噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    東出昌大

    1 : Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016/05/27(金) 10:42:12.26 ID:CAP_USER9
    5月26日(木)19時1分 

    映画「桐島、部活やめるってよ」でスクリーンに鮮烈に登場し、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」でお茶の間の女性たちの心をわしづかみにした俳優の東出昌大さん。 

    実は大の競馬好き。Number902号のインタビューでも 
    「『あなたのヒーローはなんですか? と聞かれたら、『サイレンススズカです』って答えてます」と語りながら、あの悲劇を思い出したのか、目を潤ませるほどの競馬愛の持ち主である。 

    主演を務める映画「ヒーローマニア―生活―」の舞台挨拶後の楽屋で、東出さんは「競馬」への熱い思いをたっぷりと語ってくれた。 
    競馬にはまったきっかけは、小学生のときに始めた「ダビスタ」(※競走馬育成ゲーム「ダービースタリオン」)。それ以降、ずっと競馬の魅力にとりつかれている。「競馬にはドラマがあるから好きなんです」(中略) 

    ■ベスト3レース、だけでは止まらないトーク。 

    「僕の思う3大レースは、まず'90年オグリキャップの有馬記念でのラストラン。 
    笠松から出てきた地方馬が、中央競馬の頂点にまで登りつめたというドラマがあって……あれは今見ても泣けます。 
    トウカイテイオーが1年ぶりの復活を遂げた'93年の有馬記念も記憶に残っています。 
    あとは、見事な逃げ切りでグラスワンダーやエルコンドルパサーに勝った'98年のサイレンススズカの毎日王冠も捨てがたい」 

    3つのレースを挙げたはいいが、ご本人は「まだまだある!」ともう止まらない。 

    「'94年のナリタブライアンのダービーと菊花賞も好きです。 
    でも、ナリタブライアンの菊花賞は、レコードタイムで後続馬に7馬身差で優勝するという勝ち方が圧倒的過ぎて、語るには正直面白くないですね(笑)。 
    あとディープインパクト、オルフェーヴルが3冠を取ったそれぞれ'05年と'11年の菊花賞も好きだし……」 

    ■レースだけでなく血統についても詳しい。 

    また「ダビスタ」の影響で、レースだけでなく血統についても詳しくなったと言う。 

    「地方競馬に行ったとき、距離の短いレースで出走馬の父親の欄にサクラバクシンオーの名前を見ると、これ来るのかな!? って悩みますね。もはや短距離レース=サクラバクシンオーだと思ってしまいます」 

    「短距離レースも好きですが、長距離のレースには美学があると思うんです」 

    「特に3200m走の天皇賞(春)が大好きです。'93年の天皇賞(春)でライスシャワーがメジロマックイーンの同競走3連覇を止めたときは、感動しましたね」 

    「あの馬、ほんとすごかったですよね!」 

    東出さんの想像以上の馬好きに、インタビュアーである小誌“三度の飯より競馬好き”デスクも興奮して、編集部では見たことがないくらい、活き活きした顔で相槌を打つ。 

    世代が近かったこともあり、デスクと東出さんの会話はどんどんヒートアップし、しまいには、東出さんも「競馬の話だけで、一晩くらい飲めそうですね」とニッコリ。 
    いつかご家族で競馬場へ……。 

    (以下略、全文はソースをご覧ください。) 


    ・1988年2月1日、埼玉県生まれ。NHK朝ドラ「ごちそうさん」でブレイク。主演映画「ヒーローマニア―生活―」が現在公開中。 photograph by Miki Fukano 
    20160526-00825743-number-000-1-view
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160526-00825743-number-horse 
     
    【<東出昌大>止まらない競馬トーク!「ヒーローはサイレンススズカ」】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@転載は禁止2016/02/05(金) 05:07:55.47 ID:CAP_USER*
    2016年2月5日 05:00 

    映画「デスノート」シリーズの10年後を描く続編として注目を集める「デスノート 2016(仮題)」に東出昌大が主演し、デスノート対策本部のエースで刑事の三島創を演じることがわかった。 

    また、Lの遺伝子を受け継ぐ“後継者”で世界的な探偵の竜崎に池松壮亮、キラ復活を目論むサイバーテロリスト紫苑優輝に菅田将暉が扮し、各分野の天才たちが三つ巴の戦いを繰り広げる。 

    多くの原作、映画ファン持つ今作の主演に抜てきされた東出は、 
    「前作の映画も見ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じます」と本音を吐露。 
    しかし若手最注目株である池松、菅田とのコラボレーションには自信をのぞかせ、 
    「きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います」と語る。 

    一方の池松も、「松山(ケンイチ)さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります」と意気込んでおり、ファンに「駄目だったらネットで叩いてください」と茶目っ気たっぷりに呼びかけた。 

    菅田は、原作でLの後継者であるメロとニアからイメージを抽出したキャラクターを演じており、「(2人の)トリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージ」と役どころを分析。 
    「演じる上で日々本当に自問自答していますが、前作を凌駕する作品になればと思っています」 
    と池松に同調している。 

    メガホンをとる「GANTZ」「アイアムアヒーロー」の佐藤信介監督は、メインキャストの3人を「この映画の柱を支え、この物語を、現実的なものに着地させられたのは、豪快かつ繊細な、東出さんのパワーによります。 
    池松さんは、(竜崎役を)想像以上の人物に育てられました。 
    菅田さんは自然味を保ちながらも、奇抜なフィクションをも演じられる、まさに『映画』が欲する役者」と大絶賛。 
    「デスノートをめぐっての、この3者のぶつかり合いを、ぜひ、楽しんでいただきたいです」とコメントを寄せた。 

    さらに、日本テレビの佐藤貴博プロデューサーは 
    「才能あふれる若い役者たちがモチベーションを高く持って挑めるキャラクターを作った」といい、 
    「『デスノート』を使う人間ではなく、『デスノート』を追う人間を主人公にしたかった」と前作との違いをアピールしている。 

    「デスノート 2016(仮題)」では、世界的なサイバーテロが頻発する2016年を舞台に、原作にあるもののこれまで使用されなかった“6冊ルール”を基軸に、デスノートをめぐる争奪戦を描く。 

    原作者の大場つぐみ氏は、「6冊のノートや死神たちと豪華キャストがどう絡みどんな話になるのか!?  
    今からワクワクドキドキが止まりません!」と興奮を隠し切れない様子だ。今秋公開。 


    ・メインキャストの(左から)池松壮亮、東出昌大、菅田将暉(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 
    deathnote_large
     
    http://eiga.com/news/20160205/6/
    【『デスノート』続編主演は東出昌大!池松壮亮&菅田将暉と三つ巴の戦いに】の続きを読む

    このページのトップヘ