噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    映画

    1 : 湛然 ★@無断転載は禁止2016/06/24(金) 05:19:10.82 ID:CAP_USER9
    2016年6月24日 05:00 

    俳優の窪田正孝が、累計発行部数1800万部を突破する石田スイ氏の人気漫画を実写映画化する「東京喰種」に主演し、主人公の金木研(カネキ)役を務めることが明らかになった。 
    また、ヒロインの霧嶋薫香(トーカ)を清水富美加が演じることも発表された。 

    原作者の石田氏は、窪田と清水のキャスティングに太鼓判を押す。 
    窪田の存在は、作業中にふと目に入ったCMに衝撃を受けて以来、気になっていたそうで 
    「演技の素晴らしさはもちろん、『カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ』というキャラのイメージぴったりのお姿で」と絶賛。 
    さらに「窪田さんのすごさは、皆さんにもすでにバレつつあるとは思うのですが、自分の作品を踏み台にして、さらに『窪田正孝すごい』という事を知っていただけると、映画化はうまくいったと言ってもいいのではないかなと、個人的には思っております」と全幅の信頼を寄せている様子だ。 

    清水の起用は、石田氏の推薦があったといい 
    「正式にオファーさせて頂いた際に、トーカを演る上で、ひとつこちらから“無理”をお願いしまして、清水さんがそれを受けてくださったとお聞きしました。 
    そこに清水さんの強い意志を感じましたし、トーカに通じる部分を持っていらっしゃるように思いました」と述懐。 
    2人以外のキャストについても、「『まさかこの人が…』という方も中には紛れ込んでいて、 
    その方々に関しては、もう普通にファンとして見ちゃうなあと今から感じております」と期待を煽った。 

    ビッグタイトルの“座長”を務める窪田は、 
    「たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。 
    石田スイ先生のメッセージも読ませていただきました。有り難すぎるお言葉に気持ちが救われました。ただ実際は自分もビビッているのが本音です」と胸中を吐露。 
    それでも、「誠に微力でありますが金木研くんという大役に寄り添い、深く大事に演じさせていただきたく思います。いち原作ファンとして」と強い意欲をうかがわせた。 

    一方の清水は、「声をかけてくださった方々に後悔をさせたくない、という思いと、役を頂いた以上、物語の持つテーマを感じ取っていただけるように、いや、そのテーマが何かも今は分からないのですが、詰めて詰めて、撮影が終わったら死んでもいいくらいの気持ちで真摯に作品に臨んでいきたいと思っております」と決意を明かしている。 

    数多くのCMやショートフィルムを手がけてきた萩原健太郎監督がメガホンをとる今作は、 
    週刊ヤングジャンプ(集英社刊)で連載中の「東京喰種トーキョーグール」が原作。 
    人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、不慮の事故で重傷を負い、 
    運び込まれた病院で手術を受けたカネキは、事故発生時に一緒にいた少女・リゼの臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。 
    愛する人や友人とどう向き合うべきか葛藤するカネキは、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていく。 

    「東京喰種」は、2017年夏から全国で公開。 


    ・「東京喰種」に主演する窪田正孝と 
    ヒロイン役に息吹を注ぐ清水富美加 
    tokyoguru_large
    http://eiga.com/news/20160624/1/
     
    【窪田正孝「東京喰種」実写映画化に主演!ヒロイン・トーカ役は清水富美加】の続きを読む

    1 : ファルコンアロー(三重県)@\(^o^)/:2016/06/13(月) 20:34:35.73 ID:WoE4sic60.net
     
    ジャパニーズホラー界の歴史に残るであろう異色のコラボ対決が実現した映画「貞子vs伽椰子」が6/18(土)公開される。同作に登場する貞子は不気味な長い髪をたらし、テレビから這い出る恐ろしい姿がホラーアイコンとして定着。しかし最近、貞子の“タレント化”が止まらないと話題だ。始球式への登板、政見放送をもじったPR活動、公式ツイッター、フィギュア化。さらに、本日週刊ジョージアのグラビアでついに恋愛グラビアに挑戦している。 

    貞子が出演したのは、山田孝之が表紙を飾るスマホマガジン「週刊ジョージア」のグラビア企画「純愛フォトノベル 妄想カノジョ」のスピンオフ企画。毎号、一人の女性タレントが妄想の相手役を演じ、切ない純愛物語を高画質の写真で紡ぐグラビア企画だ。 

