噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    芳根京子

    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/09/26(月) 21:59:45.73 ID:CAP_USER9.net
    「べっぴんさん」のヒロインに決まり笑顔を見せる芳根京子 
    Photo By スポニチ 
    sponichin_20160926_0084_0-enlarge
    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で共演する(左から)百田夏菜子、芳根京子、土村芳 
    Photo By 提供写真 
    G20160926013424560_view

     NHKの次期連続テレビ小説「べっぴんさん」に主演する女優芳根京子(19)が10月3日の初回を前に意気込みを語った。戦後の焼け跡の中で、働いた経験のない女性たちが子供服専門店を立ち上げ、情熱を持って取り組む姿を描くドラマ。厳しい撮影が連日続いているが「私は壁に当たっても立ち止まりません」と力強く誓った。背中を押してくれる存在は共演する「ももいろクローバーZ」百田夏菜子(22)だった。 

     2261人のオーディションで選ばれてつかんだヒロイン。5月にクランクインし、撮影地の大阪に長期滞在している。「撮影中の苦労や壁に当たることは?」との質問に「洗濯する時間がなくて洗濯物は壁のようになっちゃうかもしれない」とユーモアを交え、「私は壁に当たっても立ち止まりません。撮影現場には私より大変な人がたくさんいるので、弱音を吐きたくないんです」と力を込めた。 

     支えになっているのは、女学校の同級生役を演じる百田だ。 

     「夏菜子ちゃんとは一緒にいる時間が長いんですけど、パワフルで明るくて前向き。絶対に疲れているはずなのに表情に出さないんです。“大丈夫?最近寝てる?”と聞いても“大丈夫!寝てる、寝てる”と明るい答えが返ってくる」 

     昨年2月公開の映画「幕が上がる」でも共演しており、親しい間柄。ももクロのCDも購入し8月には初めてライブにも足を運んだ。 

     人気アイドルが女優としても努力している姿に「私も頑張らないとな…と背中を強く押してもらっている毎日です」と明かした。 

     ドラマは子供服メーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにした物語。「坂野さんの芯の強さ、行動力、素晴らしい部分は取り入れていきたいとは思いますが、坂野さんはあくまでもモデルなので、私は坂東すみれ(ヒロイン)を一人の女性として自分らしく演じたい」と誓った。 

     ヒロインは自身と同じ年齢の19歳で結婚して出産する。2013年に女優デビューして母親役は初めて。 

     「実際に産んだことはないので全てが難しいんですけど、自分にも母性があるんだと思いました。目の前に赤ちゃんがいると自然と母の気持ちになります」と手応えを語った。 

     ▼べっぴんさん 昭和の初め、神戸の山の手で生まれた坂東すみれは母親を早くに亡くすが、会社を経営する父親、活発な姉のもとで不自由なく育ち、19歳で結婚し、ほどなく長女を出産する。ところが、戦争で生活は一変。夫は出征し、家は焼け、戦争が終わると財産も没収されてしまう。すみれは自分の特技を生かし、子供服作りを開始。周囲にはさまざまな事情を抱えた女性たちが集まり、やがて、日本初の総合子供用品店をオープンさせて奮闘する。 

     ◆芳根 京子(よしね・きょうこ)1997年(平9)2月28日生まれの19歳。東京都出身。2013年、フジテレビ「ラスト シンデレラ」で女優デビュー。14年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの親友の娘を演じ、注目される。15年、TBS系のドラマ「表参道高校合唱部!」のオーディションで1000人以上の候補の中から主演に。今年4月に「べっぴんさん」のヒロイン決定が発表された。 

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/26/kiji/K20160926013425370.html
     
    【【NHK連続テレビ小説】「べっぴんさん」芳根京子 ももクロ百田が支え「背中押してもらっている」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/07(木) 05:53:40.95 ID:CAP_USER*.net
    NHK次期連続テレビ小説「べっぴんさん」(10月3日スタート)のヒロインに女優・芳根京子(19)が決まり、6日、同局から発表された。 
    芳根は「何より自分らしさを忘れずに、これから1年間突っ走りたい」と意気込んだ。 

    会見では中学2年生の時に四肢に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群」を発症し、1年間かけて克服したことを告白。 
    「芯の強さは、病気を経験して、自分を持とうと思うようになったからかもしれません」と語った。 

    ギラン・バレー症候群は国の特定疾患に指定されている病気で、筋肉を動かす運動神経に障がいが起こり、顔面まひや呼吸困難の症状が出る場合がある。 
    人口10万あたり年間で1~2人が発症すると言われており、09年に他界した女優の大原麗子さん、12年に亡くなった俳優の安岡力也さんらも患っていた。 

    芳根は「完治して支障はありません。本当に少ない可能性で、この病気で亡くなった方もあると病院で聞いた。あの時、命の重さを実感しました」と力を込めた。 

    朝ドラのヒロインを4度目の挑戦で射止めたのも諦めない心の強さからだ。 
    朝ドラは「まれ」(15年前期)「あさが来た」(15年後期)「とと姉ちゃん」(16年前期)と3回連続で挑戦し「2次に行ったのは一度だけで、あとは1次で落ちた」という。 

    今回は2261人の中から決定。制作統括の三鬼一希チーフ・プロデューサーは「見た目の愛らしさの裏に芯の強さを持っているヒロインにぴったり。 
    オーディションでは、こちらが吸い込まれそうになる特殊な感じがあった」と芳根の魅力を説明した。 

    昨年夏のTBSのドラマ「表参道高校合唱部!」で芳根は約1000人参加のオーディションを勝ち抜いて主演した。 
    その演技力や魅力は他の新進女優たちから「一緒にオーディションを受けたくない女優No・1」とも言われてる。 
    5月のクランクインを前に、まだデビュー3年の実力派の新人は「楽しみでワクワクしています」と声を弾ませた。 

    ▽ギラン・バレー症候群 国の特定疾患に指定されている病気。筋肉を動かす運動神経に障がいが起こり、手足に力が入らなくなる。 
    顔面まひや呼吸困難の症状も。 
    日本では少なくとも年間2000人以上が発症。発病から1年後には約6割が完治、3割の患者に障がいが残る。 
    09年に他界した女優の大原麗子さん、12年に亡くなった俳優の安岡力也さんも患っていた。 

    ◆芳根 京子(よしね・きょうこ)1997年(平9)2月28日、東京都生まれの19歳。 
    2013年4月フジテレビ「ラスト・シンデレラ」でドラマデビュー。 
    14年にNHK朝ドラ「花子とアン」でヒロインの親友・蓮子の娘役を演じ、15年2月には映画「幕が上がる」で、 
    ももいろクローバーZと共演した。フルートとピアノが特技。 

    ▽「べっぴんさん」 戦後、神戸市に子供服専門店を創業した実在の人物・坂野惇子さんをモデルにした物語。 
    主人公の坂東すみれ(芳根)は裕福な家庭に生まれ、刺しゅうや縫い物が大好き。 
    戦争のさなかに結婚して妊娠し、夫の出征中に長女を出産するが、空襲で家や財産を失ってしまう。 
    戦地から帰らない夫を待ちながら、人々との出会いに導かれ、得意の洋裁を生かして子供服作りを始める。 

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/07/kiji/K20160407012354830.html 
    2016年4月7日 05:30 

    s_sponichi-spngoo-20160406-0148
    【朝ドラヒロインに芳根京子 難病克服、4度目挑戦で決定】の続きを読む

    このページのトップヘ