噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    桜井玲香

    1 :ジョーカーマン ★:2019/07/08(月) 21:22:55.87
    乃木坂46のキャプテン桜井玲香(25)が、グループから卒業することが8日、分かった。公式ブログで発表した。 
    9月1日に東京・神宮球場で行われる「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」千秋楽公演をもって、卒業する。 
    関係者によると、卒業後も引退せず、芸能活動を続けるという。 

    ブログでは、7月3日のナゴヤドーム公演からスタートした全国ツアーについて報告した上で、「今日は皆さんにご報告です。このたび9月1日をもって乃木坂46を卒業することが決まりました」と伝えた。 

    卒業の経緯については、「ここ数年、卒業していくメンバーが増え、いろいろなフィールドで奮闘する姿を見て、自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました」と明かした。 
    「グループのさらなる成長のためにも、未来の新たな仲間のためにも、何より私自身のためにも。早く一人前になって、この人、乃木坂46の初代キャプテンだったんだよ! とみんなの自慢になれるように頑張らなきゃ!!」とつづった。 

    9月1日は、毎年恒例の神宮球場ライブだ。 
    「明治神宮野球場でラストを締めれることが本当にうれしいです。卒業までの残り時間があまり多くないのですが。最後まで『乃木坂46』『キャプテン』と向き合っていきたいと思います。みんな、ラストのラストまでアイドル桜井をどうぞよろしくお願いします!!」と伝えた。 

    桜井は、11年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。 
    「暫定キャプテン」期間を経て、12年6月にキャプテン就任。デビュー以降全てのシングルで選抜入りしてきた。 
    16年の舞台「嫌われ松子の一生」や昨年上演の「半神」で主演し、昨年12月から今年2月にかけて上演された舞台「レベッカ」ではヒロイン役を務めた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-07080915-nksports-ent 

    乃木坂46 桜井玲香 


    tumblr_om31tylQcx1usci4io1_1280

    【【乃木坂46】キャプテン桜井玲香、卒業を発表 芸能活動続行「道標つくる」】の続きを読む

    2 :君の名は:2017/12/05(火) 16:15:31.36 .net
    いっつも足開いてるよな

    4 :君の名は:2017/12/05(火) 16:20:36.78 .net
    1人だけ年間ランキング圏外ww

    7 :君の名は:2017/12/05(火) 16:37:16.38 .net
    俺は好きだよ 
    だけどエロい人がなんて言うか… 
    FGz7nhC

    【乃木坂一エロい身体は桜井玲香でいいよね???】の続きを読む

    1 : (玉音放送 typeR)@\(^o^)/:2017/02/05(日) 10:37:15.80 .net
    乃木坂46のキャプテン、桜井玲香(22)が3月8日に初のソロ写真集「自由ということ」(光文社、1944円)を発売する。 

    1月上旬にマレーシアの第三の都市・イポー、リゾート地のランカウイ島で撮影。 
    エレガントな美しさとキュートさが持ち味だが、スレンダーボディーにまとったビキニ姿でセクシーショットにも挑戦した。 

    桜井は「いつも見られない私が詰まっています。自分も初めて見るような表情がたくさんあります」とアピール。 
    乃木坂メンバーは写真集でしか水着姿を披露しないが、「撮影は人がいないビーチだったので助かりました」と照れていた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000038-sanspo-ent 

    ◆桜井玲香(さくらい・れいか)1994年(平6)5月16日、神奈川県生まれ。愛称「れいか」「キャップ」。 
    11年8月に1期生として乃木坂46に加入し、「暫定キャプテン」期間を経て12年6月にキャプテン就任。 
    デビュー曲から全シングル曲で選抜入り。昨年上演の舞台「嫌われ松子の一生」で主演。 
    156センチ。血液型A。 

    ソロ写真集「自由ということ」でビキニ姿を披露 桜井玲香

    dsUFAM9
     
    【乃木坂46キャプテン桜井玲香、初ソロ写真集発売 スレンダーボディーにまとったビキニ姿でセクシーショットにも挑戦】の続きを読む

    このページのトップヘ