    今回は、そんな同企画のスペシャルスピンオフとして、ここ最近タレント化が進む貞子に出演オファー。初めての本格グラビア、しかも恋愛テーマという異色の企画が実現した。 

    http://news.walkerplus.com/article/79946/ 
    451008_615
     
    【貞子がグラビアに挑戦、テーマは恋愛】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@無断転載は禁止2016/05/24(火) 08:33:51.34 ID:CAP_USER9
    2016-05-24 05:00 

    Hey! Say! JUMPの山田涼介(22)が、人気漫画を実写映画化する『鋼の錬金術師』(2017年冬公開)に主演し、主人公のエドワード・エルリックを演じることが23日、わかった。 

    ヒロインで機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベルを本田翼(23)、原作でも人気の高い“焔(ほのお)の錬金術師”ロイ・マスタング大佐はディーン・フジオカ(35)が演じる。 
    荒川弘氏による原作、通称“ハガレン”は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。01年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載がスタートし、テレビアニメやアニメ劇場版を機に爆発的な人気を獲得。全世界でシリーズ累計発行部数7000万部超という記録を打ち立てた。 

    エドワードとアルフォンスの兄弟は、母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌“人体錬成”を行い、失敗。 
    その代償としてエドワードは体の一部を失い、右手と左足が機械鎧に。 
    アルフォンスは体全てを失い、魂を大きな鎧に定着させた体になってしまう。 
    やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かり、失ったすべてを取り戻すため、 
    兄弟は絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅を繰り広げる。 

    監督を務めるのは『ピンポン』(2002)の曽利文彦氏。自ら企画を立ち上げるほどストーリーに強く引かれ、 
    「“生きていくことの真実”を描いた、このすばらしいストーリーを幅広い世代にご覧いただけるよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいきたい」と熱意を込める。 

    ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた経験もある曽利監督は、原作ファンが気になるであろうアルフォンスの表現方法について「満足していただけるものをお見せできると思う。自信があるから映画化に踏み切ったと言えるくらい」と話している。 

    大役を務める山田は「原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像がふくらみ、 
    自分がこのプレッシャーに勝てるのか?という気持ちもありました」と重圧を吐露。 
    アクションシーンも見どころの一つになるが「できる限りスタントは入れず、自分を追い込んでやってみたいと思っています。 
    CGなどの技術の発達がある今この時代だからこそ、実現できる。 
    原作ファンの方にはもちろん、原作を知らない方にも、この作品のすごさをスタッフ・キャスト一同で作り上げていけたらと、身体を鍛え役への理解を深めることで、今は決意が固まりました」と覚悟をにじませた。 

    原作の大ファンを公言する本田は「プレッシャーがすごいです。 
    原作ファン、そして私たちの世代にこそ観てほしいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています」と意気込み。 
    ディーンは増量して役作りに励むといい、「学生時代にはボクシング、俳優のキャリアを始めてからは中華武術やテコンドーを含め日常的に練習し、過去の仕事でもアクションを撮影してきたので、その経験が今回の新しいチャレンジに生かせるよう頑張ります」とコメントを寄せた。 

    そのほか、マスタング大佐の親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太、マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、ロス少尉役に夏菜、重要な役割を担う国家錬金術師のタッカ―役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼、そしてハクロ将軍役で小日向文世が出演。 

    エドとアルの冒険に立ちはだかる敵役も豪華キャストが集結し、ホムンクルス(人造人間)である 
    謀略に長けた“色欲”のラスト役に松雪泰子、“嫉妬”のエンヴィー役に本郷奏多、“暴食”のグラトニー役に内山信二、ホムンクルスと共謀するコーネロ教主を石丸謙二郎が演じる。 

    (>>2以降につづく) 


    ・山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化。本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子らが共演する 
    2072150_201605240380136001464033620c
     
    http://www.oricon.co.jp/news/2072150/full/ 
     
    【山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化 本田翼、ディーン・フジオカらが共演】の続きを読む

    1 : ゴアマガラ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/04/27(水) 17:21:33.64 ID:CAP_USER9
    映画『DEATH NOTE デスノート』の続編『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)の映像が初公開された。 

    今回公開された特報は、前作のキラこと夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の映像から始まり、今作の主人公でデスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵の竜崎(池松壮亮)、二人を翻弄するサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)、三者三様の表情が映し出される。そして、前作に引き続き戸田恵梨香が演じる“ミサミサ”こと弥海砂の姿も。 

