噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    大島優子

    1 :ジョーカーマン ★:2019/07/09(火) 06:45:36.50
    女優の大島優子が9日発売の「週刊FLASH」に登場。リニューアル号の表紙を飾った。 

    大島優子、4年ぶりのFLASH撮り下ろし 
    今秋から放送されるNHK朝ドラ「スカーレット」に出演する大島が4年ぶりに同誌で撮り下ろしに挑戦。 
    30歳となった大人の色香と、女性らしい愛嬌の入り混じった表情を見せる撮影となった。 

    また誌面では、朝ドラ撮影中の裏話や、女優観などを語ったロングインタビューも掲載されている。 

    比嘉愛未「自らをリセットする!」決意語る 
    このほか、「20代は、意志の強い女性を演じることが多かった」と語る女優・比嘉愛未が登場。 
    7月16日にスタートする新ドラマ『TWO WEEKS』では、母親役に挑戦する。 
    「柔らかさ」「優しさ」という新たな魅力を開拓する彼女が、作品への意気込みを誌面で語ってくれた。 

    また、鈴木奈々、西野未姫、須田亜香里の3人による初座談会も掲載される。 

    大島優子(おおしま・ゆうこ)プロフィール 
    30歳。1988年10月17日生まれ、栃木県出身。 
    AKB48の中心メンバーとして活躍し、2014年に卒業。 
    在籍時より女優としてドラマや映画、舞台などに多数出演。 
    今秋から放送されるNHK連続テレビ小説「スカーレット」ではヒロインの幼馴染み役を演じる。 
    また、2020年新春放送のフジテレビ開局60周年記念特別企画「教場」にも出演が決定した。 

    http://mdpr.jp/news/detail/1849876 

    「FLASH」7月9日発売号 大島優子 


    Qbmn59ZGxKfkIEJwe3WNDAccjVndW822karRvxyJNAg

    【【女優】元AKB48大島優子、4年ぶりFLASH撮り下ろし 30歳セクシーな大人の色香たっぷり】の続きを読む

    1 :47の素敵な:2019/04/04(木) 17:07:28.85
    戸田恵梨香:前髪パッツンで15歳に! 「イケるな」と自信 次期朝ドラ、滋賀でクランクイン 
    https://mantan-web.jp/article/20190404dog00m200012000c.html 


    001_size6

    【【閲覧注意】大島優子さん(30)、15歳の役に挑戦wwwwwwwwww】の続きを読む

    1 :ジョーカーマン ★:2018/11/22(木) 09:22:03.96 ID:CAP_USER9.net
    女優の大島優子が、アメリカ留学中に撮影されたプライベート写真をまとめたデジタルフォトブック『WORK』と『LIFE』を12月7日に2冊同時に発売することが22日、わかった。 

    優子の自然な表情&ドキリとする肌見せカットも 

    1年間におよぶ留学中の日常から、10日間のアメリカ横断ロードトリップなど、親友が撮りためたプライベートショットをたっぷり2冊に凝縮。 
    大島は「『WORK』は女優・大島優子として、『LIFE』は人間・大島優子としてそれぞれ感じたことを綴っています。ぜひ、チェックしてください」と呼びかけている。 

    先行カットとして、広大な自然のなかで明るい笑顔を見せるカットや、スマホを片手にソファに横たわったリラックスしたカット、ランジェリー姿の無防備なカットなど、親友だからこそ撮影することができた写真が公開された。 

    通常版に加えて、Kindle、楽天Koboではそれぞれ通常版では見られない特別カット付きの限定版が発売される。 
    また、電子書籍・電子コミックストア「Reader Store」での購入者のみが応募できるトークイベントを来年2月23日に開催することも決定。 
    大島が2冊の写真集のテーマから、この1年間で感じたことを語るほか、豪華おみやげが当たるクイズ大会などが行われる。 

    デジタルフォトブック『WORK』と『LIFE』はともに税別1800円。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000329-oric-ent 

    大島優子デジタルフォトブック『WORK』『LIFE』より 
    d1719-1949-357759-4

    【【女優】元AKB48大島優子、写真集2冊同時発売!アメリカ留学中の素顔公開 ドキリとする肌見せカットも】の続きを読む

    このページのトップヘ