噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    テレビ

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 13:07:15.90 ID:CAP_USER9.net
    5日放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の全落シリーズに出演したタレントの小池徹平が、全落の罠に引っ掛かりマジ怒りした。 

    番組では、特番「全落芦ノ湖クラッシック」が放送され、小池は3番手で登場し、「着いてスグ落ち&バック椅子落ち」に挑戦。 
    仕掛け人側としてゲスト出演した女優の長澤まさみとは堀越高校の先輩と後輩の間柄で、長澤曰く、「小池はとにかく優しくて絶対に怒らない」という。そんな小池がどのようなリアクションをとるのか、注目された。 

    そして、満を持して小池が登場し、一発目に「着いてスグ落ち」でナイスイン。 
    小池は「え~、何これ!? ちょっと待って、俺じゃないこういうのは」とコメント。バラエティ仕事は元相方のウエンツ瑛士だと主張した。 

    一発目の罠に引っ掛かっても決して怒らなかった小池。しかし、2発目の椅子落ちでは、「もう~!!」と声を荒げ、 
    「これは怒るでしょ!!」とマジ怒り。2発目では、小池が1月5日の誕生日ということもあり、ケーキを持たされてナイスイン。顔に苦手な生クリームがかかるという見事な落ちを披露した。 

    怒り気味の小池に対して、とんねるずの木梨憲武が「怒った芝居でしょ!?」と確認したが、「いや、ヤダなぁ、本当にヤダなぁ」と本音を吐露し、 
    「これ俺じゃないっすって~」と改めてヨゴレ仕事はウエンツ瑛士だと強調した。 

    お笑い 2017年01月06日 11時16分 
    http://npn.co.jp/article/detail/31294963/ 

    写真
    31294963
     
    【<小池徹平>フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の全落シリーズでマジ怒り!「本当にヤダ」】の続きを読む

    1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 10:00:22.43 ID:CAP_USER9.net
     俳優の堺雅人さんが主演のNHK大河ドラマ「真田丸」が18日に最終回を迎える。約1年2カ月にもおよぶ撮影を終え、真田幸村役の堺さんは「長い旅行から帰ってきた心境に近い」としみじみ語る。一方で、“長い旅”を終えたもののの「九度山編、上杉の人質生活のスピンオフでも何でもやりますよ。いつでもやりたい! 明日にでもやりたいくらいですよ」と意欲を燃やす。堺さんに「真田丸」の撮影について聞いた。 

     ◇自分のペースで無理をしないように 

     「真田丸」は、戦国時代に信州の小さな領主の下に生まれた真田幸村が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけたことも話題になっている。 

     堺さんは約1年2カ月にもおよぶ撮影を終えた心境を「長い旅行から帰ってきた心境に近い。旅が終わるのは寂しいけど、家に帰ってきた喜び、家族の顔を見た時の安堵(あんど)がありました。得難い経験をさせていただきました」と明かす。 

     大河ドラマの撮影は過酷とも言われている。主演を務める中で、モチベーションを維持するのは並大抵なことではないことは容易に想像できる。しかし、堺さんは「なるようになるし、自分のペースで無理をしないようにしていました。やせよう、太ろうとしたらすぐにダメになる。ご飯をしっかり食べましたね、楽しかったです」とあっけらかんと話す。 

     堺さんは大河ドラマでは「新選組!」(2004年放送)、「篤姫」(08年放送)にも出演経験がある。「真田丸」について「これまで3回旅に出て、前回、前々回は途中で船を下りた。今回は最後まででした。長い旅でしか見させていただけない何かがあったけど、変わらないといえば変わらない。幸村は『俺を見ろ!』という人じゃない。最後まで自分のペースがつかめなかった。そこが楽しかった」と振り返る。 

     さらに、堺さんは「なるべく三谷さんの脚本の通りにやりたかった」とも話す。「一字一句、脚本通りにやるのがいいと思っていたんですが、現場はそうじゃない方がいい場合もある。三谷さんからは『10%くらい現場の空気でやってみれば?』と言われたのですが、難しいんですよね」と苦労を明かす。 