     さらに、大都会を見下ろすビルの屋上でフードを深く被った“史上最悪のデスノート所有者”青井さくら(元AKB48・川栄李奈)が「キラより面白いもの、見せてあげる」と不敵な笑みを浮かべ、人々を恐怖に陥れる衝撃的なシーンが。 
    逃げ惑う群衆の中、まがまがしいひょっとこを被った竜崎が何かに向かって銃を構え、最後は「人間って、やっぱおもしろ!」と前作にも登場した死神・リューク(声・中村獅童)が姿を現す。 

     前作で描かれた月とLの対決から10年、新たに6冊のデスノートが地上にばらまかれ、大混乱に陥った世界を舞台にした本作では、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる頭脳戦がオリジナルストーリーとして繰り広げられる。(編集部・中山雄一朗) 

    映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開 

    http://www.cinematoday.jp/page/N0082363 



    【『デスノート』続編の映像初公開!戸田恵梨香“ミサミサ”の姿も】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@転載は禁止2016/03/16(水) 07:14:56.39 ID:CAP_USER*
    製作開始45周年を記念して日活ロマンポルノが復活するとして、ファンの間から歓喜の声が上がっている。 
    復活するのは「ロマンポルノリブートプロジェクト」の一環で、園子温、中田秀夫、行定勲ら5人の監督に新作を撮ってもらうというもの。 
    監督名は発表されたが出演女優がまだ分からないため、ネットではさまざまな名前が取り沙汰されている。 

    「ビッグネームを脱がせてくれ」「加護亜依や酒井法子のための舞台だな」「ダメ元で能年ちゃんにもオファーがありそう」「安達祐実とかありそう」といった具合。 
    実際はどのあたりが可能性があるのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 

    「堕ちたりとはいえ、のりピーは中国や台湾ではいまだに大人気ですからね、このタイミングでわざわざ脱ぐことはないと思いますよ。 
    安達祐実はすでに『花宵道中』で脱いじゃってますから、あまり新鮮味がありませんね。 
    加護ちゃんは可能性はありますが、案外カネには困ってないので、どうなりますかね」 

    どれもこれも可能性は低そう。それでは肥留間氏が「見たい」と思う女優はどのあたりか。 

    「ロマンポルノといえば白川和子や宮下順子もいましたが、やっぱりインパクトがあったのは黛ジュンや畑中葉子、天地真理といった“再起組”ですよね。 
    かつて一世を風靡したのに人気が低迷したため、裸一貫で出直したタイプ。 
    そういう意味でいえば、能年ちゃんには頑張ってほしいですね。 
    洗脳騒動でテレビから干されているとはいえ、映画界からオミットされているわけではありませんから、彼女にとってもいい機会になると思います。 
    世代的に見ればモーニング娘。の初期メンバーあたりが可能性濃厚ですね。離婚騒動の矢口真里や、市井紗耶香、石川梨華クラスが出れば話題性はバッチリでしょう」 

    ファンならずとも楽しみな話ではある。実現すればだけど。 

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/177298 
    2016年3月16日 

    ff50a130992d0cb49569bc935a4c11d320160315134859395
    酒井法子、能年玲奈、矢口真里(C)日刊ゲンダイ
    【能年玲奈の名も 日活ロマンポルノ“復活”で脱ぐ女優は誰だ】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@転載は禁止2016/03/11(金) 05:13:54.04 ID:CAP_USER*
    2016年03月10日 20:15 

    3月19日に「上の句」が公開される映画『ちはやふる』より、4月29日公開の「下の句」の前売特典が発表。 

    広瀬すず、野村周平をはじめとしたキャストのお宝オフショット満載の“チームちはやふる思い出クリアファイル”内容の一部が公開となった。 

    本作は、末次由紀による累計発行部数1600万部を超える大人気同名コミックの実写化作品。 
    広瀬、野村ほか、真剣佑、松岡茉優、上白石萌音ら若手俳優陣が出演し、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の青春を描く。 
    『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など青春映画に定評のある、小泉徳宏監督がメガホンをとる。 

    今回発表された前売特典のクリアファイルには、 
    「瑞沢高校かるた部」通称「チームちはやふる」のメンバーが撮影したオフショットを掲載し、出演者のお茶目な一面や素の表情を見ることができる。 

