噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    ディーン・フジオカ

    1 : muffin ★@無断転載は禁止2016/10/31(月) 16:37:07.41 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1629971 
    2016-10-31 15:33 

    俳優のディーン・フジオカが31日、自身のファンクラブサイトで第3子の誕生予定を発表した。 
    ディーンは2012年7月に結婚。これまでに二卵性双生児の1男1女をもうけている。(modelpress編集部) 

    w600_d4d3125ee40375e29dd7b10ed4735157cbee5f25ff749dae
     
    【ディーン・フジオカ、妻の第3子妊娠を発表】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@無断転載は禁止2016/08/29(月) 20:54:39.71 ID:CAP_USER9
    2016-08-29 15:23 

    俳優のディーン・フジオカが29日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(ひる12時)に初出演。 

    黒柳徹子と無茶ぶりを応酬した末に、即興でコラボレーションでラップを披露する一幕があり、 
    視聴者から反響を呼んでいる。 

    ◆黒柳徹子の無茶ぶりが炸裂 

    高校卒業後にアメリカへ留学、その後香港にてモデルとしてスカウトされたことをきっかけに 
    現在はアジアのほかヨーロッパ、北米など世界を股にかけ活躍を続けるディーン。 
    この日は、ブラックの上品なスーツ姿で颯爽と登場し、これまでのキャリアなど、国際的な話で黒柳とのトークに花を咲かせた。 

    ディーンが香港のイベントでラップを披露したことがあるというエピソードが話題に出た場面で、 
    黒柳は「ラップなんですけど、今ここでやって頂けない?っていったらお困り?」と得意の無茶ぶり。 

    ディーンは「どうしようかな…」と少し思案し、「じゃあ(口だけでビート音を作る)ビートボックスっていうのをやって頂いてもよろしいですか?」と黒柳にまさかの“無茶ぶり返し”で応じた。 

    ◆ディーン・フジオカ×黒柳徹子、即興ラップ披露 

    そして、ディーンの華麗なビートボックスの手本を見て黒柳もチャレンジするが 
    「プスプス」と息が漏れディーンは爆笑。 
    最終的に黒柳が手拍子をしながら「ダダダダン!」と声でリズムをとるところに、ディーンが流暢な英語のラップを重ね、コラボが実現。 

    黒柳は「もうちょっと上手く出来れば今度やりたいと思います」と意欲を示し、ディーンも「練習全然付き合います」と笑顔を見せた。 

    この不思議な光景に視聴者は興奮。「今日の徹子の部屋面白すぎるw」 
    「歴史的瞬間を目撃した」「徹子さまの無茶ぶりにその上を行く無茶ぶりで応じるおディーン様ハート強い」「なにこれ神回だった」とネット上で盛り上がりを見せている。 

    ◆「おディーン様」も連発 

    このほか、この日の放送では黒柳は何度も「おディーン様」と呼んだり、 
    「鼻がすごく高くていらっしゃる」と絶賛するなど世の女性の声を代弁するかのように、ディーンの魅力にうっとり。 

    最後は女性スタッフから寄せられた「弱点は?」「ゴキブリは退治できるか?」など 
    5つの質問をディーンにぶつけ、ディーンは「これからも日本で仕事は続ける?」という質問には 
    「お仕事頂けるならばぜひやりたい。自分としては世界どこでも縁があればと思っているし、 
    祖国でやらせて頂ける機会を大切にしていきたい」と語っていた。(modelpress編集部) 


    ・ディーン・フジオカ(C)モデルプレス 
    w600_bd7320db23c81636eea8c514b6cd1186796b3141cbfa7ea0
    http://mdpr.jp/news/detail/1610139

    【ディーン・フジオカ、黒柳徹子との“無茶ぶり合戦”が話題「歴史的瞬間」「神回」】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@無断転載は禁止2016/03/22(火) 10:08:00.81 ID:CAP_USER*
    NHKの朝ドラ「あさが来た」で大ブレイクし「五代ロス」なる現象を生んだディーン・フジオカ。 
    15日に最終回を迎えた出演ドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)でも、ドSながらいざというときには頼りになる主任を演じ、今度は「主任ロス」を訴える視聴者が続出。 
    「ダメ恋」続編を望む声が後を絶たない。 

    ディーンは日本生まれの日本育ちでありながら、芸能活動をスタートさせたのが香港だったため、 
    芸名もカタカナの逆輸入俳優。 
    だが、日本で人気が出れば出るほど、国内の芸能活動において危惧されるのがタトゥーだ。 
    特に、左肩から二の腕にかけてある虎の絵は、俳優活動をするにあたり大きな弊害になりそうなのだ。 

    「海外では、FBI捜査官役も学校の先生も医者の役でもタトゥーは問題になりません。 
    もちろん隠すこともなく撮影されています。ですが、日本ではまだまだ受け入れがたいようですね」(テレビ誌記者) 

    そもそも、タトゥーの意味が、日本と欧米では違うようだ。 

    「例えば海外で兵士がタトゥーを入れるのは、もしも戦場で爆破されて体がバラバラになったとしても、個体識別の幅が広がるから。また、漁師なども遭難したときのために入れることが多い。 
    北国の漁師のために妻が編むアラン模様のセーターと同じ意味があるんです。しかし日本の場合は、罪を犯した証として彫り物を入れたり、渡世人が多く入れていたことからイメージが悪いし一般社会は受け入れがたい。これはもう、歴史的にタトゥーの成り立ちが違うから、どうしようもありません」(サブカル誌編集者) 

    日本でタトゥーが市民権を得るのは、まだまだ遠い先のようだ。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_54855/ 

    ディーン・フジオカ 
    20160322fujioka
    【 「ダメ恋」続編の声を阻む、ディーン・フジオカのタトゥー問題】の続きを読む

    このページのトップヘ