噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    吉岡里帆

    1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/01/09(月) 18:45:04.39 ID:0haPNlZDd.net
    男なら

    8 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/01/09(月) 18:46:47.25 ID:QxidmWhA0.net[2/5]
    bd8nc5S

    【吉岡里帆ちゃんの水着グラビアで興奮しない奴男じゃないやろwwwwwww】の続きを読む

    1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/06(火) 19:06:22.37 ID:CAP_USER9.net
     朝ドラ『あさが来た』(NHK総合)で注目された吉岡里帆がその後、連続ドラマに3期続けてレギュラー出演中だ。CMやバラエティでもよく見るようになり、緩やかにブレイクを果たしつつある。ドラマでは控えめな役が多いが、本人も整った顔立ちながら派手すぎないたたずまいで、“ジミカワ(地味で可愛い)”ぶりが好感度を高めている。 

    ■地味さに不釣り合いなスレンダーボディへ熱い視線 

     吉岡は京都出身の23歳。時代劇の撮影スタジオで知られる太秦で育って演技に興味を持ち、大学生時代には小劇団の舞台や自主制作映画に出演していた。東京の事務所に所属してからは、2014年に『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着グラビアを披露。どちらかといえば地味とも言える大人しそうな顔立ちながら、そのスレンダーなスタイルの透明感あるビジュアルは大反響を呼んだという。グラビアファンからは、そんな地味さとスレンダーボディの不釣り合いなところも人気で、当時から熱い視線が注がれていた。 

     女優業でも、2015年にはヒロインを演じた『明鳥』など3本の映画に出演。そして今年2月から、高視聴率を続けていた朝ドラ『あさが来た』の終盤に、あさの娘が女学校の寮で同室となる田村宜(のぶ)役でレギュラー出演した。宜は丸メガネをかけていて、いつも読書をしている寡黙なキャラクター。のちにあさの秘書見習いを務めるようにもなるが、劇中では地味な印象で、グラビアで吉岡を知ったファンも知らずに観たら、彼女だと気づかないほどだった。 

     逆にこのドラマで彼女を知った人は、メガネを外した姿を雑誌や、続く4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)などで観て、美人ぶりに気づくことになったようだ。5月からは加藤ローサ、倉科カナ、広瀬すずらが務めてきたリクルート『ゼクシィ』の9代目CMガールに抜擢されて、大量オンエアから知名度を広げていった。 

    ■美人すぎず、好みのわかれない“ちょうどいい”ビジュアル 

     とはいえ、『ゼクシィ』CMでも美しさというより、結婚前のカップルのほっこりぶりが評判になった。ドラマでは『ゆとりですがなにか』で真面目な教育実習生、放送中の『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)で吉田羊が演じる女医に振り回される研修医と、一歩引いた役が続く。華やかさで目を引くわけではないが「かわいさが心のオアシス」「だんだん気になってきた」といった声がネットに挙がっている。美人すぎず、好みのわかれない“ちょうどいい”ビジュアル、派手でなく清純そうな“ジミカワ”ぶりが、幅広い人気を呼んでいるようだ。 

     ここ最近では、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)などバラエティ出演も急増中。ビートたけしのモノマネを振られてコマネチポーズをとりながら「バカヤロー、コノヤロー」と口走ったり、浜田雅功に「『おもしろいやんけ!』と頭をシバイてほしい」とリクエストしたり、真面目と天然が入り混じったキャラクターで笑いも誘う。同時に、意外と素に近いバラエティのほうがかわいらしさが出ていたりもする。 

     10月以降はCMもENEOS『SSスタッフの思い』、第一三共ヘルスケア『トラフル』などが増え、12月には、『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)などで知られる福田雄一演出、ニール・サイモン原作の『ナイスガイ in ニューヨーク』で舞台初出演。人気とともに演技力の評価も高め、着実にステップアップしている。ただ、これからも主役を張るより、脇役ポジションでさり気なく目を引くほうが、吉岡里帆のジミカワさには合っていて観る側も心地良いかもしれない。 
    (文:斉藤貴志) 


    2016-12-06 
    http://www.oricon.co.jp/special/49611/ 
    1480936620757
     
    【吉岡里帆、地味さがいい?“ジミカワ”ビジュアルで幅広い人気】の続きを読む

    1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 19:23:01.94 ID:CAP_USER9.net
     NHKの朝ドラ「あさが来た」の“メガネっ娘”ののぶちゃんこと田村宜役でブレークした女優・吉岡里帆(23)が29日、大阪市内で出演するフジテレビ系ドラマ「メディカルチーム レディ・ダヴィンチの診断」(火曜、後9・00)のトークイベントを行い、恋愛観を語った。 

