噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    2015年11月

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/11/30(月) 17:56:59.77 ID:CAP_USER*
    明石家さんまが、テレビ視聴率が「20%とったらすごい」と言われる現状に寂しさを示した。 

    28日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」では、16日に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」で 
    SMAPの木村拓哉が、自身が出演するドラマの視聴率について「(プレッシャーが)無い、といえば嘘だけど、でもそこが相手じゃない」などと考えを語ったことが話題になった。 

    さんまは木村の言葉を受け、「まぁまぁ、もうテレビ自体が、視聴率にワーワー言うような時代でもなくなったのは確か」とコメント。 
    自身が「オレたちひょうきん族」などで活躍していた当時について「我々なんか30(%)をとろうとしていた時代の人間やから。今は13%だなんだって“やりました!”ってガッツポーズ取るような時代やから。もうなんか、ギャップがありすぎてね」と、現在との感覚の違いを語った。 

    「俺らも落差がありすぎて“どうなってんねん”って感じにはなってますね」と、昨今のテレビ視聴率の低迷に違和感を示したさんま。 
    「20%とったらすごい、って言われてて。今25なんかとったらとんでもない騒ぎになりますから。 
    『2桁だ』ってことでガッツポーズやからな。局によって色々違いますけど、2桁でガッツポーズ取る時代になったか、って寂しさやね、俺は」と語った。 

    ただ、さんまは視聴率について「我々が気にするもんではない」と、芸能人が視聴率を気にする必要はないとし、
    「それは放送局が気にしたらエエことで」と自身の考えを示した。 

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1130/rbb_151130_4758562541.html 

    明石家さんま 
    iapp_thum630
    【明石家さんま、テレビ視聴率の低迷に寂しさ 「2桁でガッツポーズの時代になったか」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@転載は禁止:2015/11/30(月) 19:12:28.46 ID:CAP_USER*
    紅白歌合戦に19歳の歌姫、大原櫻子の初出場が決まった。本人は記者会見で「まだ実感が湧いていないのですけれども」と初々しく語ったが、大原の選出には疑問の声も多く聞かれるようだ。テレビ誌のライターが解説する。 

    「若い女性からの支持は高い大原ですが、世間に浸透しているかは疑問です。 
    ネット上でも『初めて聞いた名前』『演歌の人?』など、存在自体を知らないという声が少なくありません。 
    そもそもソロデビューは昨年11月で、アーティストとしての実績はまだ1年ほど。 
    こんなに早く紅白に出場できるのは驚きですね」 

    そんな大原のソロデビューシングルは12位に留まり、7月に出たサードシングルも11位。 
    セカンドシングルの『瞳』は5位のスマッシュヒットを記録したが、これは全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌に採用されたおかげで、決してヒット作が多いとは言えない状況だ。 

    一方で、大原の選出は業界的には順当だったという声もある。 
    なぜなら彼女はフジサンケイグループの秘蔵っ子と言われており、フジが総力を挙げてプッシュしているというのだ。音楽ライターが教えてくれた。 

    「所属事務所はフジパシフィックミュージックで、芸能界デビュー作の映画や初出演の連ドラはいずれもフジテレビの作品。 
    ラジオのレギュラーも系列のニッポン放送です。映画『ちびまる子ちゃん』では声優と挿入歌を担当しますが、これもフジテレビの作品ですね。 
    これほどのバックアップがあれば、紅白出場を後押しすることも容易でしょう」 

    このように活躍の場を豊富に用意してもらっている大原だが、月9ドラマ「恋仲」では正直なところ、インパクトを残せたとは言えないだろう。 
    今回の紅白でも、大原の出番がトイレタイムにならないことを祈るばかりだ 

    http://dailynewsonline.jp/article/1049004/ 
    アサ芸プラス2015.11.30 17:59 

    50f45ce
     
    【大原櫻子の紅白出場に「実感が湧かないのはこっち」「トイレタイム」の大合唱】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2015/11/30(月) 09:08:16.84 ID:CAP_USER*.net
    乃木坂46の橋本奈々未が、SEXYショットを披露する。 

    30日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」1号より表紙・巻頭グラビアに5号連続で乃木坂46メンバーが登場。 
    橋本が、紅白出場も決まり勢いに乗る乃木坂46のグラビアトップバッターを飾る。 

    今回はファッションとグラビアの間を探しながら撮影したと言い、オシャレかつセクシーな仕上がりに。 
    カメラマン中村和孝氏とは初めてとは思えない息のあったセッションが行われ、仕上がった写真を見た橋本も「ここ半年で一番、ココイチ!」と出来栄えに太鼓判。 
    編集部も、あまりの出来あがりに急遽ページを10ページ増量する事態となった。 

    ◆紅白への思いを告白 

    また、初出場となる紅白への熱い思いもたっぷり語っており、出場決定前の橋本の心境に迫ることが出来る。 

    さらに、5号連続スピリッツ×乃木坂46キャンペーンも同号より開始。 
    メイキングを収めたムービーは、 12日6日までの期間限定で同誌公式サイトにて公開中。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1546093/ 

    橋本奈々未 「週刊ビッグコミックスピリッツ」1号より 
    w450c-e_1907554


    【橋本奈々未 「ここ半年で一番」本人太鼓判のSEXYショット披露】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/11/30(月) 09:27:09.61 ID:CAP_USER*
    俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第7話が29日に放送され、平均視聴率は17・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。 

