1 :湛然 ★@転載は禁止:2015/08/17(月) 05:24:19.35 ID:???*
女優、仲間由紀恵(35)が16日、東京都内で行われた主演舞台「放浪記」(10月14~11月10日、 
東京・シアタークリエ)の製作発表に出席した。女優の故森光子さん(2012年死去)の代表作を継承し、 
6年ぶりに復活上演。 

名場面のでんぐり返しについて、仲間は「期待を裏切らないように、盛り上がるシーンにしたい」。 
新たな名場面誕生に意欲を示した。 

「森さんの遺志を受け継ぎ、真摯な気持ちで作りたい。私なりの『放浪記』を表現したい」 

森さんが2017回演じた代表作の継承へ-。仲間はりりしい着物姿で決意をにじませた。 

同作は昭和初期の作家、林芙美子の一代記。 
森さん演じる芙美子が小説を評価されたことへの喜びを表す「でんぐり返し」が、名場面として知られた。 
仲間は昨年5月放送のフジテレビ系SPドラマ「森光子を生きた女」で森さん役を演じた際、 
でんぐり返しを披露したことがある。 

森さんは晩年、体力を考慮して2008年の公演からはでんぐり返しを封印し、バンザイする演出に変えていた。 
でんぐり返しを復活させるかについて、仲間は「他にもいいアイデアがないか、期待を裏切らないように 
盛り上がるシーンを作りたい」と明言を避けながら、「体を使い、たくさん動いて表現できたら」 
と意欲を示した。 

演出の北村文典氏(69)は「やるかどうかは決めていない」としつつ、 
「やるなら4回転半くらい」との“アイデア”を披露。森さんは当初の演出では3回転、 
その後1回転になった。4回転半が実現すれば“森さん超え”となるが、 
仲間は「ムチャぶりだなと思う」と苦笑した。 

森さんが09年5月に同作上演2000回を達成した際、客席から見守っていた仲間は 
「森さんの楽屋にうかがうと、いつも優しく迎え入れてくださった。励ましの言葉もいただきました」。 
森さんから受けたバトンの重みを感じながら、「たくさんの方が注目する作品で役者として 
成長できるか、大きくならなければという思いで一歩を踏み出したい」と表情を引き締めていた。 

・「放浪記」に主演する仲間由紀恵。ヒットを祈願し、振る舞い酒で乾杯!=東京・芝公園(撮影・中井誠) 
geo15081705040005-p1

【【舞台】仲間由紀恵、でんぐり返し4回転半!?伝説の舞台「放浪記」継承】の続きを読む