噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    橋本環奈

    1 :ストラト ★:2018/11/28(水) 00:16:03.32 ID:CAP_USER9.net
    女優の橋本環奈(19)が、28日発売の『週刊少年マガジン』52号(講談社)の表紙に登場。 
    話題の映画やドラマに続々と出演する注目女優が、あどけなさの残る笑顔と少し大人に成長した表情を披露した。 

    “1000年に一人の逸材”と呼ばれる愛くるしいルックスで注目を集めた橋本は、近年は映画『銀魂』シリーズや放送中のドラマ『今日から俺は!!』の演技で女優としても評価は急上昇中。 
    バラエティー番組『ぐるナイ』の「ゴチになります!」では、飾らない表情でも新たなファンも獲得している。 

    今回のグラビアは、秋の木漏れ日の中でナチュラルな雰囲気で撮影。 
    屋内のスタジオではショートパンツから華麗な美脚をのぞかせ、パープルのレースがあしらわれたキャミソールをまとったカットではうっとりとした目線でカメラを見つめる。 
    小道を散歩するカットでは、必殺の“はしかんスマイル”はもちろん、物憂げな少女らしい一面も見せている。 

    同誌の公式インスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。 
    同号の巻頭カラー漫画は、2019年4月よりテレビアニメ化が決定した『ダイヤのA actII』(寺嶋裕二)。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000312-oric-ent 

    「週刊少年マガジン」52号 橋本環奈 
    003_size9

    【【女優】「最強美少女」橋本環奈、必殺の“はしかんスマイル”&ショーパンで華麗な美脚披露】の続きを読む

    1 :峠 ★:2018/10/17(水) 13:12:17.61 ID:CAP_USER.net
     女優の橋本環奈さんが10月17日、出演中の日本テレビ系連続ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜 後10:30)のリレーブログを更新。ドラマ撮影中の自身の居眠り写真を公開しました。 

     ドラマは、西森博之氏のヤンキーギャグ漫画を福田雄一監督が実写化し、俳優の賀来賢人さんと伊藤健太郎さんが”最強ツッパリコンビ”を結成。橋本さんは女番長・早川京子役、乃木坂46の若月佑美さんが京子を慕うスケバン・川崎明美役として出演します。 

     橋本さんは「撮影はとてもとても暑い中、毎日ロケではりきってやっております! 暑いと体力の消耗が早く、クーラーの効いてる涼しい場所で待機した瞬間、睡魔が襲ってきます」と撮影現場の状況を伝えると、若月さんが寝ている写真を投稿。 

     しかし、橋本さん自身もその後、寝てしまったそうで、若月さんに撮られた自身の居眠り写真も公開。 
    「全然気づかなかったー。流石(さすが)すぎます」と振り返りました。 

     さらに、同じく本作に出演中の清野菜名さんの寝顔も「女子チームの寝顔編という事で忘れてはならない、清野菜名様の寝顔も勝手にアップさせて頂きます」と公開しました。 

     ファンからは「美女3人の寝顔ー!! 最高すぎます!!」「寝顔がかわいすぎる~」「今日一日頑張れます!!」 
    「環奈ちゃん、激写ありがとうございます!!」などと絶賛のコメントが寄せられています。 

    橋本環奈さん 
    181017_kyoukaraoreha_01-e1539747696186

    【【エンタメ】橋本環奈の制服“居眠り”ショットにファン悶絶「寝顔がかわいすぎる!」】の続きを読む

    1 :風吹けば名無し:2018/10/01(月) 01:00:42.97 ID:qvqBxn7h0.net[1/8]
    地元で開催されるラグビーW杯に向けて「福岡は本当にいいとこだらけ。東京で一人暮らしをしていてもよく帰ってくる。W杯で外国の方が道を聞かれても 
    (福岡の人は)優しく案内してくれるので、安心していただけると思う。食べるものも何でもおいしい」と受け入れ態勢の充実をアピールした。 

     今後、橋本は「開催都市特別サポーター」として、福岡の魅力を発信しながら大会の周知と機運を高めていく。 

    東スポWEB 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000020-tospoweb-ent 
    20180930-00000020-tospoweb-000-2-view

    【【画像】橋本環奈さんのエチエチ始球式】の続きを読む

    このページのトップヘ