     ◇最後は平凡な人が非凡なことをした 

     ドラマで幸村は、父・昌幸(草刈正雄さん)、秀吉(小日向文世さん)などに従う場面が多く、主役ではあるが“受け身”の人物として描かれることが多かった。しかし、クライマックスの大坂の陣では自らが行動する主役らしい主役となった。堺さんは「後半は物語を引っ張っていこうと思った。幸村は自分で決めたことがなかったが、父、三成(山本耕史さん)、茶々(竹内結子さん)、秀吉らいろいろな人の声に動かされた。平凡な人が非凡なことをした」と話す。 

     「真田丸」は、幸村の義兄・小山田茂誠(高木渉さん)や真田家をライバル視する室賀正武(西村雅彦さん)など個性的な脇役の存在も話題になった。堺さんは「今回は幸村以外の人物が盛り上がったのがよかった。大坂の陣でも長宗我部盛親(阿南健治さん)が盛り上がったし、うれしいですね。周りに、こんなに面白い人がいっぱいいる。周りをフィーチャーする力が幸村の魅力なのかもしれません」と喜ぶ。 

     ◇昌幸、家康、秀吉もやってみたい… 

     堺さんは“座長”としての仕事を全うし「座長は難しですね。『俺について来い!』というタイプではないですし、みんなが好きにやって、まとまっていればと思っていた。超リベラルなんですよ。現場はベテランも若手もすばらしい人ばかりで、スタジオに行くのが毎日楽しかった。座長というよりも、球(たま)をずっと受け続ける人。『俺の球を受けてみろ!』ではなかった」と振り返る。 

     長旅を終えたこともあり「休みたいのでは?」と聞いてみると、「いつでもやりたい! 明日にでもやりたいくらいですよ」と即答。「九度山編、上杉の人質生活のスピンオフでも何でもやりますよ」と意欲を燃やす。 

     幸村の父・昌幸を演じた草刈さんは、ドラマ「真田太平記」で幸村を演じたこともあったことから、「今後、昌幸を演じてみたい?」と質問したところ「ないない! 草刈さんは超えられないでしょう」といいながらも、「30年後だとどうだろう? そんなことを言いながらもやってみたいですね、秀吉も家康もやってみたいです」とも語る。 

     最終回の展開が注目されるが、堺さんの今後の活動も注目される。「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。 


    2016年12月17日 
    http://mantan-web.jp/2016/12/17/20161216dog00m200013000c.html 
    001_size8

    【堺雅人:1年2カ月の「真田丸」の旅を振り返る 「九度山編」?スピンオフに意欲】の続きを読む

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 11:57:56.06 ID:CAP_USER9.net
    来年元日に放送されるテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」に、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が参戦、連勝街道を突き進むミュージシャン・GACKTとタッグを組むこととなり、堀江氏は18日、ツイッターで「これマジでプレッシャーでしたよ」とつぶやいた。 

    正月恒例となった「格付けチェック」初参戦となったホリエモンは「これマジでプレッシャーでしたよ。よく内容を知らず、軽い気持ちでOKしちゃってたので。。。」とツイート。 

    しかもパートナーは個人として42連勝中のミスター格付けことGACKT。今年はパートナーが間違えたため、チームとしては初めて一流芸能人から普通芸能人に格下げとなったが、個人としては連勝を続けている。 
    絶対に間違えられないという強烈なプレッシャーがホリエモンに襲いかかったようだ。 

    「芸能人格付けチェック」とは、ワインや音楽、食べ物など、さまざまなものの超一流と三流を出演者たちが見分ける番組。 
    間違えると一流芸能人から普通芸能人など、出演者たちの格付けが下がっていく。 

    デイリースポーツ 12/19(月) 11:41配信 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000047-dal-ent 

    写真 

    20161219-00000047-dal-000-view
     
    【<堀江貴文氏>格付けチェックでGACKTパートナーに「マジでプレッシャー」】の続きを読む

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/11/18(金) 09:20:36.63 ID:CAP_USER9.net
     女優の米倉涼子(41)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ 
    「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)の第6話が17日に放送され、 
    平均視聴率は21・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、 
    分かった。 

     初回20・4%は今年の民放連続ドラマ初の20%超えとなり、いきなり今年の 
    民放連ドラ1位を記録。第2話は19・7%と微減したものの、第3話は前枠 
    「日本シリーズ 日本ハム×広島 第5戦」の生中継が延長して50分遅れの 
    放送開始ながら、今シリーズ最高となる24・3%をマークした。第4話21・3%、 
    第5話20・4%と大台をキープ。第6話は前週から1・1ポイント上昇し、 
    今シリーズ2位の数字を記録。4週連続、5回目の大台突破となった。 

