噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    若槻千夏

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/20(水) 15:21:01.34 ID:CAP_USER9.net
    7月18日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)にて、今年32歳を迎えた若槻千夏の劣化ぶりが赤裸々に明かされた。 

    同番組では女性ゲストにセーラー服を着せることが恒例。 
    若槻と共演したのは19歳で女優の小芝風花、44歳でスピードスケート五輪銅メダリストの岡崎朋美、そして69歳のベテラン女優あき竹城だったが、女性陣4人のなかで若槻の見た目が最も厳しかったというのである。テレビ誌のライターが語る。 

    「昨年まで女子高生だった小芝や、老齢ゆえにそのコミカルさがハマっていた竹城に対し、若槻のセーラー服姿には無理がありすぎました。 
    トレードマークの銀髪は若作りに見えてしまい、肌質も厚化粧なのが明らか。夜のお店の制服コスだとしても、お客さんが引きかねないほどの厳しさを露呈していましたね。 
    20代のころは若者ファッションの牽引役で、今で言えばきゃりーぱみゅぱみゅのような影響力を誇っていたのに、それがすでに遠い昔のことだと実感せざるを得なかったのです」 

    ただ見た目の厳しさで言えば、44歳にして髪型を二つ結びのお下げにしていた岡崎も相当なものだったはず。だがテレビ誌のライターはこんな見方を示す。 

    「岡崎に関しては、いい年の取り方をしていると感じた視聴者も多かったはずです。 
    番組中は笑顔を絶やさず、1998年の長野五輪で全国を魅了した『朋美スマイル』が健在なことをアピール。 
    もともと目鼻立ちがクッキリした顔つきなので、化粧で無理やりカバーしている様子もなく、年齢相応の美貌を発揮していました。 
    番組では手前に岡崎、奥に若槻と二人が一緒に映る場面も多かったのですが、その並びだと岡崎のほうが明らかに輝いて見えましたね」 

    得意のトークでは円熟味すら加わってきたものの、ルックス面では加齢による衰えを隠しきれない若槻。 
    今回の「しくじり先生」では、アスリート界きっての美人と共演したことが大きな誤算だったようだ。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1166474/ 
    2016.07.20 14:45 アサ芸プラス 

    15c84f78c
     
    【若槻千夏、劣化が加速して44歳アスリートよりセーラー服姿が似合ってない!】の続きを読む

    1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2016/04/18(月) 01:20:31.79 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-15 21:07 

    w342c-e_2061372

    【若槻千夏/モデルプレス=4月15日】タレントでデザイナーの若槻千夏が15日、都内にて開催された「美少女戦士セーラームーン展」の内覧会に出席。セーラームーンを彷彿とさせる金髪ロングのツインテールでキュートな決めポーズを披露した。 

    愛娘から「ママって、バカだよね」 

    2012年6月に出産した「100%、私似」だという愛娘について、「本当に親バカなので申し訳ないのですが、どんどん可愛くなっちゃって心配です」と“親バカ”ぶりを覗かせるも、「自分で可愛いって言っちゃったみたい、恥ずかしくなっちゃった」とはにかむ若槻。 
    「最近、私のテレビを観て、『ママって、バカだよね』って言ってくるんです」と愛娘の近況を告白。「“私がバカ”と言うことは、私が下に見られているので、そういう意味では、私よりは勉強してくれるのではないかなと期待はしています」と声を弾ませた。 

    また、夫は子育てに協力的だと明かし「めちゃめちゃお手伝いしてくれます。今日とかも、ちょっと遅いイベントなので、ご飯を作ってくれて…」などと家庭での様子を紹介。「ものすごく手伝ってくれて、助かっています」と夫に感謝した。 

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください) 
    引用元:モデルプレス http://mdpr.jp/news/detail/1578511 
     
    【若槻千夏、セーラームーンツインテ&ミニスカで美脚披露 「100%、私似」愛娘トークも】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/03/02(水) 10:27:04.38 ID:CAP_USER*
    ベッキーが休業宣言してからおよそ1カ月。 
    とうとうベッキーが君臨していた席に腰を下ろしたタレントが現れた。 
    昨年末に芸能界復帰を果たした若槻千夏だ。 

    若槻はタレント業を休んでアパレルブランドを立ち上げ、その結果、自らがデザイン&プロデュースする熊のキャラクター「クマタン」は、国内だけにとどまらず台湾でも大人気に。 
    4年間テレビ出演をやめ、アパレル仕事だけに打ち込んだ甲斐があったと言えるだろう。 

    「ポストベッキーとしては、小島瑠璃子や鈴木奈々などの名前がよく挙がりますが、若槻に比べたらひよっこも同然です。若槻なら明石家さんまのような大物芸人とも平気で絡めるし、ロンブー淳のような口の立つ芸人とも丁々発止のかけ合いができる。 
    さらにもともと頭の回転が速く、バラエティ経験も豊かですから、今や“出戻り若槻”は引っ張りだこ状態です」(バラエティ番組制作スタッフ) 

    2月21日に放送されたバラエティ番組「人生のパイセンTV」(フジテレビ系)に出演した若槻は、ベッキーの代役であることを自ら認めていました。 
    また、過去に「ベッキーすごいぞ芸人」という放送回まであったほどベッキー推しだった「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にも、2月25日放送の「桃太郎電鉄芸人」で若槻は出演。 
    陣内智則の控えに回りながらもさりげなくトークの実権を握り、存在感を見せつけた。 

    ベッキーにはかわいそうだが、彼女が戻れる場所はなくなるかもしれない。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_7384/ 

    若槻千夏 
    20160302wakatsuki
    【小島瑠璃子や鈴木奈々はまだひよっこ!ベッキーの後釜が若槻千夏に決まった夜】の続きを読む

    このページのトップヘ