    初回16・1%、第2話17・8%、第3話18・6%、第4話17・1%、第5話20・2%、第6話17・8%と好調に推移。 

    第6話から後半「ガウディ計画編」がスタート。 
    後半パートは直木賞作家・池井戸潤氏(52)が10月3日から朝日新聞で連載し、今月5日に単行本が発売された「下町ロケット2 ガウディ計画」を基に、物語はロケットエンジンから医療機器の開発に移る。 
    今度は佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)の元に、医療機器の開発依頼が舞い込む。 
    「ガウディ」と呼ばれる新型人工弁が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことが可能になる…というストーリー。 

    池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本・八津弘幸氏、 
    演出・福澤克雄氏が三たびタッグを組んだ。 

    第7話は、佃(阿部寛)の製作所は新型人工弁「ガウディ」の開発に挑戦することになった。 
    佃はこのプロジェクトの中心メンバーに開発部から立花(竹内涼真)加納(朝倉あき)鈴木(堀井新太)の3人を、 
    営業部から江原(和田聡宏)を選出。 
    しかし、立花をリーダーに据えて動きだしたチームは失敗が連続する。 
    立花と加納は次第に投げやりになるが、諦め切れない2人は佃とともにガウディ計画の原点を見つめ直そうと福井へ旅立つ。 
    一方、椎名(小泉孝太郎)から人工心臓だけでなく人工弁への参入を促された貴船(世良公則)は、一村(今田耕司)にガウディの共同開発を持ち掛ける…という展開だった。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000078-spnannex-ent 

    「下町ロケット」の主演を務める阿部寛 
    20151130-00000078-spnannex-000-5-view
    【「下町ロケット」第7話視聴率は17・9% 後半も好調キープ】の続きを読む

    1 : トペ スイシーダ(静岡県)@\(^o^)/:2015/11/29(日) 11:31:01.20 ID:/74aPKgW0●.net PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif 
    My Little Loverが28日、NHK総合で放送された「SONGS」に出演。 
    ボーカルのakkoが、元メンバーで音楽プロデューサーである元夫・小林武史との離婚や関係性について、 
    ふっきれた表情で語った。 

    マイラバは95年にデビュー。akkoは96年、23歳の時に小林と結婚し、2女をもうけたが、08年1月1日に離婚した。 
    akkoは昨年4月に一般男性と再婚している。 

    小林に見いだされ、デビューしたakko。小林との初対面時、「ミスチル知らないの?」と大爆笑されたことを明かし、小林もインタビューに答え、akkoについて「シンプルな明るさを持ってる子だな、と。少年性みたいなのを感じた。 
    低域から高域まで、にじんでるような声が面白いと思った」ことなどを明かした。 

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/29/0008605017.shtml 
    08605018
    【「My Little Lover」のakkoさん(42)、地方局のレポーターみたいな容貌になってた】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@転載は禁止:2015/11/27(金) 14:15:42.43 ID:CAP_USER*
    11月22日放送の『人生のパイセンTV』(フジテレビ系)にベッキー(31)が出演。若林正恭(37)に、春日俊彰(36)に惹かれている現在の心境を語った。 

    若林はまず、最近の春日が体を鍛えるようになって、漫才が変わってしまったことを嘆いた。 
    以前の春日は変な人キャラで、「春日のここ、空いてますよ」というフレーズに観客がひく、というのがお決まりだったのだが、今はお客さんがそのフレーズに 
    「ハァ……」とあこがれの目で見るようになってしまったというのだ。 
    若林は「それで中肉中背のとっちゃん坊やが、『誰も入りたくないと思いますよね』とか言ったら、なに言ってんのこの人って……」と語り、非常に漫才がやりにくくなっているという。 

    しかしそのように思っているのは一般のお客さんだけでなく、ベッキーも同じらしく 
    「もう春日さんドキドキする」「昔はあんまり思わなかったけど、やっぱカッコいい」と、あけすけなラブコールを春日に送っていた。 
    ベッキーはかつて、若林のファンであることを公言していたのだが、完全に乗り換えたようで 
    「筋肉モリモリイコール頑張ってる人みたいな。日々の頑張りが伝わる」と、いまや春日にメロメロのようだ。 
    この変わりぶりには若林も「世の中の流れがそうなんだ……」と、寂しそうな表情を浮かべていた。 
    「ベッキーは芸歴が長いわりには、これまで決定的な熱愛報道はないんですよね。 
    小さい噂はちょこちょこありましたが、どれもガセで、本当に男と付き合ったことがないんじゃないかと、もっぱらの噂です。 
    逆になにもなさすぎるために、性格に問題があるんじゃないかとか、最近は言われていますからね。 
    春日へのラブコールは、私だって普通の女なんですよアピールをしてみた、という感じじゃないでしょうか。 
    交際に発展は……まぁないでしょうね」(スポーツ紙記者) 
    一部では男性未経験説まで囁かれているベッキー。はたして本当の熱愛のお相手は、いつあらわれるのだろうか? 

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151127-18616591-taishu 
    2015/11/27 11:00日刊大衆 

    443c3afa8ee3d9fc5b2d8d742f23acc8
    【ベッキー「ドキドキする」オードリー春日に本気のラブアピール!?】の続きを読む

    このページのトップヘ