     研修医・田丸綾香役の吉岡は、ドラマの中でMRの宮部航平(庄野崎謙)から好意を寄せられる設定だが、私生活では「宮部さんはいい人ですが、男性として意識したことは一度もない」とあっさり。一方で「私は好きな人に喜んでもらえるように、サプライズとかを考えるタイプです」と明かした。 

     この日はV6の長野博(44)と女優の白石美帆(38)が結婚を発表したこともあり、イベント後の会見では「私もいつか、すてきな人と運命的な出会いをしたい。結婚願望ありです!」とアピールしていた。 

     イベントでは、アントニオ猪木のモノマネで「カンテレの皆さん、元気ですかー!元気があれば何でもできる。1、2、3、レディ・ダヴィンチ!」と絶叫するなど、大サービスのトークで126人の観客を沸かせた。 


    2016.11.29 
    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/29/0009709220.shtml 

    d_09709221
     
    【吉岡里帆「結婚願望あり!」 「あさが来た」のぶちゃんでブレーク】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/11/14(月) 05:07:52.28 ID:CAP_USER9.net
    2016年11月14日 

    女優の吉岡里帆さんが、14日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)48号の表紙とグラビアを飾った。 
    グラビアは“女優としてのさまざまな顔”がテーマで、女性ファッション誌などで活躍する三瓶康友さんが撮影。 
    胸の谷間を大胆に披露しているほか、セクシーな肩出しカットや“変顔”の写真も掲載されている。 

    吉岡さんは「『部屋でくつろいでいるような雰囲気で』という設定をいただいていたので、 
    今まで以上にリラックスして臨めた撮影でした。カメラマンさんからは『猫っぽい犬の気持ちで』 
    『世にも奇妙な物語の世界観で』なんていう変わった指示もたくさん飛んできて、終始笑っていた気がします。 
    今回は都内のスタジオで一日での撮影だったので、また以前の週プレさんのグラビアのような、 
    泊まりでのロケにもぜひ行きたいですね~」とコメントを寄せている。 

    吉岡さんは1993年1月15日生まれの23歳。 
    NHK連続テレビ小説「あさが来た」の“のぶちゃん”役で人気となり、 
    ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジテレビ系)に出演中。 
    結婚情報誌「ゼクシィ」などのCMにも出演している。 

    (以下略、全文はソースをご覧ください。) 


    ・「週刊プレイボーイ」48号の表紙とグラビアに登場した吉岡里帆さん(C)三瓶康友/週刊プレイボーイ 
    001_size6

    【吉岡里帆:「週プレ」グラビアで胸元あらわに 肩出しカットや“変顔”も】の続きを読む

    1 :取り分 ★@\(^o^)/:2016/10/16(日) 13:07:46.99 ID:CAP_USER9.net
    女優の吉岡里帆(23)が16日、都内で『2017年吉岡里帆カレンダー』発売記念イベントを行った。 
    水着グラビアでも注目を集める吉岡だが、「緊張感のある仕事。簡単にできる仕事じゃない」と難しさを語った。 

     「グラビアされている方へのリスペクトと、いろんなアプローチをして初めて人前で写真を撮られる段階にいけると思っていた」といい、 
    「(写真の載った)週刊誌を捨てずに家に置いてもらうことってすごく難しい」と力を込めた。 

    スタイル維持のために「毎日ストレッチしたり、筋トレしたり、野菜をとったり水を2リットル飲んだり。できることは全部やります」と明かし、 
    「やられていないグラビアアイドルさんはいないと思う。それくらい覚悟と、楽しんでもらいたいっていう気持ちがないとできない」と話した。 

     NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の田村宜役で女優として一躍知名度をあげたが、ブレイクしたという本人の実感はゼロ。 
    「変装とかしていないですし、お菓子食べながら街を歩いているくらい。顔を覚えてもらっていないっていう認識はあります」と笑っていたが、 
    「一緒に頑張ってきた人たちと『やっと実を結んできたね』って言える年になった」と充実感をにじませた。 

    ソース 
    http://www.oricon.co.jp/news/2079992/full/ 

    2079992_201610160021019001476590002c
     
    【吉岡里帆、水着グラビアへの“リスペクト” 「簡単にできる仕事じゃない」】の続きを読む

    このページのトップヘ