噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    1 : ジョーカーマン ★@無断転載は禁止2016/10/17(月) 09:25:03.38 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・AKB48の向井地美音(18)が、14日発売の『週刊ヤングマガジン』第46号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。 
    さまざまなビキニを身にまとい、“カワイさ”と“大人っぽさ”のギャップを見事に表現した。 

    6月発売の44thシングル「翼はいらない」でセンターに抜てきされ、第8回AKB48総選挙では自身過去最高となる13位にランクイン、11月16日発売の46thシングル「ハイテンション」でも選抜に入るなど、グループの次世代エースとして注目度急上昇中の向井地。 
    今回のグラビアでは「等身大の18歳」と「ちょっと背伸びした18歳」の魅力を発揮した。 

    ピンクや青のセクシーなビキニ、白いルームウェア風のキャミソールなど、爽やかなスタイルでは明るい笑顔やおどけない表情を見せながら、黒いビキニ姿になるとドキッとするような大人っぽい表情を浮かべる。 
    そんな彼女の豊かな表現力を存分に楽しめるグラビアとなっている。 

    また、同号の巻末グラビアにはモデルで歌手のやのあんな(24)が登場。 
    小花柄のビキニに身を包み、バスト86・ウエスト60・ヒップ86センチのダイナマイトボディーを解禁し、さらに、胸元が大きく開いたトップス&M字開脚で大人の色気もアピールしている。 

    巻頭カラー漫画は、原作:福澤徹三氏&漫画:薩美佑氏の『侠飯』。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000310-oric-ent 

    『週刊ヤングマガジン』第46号 向井地美音 
    Cu4cr89UEAEtWO2
     
    【【AKB48】「次世代エース」向井地美音、『ヤンマガ』グラビア登場 黒いビキニでドキッとする大人の表情も】の続きを読む

    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/10/17(月) 06:52:19.97 ID:CAP_USER9
    女優の石原さとみ(29)が、周囲に将来の夢について明かしているという。 
    石原は12月24日に30歳を迎える予定で、その夢に対するタイムリミットが迫っているようだ。 

    「石原は『看護師さんになるのが夢なんです。いまからでも遅くないんです』と周囲に強く主張しているそうです。 
    看護師資格を取るための参考書も購入し、楽屋や空いた時間に真剣に勉強しています」(芸能関係者) 

    実際、石原は10月3日に放送されたバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)の特番でも同様の発言をしている。 

    「『くりぃむしちゅ~』や『ネプチューン』らとのトークの際に、20代でやっておきたかったことについて聞かれ、 
    『ほとんどしました』と答えていました。そして、30代でやりたいことを聞かれると『いろんな勉強をしたいです。 
    看護師さんの勉強をしたい。なりたいんです』と言い切ったのです。 

    その理由について、『もし(芸能界を)干されたら…』と冗談めかしていましたが、目は真剣でした。 
    石原は、30歳になったら仕事の量を抑え、『看護師試験を受けるための勉強時間が欲しい』と周囲に訴えているそうです。 
    来年か再来年には看護師試験を受ける可能性があります」(同) 

    石原は、これまで滝沢秀明、小栗旬、生田斗真、山下智久など、そうそうたる面々と交際を噂されてきた。しかし、いずれも結婚には至っていない。 

    「石原は親しい友人に『次は結婚しよう』と宣言しています。しゃべくり007でも結婚について聞かれると、 
    『タイミングですかね。いつまでもずっといられるパートナーを見つけることの方が大事かな』と相手を真剣に探していることを示唆しています。 
    それだけに、看護師資格の取得に動きつつ、結婚相手を探し、婚約したら芸能界から引退して、家庭を支えながら看護師として働く、 
    というような第2の人生の青写真を描いているのでしょう。メディアに追いかけまわされ、芸能界で働いていくことに疲れているようです」(芸能ライター) 

    石原は10月から、連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)に主演中。 
    派手なファッションで個性的な出版社の校閲部員を演じ、5日の初回放送では視聴率が12.9%、12日の2回目放送は11.2%を記録している。 
    視聴率が二桁なのはヒットしている証拠だ。また、2017年公開予定の映画『忍びの国』では、主演女優を演じることも決定している。 

    「忍びの国の公開が終わったあたりで仕事に一区切りつけ、本格的に看護師になるための勉強を重視する可能性が高そうです」(スポーツ紙記者) 
    石原が勤める病院には、患者が殺到してしまうだろう。 

    2016.10.16 21:00 
    http://myjitsu.jp/archives/10638 

    写真
    ishiharasatomi
     
    【<石原さとみ>「看護師転身」で芸能界から引退予定】の続きを読む

    このページのトップヘ