1 :湛然 ★@転載は禁止:2015/11/18(水) 05:25:51.85 ID:???*
2015.11.18 05:05 

俳優、織田裕二(47)が、来秋公開の映画「ボクの妻と結婚してください。」(三宅喜重監督)に主演することが17日、分かった。 

「踊る大捜査線 THE FINAL」以来4年ぶりの映画で「ようやく自分のやるべき作品と役柄に出会うことができた」と気合十分。 
余命宣告された男が妻の再婚相手を探す物語で、妻役は吉田羊(年齢非公表)。 
大スターと遅咲きのブレーク女優で夫婦の絆を体現する。 

織田が満を持してスクリーンに帰ってくる! 

“ボク妻”は、末期のすい臓がんで余命半年と宣告された敏腕放送作家が、残される妻と息子のため、妻の再婚相手探しに奔走する物語。 
樋口卓治氏の人気同名小説が原作で、昨年にウッチャンナンチャンの内村光良(51)主演で舞台化、今年5月に同じく内村主演でNHK BSプレミアムがドラマ化した。 

かねてから映画化を熱望していた製作サイドは、1991年のフジテレビ系「東京ラブストーリー」で織田が演じた完治役のナイーブな姿が主人公のイメージに合うと感じ、ヒーロー的な役が続いていた織田の新しい一面を観たいと考え、主演をオファーした。 

国民的映画「踊る大捜査線」シリーズ後、青島刑事の強烈なイメージを払拭するため、次の作品を熟考していた織田は、「ボク-」の脚本に惚れ込んで快諾。 
2010年に12歳年下の一般女性と結婚後、昨年10月末に長男が誕生したことで家族への考え方も変化し、最高のタイミングで同作に巡り会った。 

徹底的な役作りで知られる織田は、20日のクランクインに向け、早くもキャラクターになりきって自ら演技のアイデアを提案。闘病する役に合わせ、体重も絞っている。 

気合十分の織田を支える妻役には、昨年のフジ系「HERO」や放送中のTBS系「コウノドリ」(金曜後10・0)など近年映画やドラマに引っ張りだこの吉田が抜てきされた。 
織田と初共演する美人女優は「精一杯『妻』の務めを果たしたい。 
織田さんと築く温かい夫婦関係に、笑い泣きしていただけたら」と意気込む。 

織田は「脚本を読んでクスッと笑えて、すぅーっと涙が流れました。 
こんな役は演じた事がありません。今、僕はこの作品に出逢えてとても嬉しいです」 
と新境地開拓となりそうな作品に役者魂を燃やす。 

(紙面から) 


・4年ぶりの映画主演に気合十分の織田裕二。妻を愛する夫役で、「踊る大捜査線」の青島刑事のイメージを覆す 
geo15111805050011-p1

【織田裕二、『踊る』以来4年ぶり映画主演!「やるべき作品に出会えた」】の続きを読む