    3月19日から発売される『ちはやふる ‐下の句‐』劇場前売券1枚購入につき、1枚をプレゼント。 
    全国合計2万名限定となっている。 


    1159141_650


    【広瀬すず、野村周平のオフショットも!『ちはやふる ‐下の句‐』限定前売特典に注目】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@転載は禁止2016/03/09(水) 05:04:43.93 ID:CAP_USER*
    2016.3.9 04:05 

    女優、戸田恵梨香(27)が、大ヒット映画の続編「デスノート2016」(佐藤信介監督、10月29日公開)に、 
    10年前に演じた前作のヒロイン・弥海砂(あまね・みさ)役で出演することが8日、分かった。 

    前作で銀幕デビューした戸田は「原点に返るような気持ち」と思い入れたっぷりに熱演。 
    20代を代表する女優に成長した戸田が「デスノート」に恩返しをする。 

    映画「デスノート2016」は、06年に公開され、2部作で興行収入80億円超を記録した「デスノート」の続編。 

    前作は名前を書いた人間を死なせることができる“デスノート”を持つ夜神月(ライト)こと 
    キラ(藤原竜也、33)と世界的私立探偵、L(松山ケンイチ、31)の攻防を描き、話題になった。 
    その中で、愛するライトのためにデスノートを使い“第二のキラ”となるヒロインが、戸田が演じたミサミサの愛称を持つトップアイドルの海砂だ。 

    戸田にとっては映画デビュー作で、無邪気な性格にして過激な行動力を併せ持つ難役を好演し、原作漫画&映画ファンの支持を集めてブレークのきっかけになった。 

    その海砂が10年の時を経て復活。前作の10年後を描く新作では、デスノートを使用しながら唯一生き残った人物として、デスノートをめぐる新たな戦いのカギを握る。 

    戸田は10年前に“完結”したキャラを再び演じることにプレッシャーを感じたといい、役者を始めた当時の演技を振り返り、「(昔に)戻るべきなのか、進むべきなのか… 
    今の自分だったら海砂をどう演じられるのだろうか?」と悩み抜いた。 

    試行錯誤の中で、現在の海砂の感情を監督と確認し合い、髪形や衣装にもこだわって役作り。 
    「今回の参加は恐怖の方が強かった。スクリーンデビューさせていただいた作品なので思い入れは強くて…」と熱く語る。 

    同作の佐藤貴博プロデューサーは、戸田について 
    「脚本段階からアイデアも出し、大人の女優として成長した海砂の美しさを表現してくれた。 
    その上で、しぐさや話し方のちょっとしたクセなどに、絶妙に『弥海砂らしさ』を織り交ぜてくれた演技力は絶品です」と太鼓判を押す。 

    人気キャラの“復活”は、ファンの間で大きな話題になりそうだ。 

    ★主演に東出、川栄は“無差別殺人犯” 

    「デスノート2016」は、前作の10年後を描くオリジナルストーリーで、東出昌大(28)が主演。警視庁内のデスノート対策本部特別チームのリーダーを演じる東出、Lの正統な後継者役の池松壮亮(25)、キラを崇拝するサイバーテロリスト役の菅田将暉(23)による天才3人の息詰まる頭脳戦を描く。 

    元AKB48の川栄李奈(21)が、無差別殺人を行う“史上最悪のデスノート所有者”役で出演することも話題だ。 


    ・映画デビューした前作と同じ海砂役で「デスノート2016」に出演する戸田恵梨香。成長を見せる!(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
    geo16030904050015-p1
    【戸田恵梨香、10年ぶりデスノート!ミサミサ再び「原点に帰るよう」】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/03/04(金) 05:13:34.86 ID:CAP_USER*.net
    2016年03月04日 05:00 

    女優の西内まりやが、永井豪による漫画を原作とした映画『CUTIE HONEY ‐TEARS‐ 
    (キューティーハニー・ティアーズ)』(今秋公開予定)にて映画初主演を飾ることがわかった。 

    人間の感情を持つアンドロイド・キューティーハニーに扮し、初めてのアクションに挑戦。 
    永井も「ハニーちゃんがどんな活躍をするのか、楽しみだ!」と期待を寄せている。 

    「ハニーフラッシュ」のコールで広く知られる『キューティーハニー』は、女性型アンドロイドである如月ハニーと、彼女の体内に内蔵された「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織「パンサークロー」との戦いを描いたアクション作品。 
    コミックは1973年に連載開始、テレビアニメ版はテレビ朝日系列で全25話が放送され人気を博した。 