     「13~15%でヒット」と言われる現在のテレビドラマ界において驚異的な数字を連発し、 
    人気の高さを証明。今年の連ドラNo.1のメガヒットは早くも確実。 
    異次元のハイレベルな水準で独走している。 

    以下略ソースで 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000075-spnannex-ent

    20161118-00000075-spnannex-000-view
     
    【異次元独走「ドクターX」第6話21・5%!4週連続5回目の大台突破】の続きを読む

    1 : 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止2016/11/16(水) 09:59:50.77 ID:CAP_USER9
     女優・新垣結衣が主演するTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00)の第6話が15日放送され、平均視聴率が13.6%だったことが16日、明らかになった。 
    (ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同作は第2話で同枠のドラマ史上最高となる平均12.1%を記録して以降、視聴率が右肩上がりを維持しつづけ、今週で5週連続上昇という快挙を成し遂げた。 

     同ドラマは、海野つなみ氏原作の人気コミックを実写化。職なし、彼氏なしの主人公・森山みくり(新垣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)とひょんなことから、周囲に秘密で夫=雇用主、妻=従業員という恋愛感情を持たない“仕事としての結婚”つまり契約結婚をすることとなるラブコメディー。 

     初回10.2%の二桁スタートを切ると、12.1%(2話)、12.5%(3話)、13.0%(4話)、 
    そして5話では13.3%と右肩上がりの視聴率を記録中。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 
    エンディングでは星野の歌唱する主題歌「恋」にあわせて出演者がダンスする『恋ダンス』や、 
    『エヴァンゲリオン』『情熱大陸』などのパロディーを盛り込んだ演出が毎回、好評を博している。 
    今回は新垣が9年前、自身が2007年に出演した同局連ドラ『パパとムスメの7日間』(2007年)で 
    着ていたものとセーラー服を劇中で披露して話題を呼んでいる。 

     第6話ではみくりの叔母・百合(石田ゆり子)のはからいにより2人は新婚旅行ならぬ社員旅行として温泉旅館に泊まりにでかける。徐々に距離を縮めてきた2人だったが、訪れた温泉旅館で用意されていたのは、なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッド…。ひとつ屋根の下に暮らしているとはいえ、別々の部屋で寝てきたみくりと津崎は大慌てで…というストーリー。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000325-oric-ent

    522d0beb-bde6-4e5c-aa32-f286952662b6
     
    【【ドラマ視聴率】新垣結衣主演『逃げ恥』第6話視聴率13.6% 5週連続右肩上がり】の続きを読む

    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/11/10(木) 12:24:19.09 ID:CAP_USER9
    福岡市博多区のJR博多駅前の道路が大陥没した事故。 
    実は、福岡出身で地層ファンとしても知られるタレント、 
    タモリ(71)が、博多の地盤の弱点を言い当てていたという。どういうことか。 

    昨年9月に放送されたNHK「ブラタモリ」でのこと。この回は、 
    タモリの故郷でもある博多に桑子真帆アナと訪れている。 

    ビル街のど真ん中にある遺跡の発掘現場を訪問。 
    ここは、今回の事故現場と同じ市営地下鉄七隈線(3号線)の工事が行われているところだ。 

    この現場は、わずか3メートルほどの地層に、 
    弥生時代から江戸時代まで5つの地層が積み重なっていることが、一目でわかるようになっていた。 

    さらに、その地層が海の上の砂丘に幾重にも積み重なってできたものであることを、 
    福岡市博物館の職員らと実地で確認するという内容だった。 

    「図らずも、ブラタモリが博多の地盤の弱点を見抜いていました。 
    番組内でも、遺跡に足を踏み入れたと感想を漏らしていたほど。 
    それだけ地盤が緩いということです」と放送関係者。さすがタモさん。 

    2016.11.10 
    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161110/enn1611101130004-n1.htm 

    写真 
    enn1611101130004-p1
     
    【【テレビ】<博多陥没、タモリが予言!?>「ブラタモリ」で地盤の弱点見抜いていた!タモリ『砂ですね』】の続きを読む

    このページのトップヘ