噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    石田ゆり子

    1 :muffin ★:2019/07/24(水) 12:01:04.54
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907240000143.html 
    2019年7月24日9時39分 

    女優の石田ゆり子(49)が、16歳の時に水着姿でCMに出演した画像をアップし、デビュー当時の思いを振り返った。 

    石田は24日、インスタグラムを更新。「きのう、とある会食の席でBGMに山下達郎さんの『悲しみのジョディ』が流れてきた」と書き出し、「心は一瞬でデビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック。山下達郎さんはわたしのデビューした全日空の1987年の夏キャン(夏のキャンペーンのことです。当時はこういうふうに言ったんですよ)の曲を作ってくださった方です」と振り返った。 

    その広告画像をアップし、「撮影当時16歳の私は何もかもが楽しくて 未来が果てしなく続くと思っていた」と石田。「あぁ、不思議な気持ち。音楽ってすごい。山下達郎さんのコンサートに行きたい」との思いをつづった。 

    健康的な小麦色の肌で弾けるような笑顔を見せた石田のデビュー当時の姿に、ファンからは「う、初々しい…」「きゃー!天使です!!でもゆり子さんは何歳になっても女神です」「キュートすぎます キュンとしました」と絶賛の声が多数寄せられた。 


    1330276_650

    【【女優】石田ゆり子16歳当時の水着姿にファン絶賛「天使」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/09/16(水) 11:21:57.73 ID:???*.net
    〈やっぱりフィーリングでしょうか。何気ない会話をずうっと続けていける人が一番じゃないかと思います。 
    それが気が合う、ということですよね。でも、婚期を逃したような気はしてます(笑)〉 
    今年の初め、雑誌のインタビューで自らのプライベートをそう語っていたのは、女優の石田ゆり子(45)だ。 

    高校1年生で芸能界入りした彼女は、可憐なルックスと清楚な雰囲気で瞬く間に人気を獲得し、その後、清純派女優として大活躍。 
    「最近では、映画やドラマでの濡れ場も厭わず、妖艶なフェロモンを漂わす本格派女優としての脱皮にも成功しています。 
    彼女自身は独身ながらも、人妻役や不倫に身をやつす役を演じることが多いのも、その証明でしょうね」(映画ライター) 

    だが、高い評価を受ける劇中での迫真の不倫愛が、プライベートでの"経験"に基づいているものだとした……。 
    「石田と歌手のAさんの夫との不倫関係は、映画業界では知る人ぞ知る話です。2人の関係は、もう3年以上続いているそうです」 
    と語るのは芸能プロ関係者だ。Aは、日本を代表する大物女性歌手で、これまでのCDの累計売り上げ枚数は数千万枚という大ヒットメーカーだ。 
    この芸能プロ関係者は、「芸能関係者であるAの夫と石田は、古くからイベントなどで接点があり、プライベートでの親交を深める中で、そうした関係になっていったようですよ」と話す。 

    石田といえば、「これで引退してもいいという気持ちで(演じた)」と語った今年3月公開の映画『悼む人』での濃厚なベッドシーンが記憶に新しいところ。 
    「一番衝撃的なのは、彼女が井浦新演じるヤサ男に執拗な指で導かれてしまうシーン。 
    男の腕の動きが激しくなるにつれて、"あん……あん、ああんぅ"と声を漏らし、ついには身体を弓なりに硬直させて絶頂に達する。 
    浮気相手に性の悦びを教えられた彼女が、夫と別れてしまうという役どころです」(前出の映画ライター) 

    もしかして、このシーンが、実生活でもAの夫を相手に繰り広げられているのかも……。 
    果たして、映画のストーリーとは逆に、石田がAの夫を"寝取って"しまう可能性はあるのだろうか。 
    2人は東京・西麻布の高級和食店Tで頻繁に会っているといいます。 
    一部の張り込みカメラマンは2人をマークしているという話も聞こえてくるので、密会が激写される日も近いのかもしれませんよ……」(前出の芸能プロ関係者) 

    "フィーリングが合う人"をAから寝取って……まさかの略奪婚まである!? 

    http://dailynewsonline.jp/article/1013791/ 
    日刊大衆 2015.09.16 09:00 

    0691c476
    【石田ゆり子、女性大物歌手Aの夫と「密会不倫」疑惑】の続きを読む

    このページのトップヘ