    “新しいキューティーハニー”を打ち出す本作の舞台は近未来。 
    世界各地で異常気象や未知のウィルスが蔓延し、人口が激減する中、ある博士の希望から生まれた人間の感情を持つアンドロイド、それが今回のキューティーハニーだ。 

    初主演映画となる西内は、初めてのアクションシーンにも挑戦。 
    運動神経抜群と評価される彼女は、そのポテンシャルをフルに活かした素晴らしいアクションを披露しているという。 

    西内は「今回キューティーハニーという作品に携われた事、そして映画初主演させて頂いた事、本当に嬉しく思います」と喜びを語ると「皆様が愛するハニー像を、今回の映画ではいい意味で裏切りたい」と意気込み、アクションシーンは「回し蹴りやワイヤーを使ったアクション。 
    アザを作りながらも、撮影に挑み、迫力のある映像になっていると思います! 」と体当たりで挑んだようだ。 


    西内まりや、キューティーハニー役で映画初主演! 
    1158425_650
    http://www.crank-in.net/movie/news/41801
    【西内まりや、『キューティーハニー』で映画初主演! 原作・永井豪も「楽しみ!」と期待】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/02/29(月) 06:11:49.88 ID:CAP_USER*.net
    2016年2月29日 06:00 

    女優の綾瀬はるか(30)が28日、「第25回東京スポーツ映画大賞」主演女優賞に輝き、授賞式に出席した。 

    映画「海街diary」での熱演が評価されての受賞。審査委員長のビートたけし(69)からトロフィーを受け取ると 「ありがとうございます。コマネチ!コマネチ!」とお茶目に喜び、会場を沸かせた。 

    同じく「海街diary」で長澤まさみ(28)が助演女優賞、広瀬すず(17)が新人賞に輝いた。 
    すると、フォトセッション時たけしと4人でコマネチを披露する一幕も。 

    また監督賞は「龍三と七人の子分たち」で自身が受賞していたが、急きょ「海街diary」の是枝裕和監督(53)に授与することに変更。 
    是枝監督を含め5人で“歓喜のコマネチ”を披露していた。 


    ・「東京スポーツ映画大賞」授賞式でコマネチポーズを披露する(左から)長澤まさみ、ビートたけし、綾瀬はるか、広瀬すず 
    G20160229012124440_view
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/29/kiji/K20160229012124370.html
    【綾瀬、長澤、すずが“歓喜のコマネチ”披露!会場沸かせた】の続きを読む

    1 : ゴアマガラ ★@転載は禁止 ©2ch.net2016/02/24(水) 17:27:14.38 ID:CAP_USER*
    山本美月を主演に迎え、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子、Jホラー2大ヒロインの対決を描く映画『貞子vs伽椰子』から、二人のバトルシーンがお披露目された。 

     テレビの画面から飛び出し恐怖を振りまいてきた貞子と、人々を次々と襲う怨霊・伽椰子が共演する本作。 
    山本は、貞子の「呪いのビデオ」を偶然手にしてしまった主人公・有里を演じ、モデルの玉城ティナが、入ったら呪われて死ぬとうわさされる「呪われた家」の向かいに引っ越してきた女子高生・鈴花にふんする。 
    また追加キャストとして、有里の親友・夏美役を佐津川愛美、鈴花の母親役を田中美里が務め、「呪いのビデオ」を研究する大学教授・森繁新一を甲本雅裕、霊媒師の経蔵を安藤政信が演じていることが明らかになった。 
     公開された特報の冒頭では、貞子の「呪いのビデオ」を恐る恐る手に取る有里と夏美の姿が切り取られている。 
    抜け落ちた長い髪や、つたの絡む不気味な家、真夜中の井戸、有里が絶叫する姿が映し出されると、迫り来る貞子の姿や、伽椰子が奇声を発しながら呪いのビデオテープを握り壊すという衝撃的なシーンが次々とたたみかけ、最後には『呪怨』シリーズに登場する俊雄の顔がアップで捉えられる……。「呪いのビデオ」と「呪われた家」、二つの呪いが激突した先に何が待ち受けるのだろうか?(編集部・高橋典子) 
    映画『貞子vs伽椰子』は6月18日より全国公開 

    http://www.cinematoday.jp/page/N0080598 

    【『貞子vs伽椰子』映像公開!山本美月が最恐キャラのバトルに絶叫】の続きを読む

    このページのトップヘ