噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    芦田愛菜

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/04/28(木) 09:57:03.95 ID:CAP_USER9
    ドラマの成績が常にニュースとなる昨今。「朝ドラ」のように高視聴率は必然的に話題になるが、逆に低視聴率も際立つと好奇な目が向けられる。 
    主演から内容まで批判が喧伝され、低視聴率が加速する悪循環に陥る。ドラマは当たれば主役の評価は上がり、次につながる。 
    半面、外れれば全責任を負うようなリスクを伴う。 

    4月の改編期。芦田愛菜(11)主演ドラマ「OUR HOUSE」が初回から1桁の視聴率と大苦戦している。芦田は3歳で芸能界入り。 
    6歳の時に一躍、注目されたのが5年前のドラマ「マルモのおきて」だった。今回と同じフジテレビの日曜9時台というのも皮肉であるが、主題歌もヒット。 
    その年の「紅白」にも共演の鈴木福君と出演。 
    「天才子役」と評された愛菜ちゃん人気は最高潮に達し、「子役ブーム」の立役者となった。 

    役者でも歌手でもピークに到達すると、その後のプレッシャーも大きくなるもの。 
    特に子役は役のイメージが定着することで、次なる役の期待感が高まり、うまくいかないことは少なくない。 
    芦田も一時、低迷したが、「もう一度ヒットを」と周囲からの期待も膨らむ。 

    黒沢明監督は子役を起用する際、「演技力は二の次。役に適した子供らしい子」を選んだというが、芦田は子供らしさに群を抜く演技力も兼ね備えていた。 
    それが今では「演技が大人顔負けに上手すぎて子供らしくない」という声も出るほど。 

    「子役」は原則、小学生までとされる。来年、中学生。そして高校進学もするだろう。中高の6年間は子役でも大人の役でもない。 
    役者の世界ではもっとも中途半端な年齢。学園物ドラマ以外、役柄の幅が狭まり、選択が限られてくる。 

    大橋のぞみは中学生になる4年前に引退した。「子役になったのは親の意思が大半。 
    成長するに従い、今度は自分の意思で将来を考えるようになる」という一面もあったと伝えられる。 

    「子役は大成しない」と言われるが、子役は空白期間ができるために「大成しにくい」と思う。 
    特に子役で人気を博すると、役のイメージが根強く残り、なおさら難しくなる。 
    役者継続か学業優先か、芦田の決断の時期が迫る。 

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/180355 
    2016年4月28日 

    e2f3c170114e3328e119b2fd30c887d920160427135818186


    【来年には中学生 芦田愛菜に迫る「役者か学業か」決断の時】の続きを読む

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2016/04/11(月) 21:58:14.83 ID:kSp0j6d90?
    芦田愛菜、好みの男性のタイプ変わる 

    フジテレビ系連続ドラマ「OUR HOUSE」の制作発表会見が4月10日同局スタジオで行われ、主演の芦田愛菜、シャーロット・ケイト・フォックス、共演の山本耕史、加藤清史郎、寺田心、松田芹香が出席。 
    芦田さんは、劇中でサックスを吹く山本さんやピアノを弾く加藤さんの姿に触れて「これまではスポーツ男子がカッコいいと思ったけれど、音楽男子もカッコいいと思った」と惚れ惚れしていた。 
    同作は、復活した同系日曜夜9時ドラマ枠でスタートするハートフルホームコメディー。 
    母親亡き後の大家族をまとめる中学生で毒舌家の長女・桜子(芦田さん)が、自由奔放な父親(山本さん)が交際ゼロ日で再婚したアメリカ人女性のアリス・シェパード(シャーロットさん)を家から追い出そうと奮闘する姿を描く。 
    現在小学6年生の芦田さんは、役衣装のセーラー服に「私の憧れで夢のようで凄く嬉しかった」と満面の笑み。 
    シャーロットさんとは役柄上、言い争う場面も多いが「初めてお会いしたときに『愛菜~!』って抱きしめてくれた。 
    私は緊張していたので、凄くフレンドリーで優しい方だなと思った」とオフでは信頼しきりで、これにはシャーロットさんも 
    「凄く楽しくて、これからもどんどん仲良くなっていきたい」と優しく見つめていた。 

    http://www.rbbtoday.com/article/2016/04/11/141360.html 

    516650

    【芦田愛菜(11)が可愛くなってる】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@無断転載は禁止2016/03/24(木) 18:14:41.83 ID:CAP_USER*
    4月スタートのドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)に中学1年生の役で出演する芦田愛菜が、1年早いセーラー服姿を披露した。 
    4月から小6の芦田は「うれしすぎて、ニヤニヤが止まらなかった」と語っているが、彼女の制服姿にニヤニヤしていたファンは国内に留まらなかったようだ。 
    芸能ライターが説明する。 

    「アジアを中心に芦田のセーラー服姿はさっそく話題になっていますよ。多くの感想は『可愛い!』というものですが、中には『彼女がもう11歳だなんて信じられない』とか『マナは私の中ではまだ7歳だ』という声もあり、その成長に驚く声も少なくないようですね。一方で2013年の映画『パシフィック・リム』で彼女を知った人も多く、そちらはまだ違和感が少ないようです」 

    7歳というのは、2011年のドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)での活躍を指しているようだ。 
    当時小2だった芦田は、同ドラマで全国的な知名度を獲得。 
    この時期は日本の芸能情報がネットを通じて海外にも伝わるようにもなり始めたころで、芦田は海外での知名度も一気に手にしたのである。 
    前出の芸能ライターが続ける。 

    「芦田が出演する今回のドラマも話題になっており、中には義母役を務めるシャーロット・ケイト・フォックスのツイッターアカウント宛てに、『私がマナの熱烈なファンだということを伝えてくれ』というリプライを飛ばす者も。 
    どうやらアジアでは芦田のほうが格上ということになっているのかもしれません」 

    日本では、完全に大人の女になったと残念がるファンもいるようだが、アジア圏では熱烈歓迎の芦田。 
    どうせなら次は、アジア向けのドラマに出演してみてはいかがだろうか。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_55032/ 

    芦田愛菜 
    004_size8

    【芦田愛菜が初公開したセーラー服姿にアジア各国のファンも激萌え!】の続きを読む

    このページのトップヘ