOKO MIYAZAKI 
    oba1

    【54歳でセクシービキニ挑戦した大場久美子「また近いうちにみなさんにサプライズをお届けできると思います」】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/11/18(水) 15:05:04.93 ID:???*
    女優の新垣結衣が出演している、最新CMがセクシーすぎると話題になっている。 

    今回新垣が出演しているのは、コーセーの新商品「エスプリーク ルージュグラッセ」の新CM。 
    冒頭から新垣のドキっとするような寝起き顔から始まり、ベッドでくつろいだり、高層マンションの窓に立って外を眺めたりと、リップを片手に楽しんでいる様子が映っている。 
    新垣の透明感溢れる可愛さはもちろんのこと、注目すべきは新垣のファッションだ。 

    なんと、大きめのワイシャツ1枚だけをざっくり着こなし、シャツの下からはスラリと伸びた生足が出ているという、何ともエロすぎる格好に。 
    大人っぽい新垣の新たな一面が垣間見れるCMとなっている。 

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1117/aol_151117_5336080593.html 

    新垣結衣 CMより 
    1d3a3ac5671b73831cff04953e9f2cdd970d542f_thum630

    新垣結衣 コーセー エスプリーク ルージュグラッセCM(公式) 
    【新垣結衣のワイシャツ1枚で生足全開のCMがセクシーすぎると話題に (動画あり)】の続きを読む

    1 :湛然 ★@転載は禁止:2015/11/18(水) 05:25:51.85 ID:???*
    2015.11.18 05:05 

    俳優、織田裕二(47)が、来秋公開の映画「ボクの妻と結婚してください。」(三宅喜重監督)に主演することが17日、分かった。 

    「踊る大捜査線 THE FINAL」以来4年ぶりの映画で「ようやく自分のやるべき作品と役柄に出会うことができた」と気合十分。 
    余命宣告された男が妻の再婚相手を探す物語で、妻役は吉田羊(年齢非公表)。 
    大スターと遅咲きのブレーク女優で夫婦の絆を体現する。 

    織田が満を持してスクリーンに帰ってくる! 

    “ボク妻”は、末期のすい臓がんで余命半年と宣告された敏腕放送作家が、残される妻と息子のため、妻の再婚相手探しに奔走する物語。 
    樋口卓治氏の人気同名小説が原作で、昨年にウッチャンナンチャンの内村光良(51)主演で舞台化、今年5月に同じく内村主演でNHK BSプレミアムがドラマ化した。 

    かねてから映画化を熱望していた製作サイドは、1991年のフジテレビ系「東京ラブストーリー」で織田が演じた完治役のナイーブな姿が主人公のイメージに合うと感じ、ヒーロー的な役が続いていた織田の新しい一面を観たいと考え、主演をオファーした。 

    国民的映画「踊る大捜査線」シリーズ後、青島刑事の強烈なイメージを払拭するため、次の作品を熟考していた織田は、「ボク-」の脚本に惚れ込んで快諾。 
    2010年に12歳年下の一般女性と結婚後、昨年10月末に長男が誕生したことで家族への考え方も変化し、最高のタイミングで同作に巡り会った。 

    徹底的な役作りで知られる織田は、20日のクランクインに向け、早くもキャラクターになりきって自ら演技のアイデアを提案。闘病する役に合わせ、体重も絞っている。 

    気合十分の織田を支える妻役には、昨年のフジ系「HERO」や放送中のTBS系「コウノドリ」(金曜後10・0)など近年映画やドラマに引っ張りだこの吉田が抜てきされた。 
    織田と初共演する美人女優は「精一杯『妻』の務めを果たしたい。 
    織田さんと築く温かい夫婦関係に、笑い泣きしていただけたら」と意気込む。 

    織田は「脚本を読んでクスッと笑えて、すぅーっと涙が流れました。 
    こんな役は演じた事がありません。今、僕はこの作品に出逢えてとても嬉しいです」 
    と新境地開拓となりそうな作品に役者魂を燃やす。 

    (紙面から) 


    ・4年ぶりの映画主演に気合十分の織田裕二。妻を愛する夫役で、「踊る大捜査線」の青島刑事のイメージを覆す 
    geo15111805050011-p1

    【織田裕二、『踊る』以来4年ぶり映画主演!「やるべき作品に出会えた」】の続きを読む

    このページのトップヘ