噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    ドラマ

    1 : 三毛猫 φ ★@無断転載は禁止2016/05/17(火) 10:11:00.24 ID:CAP_USER9
     歌手で俳優の福山雅治(47)が3年ぶりにフジテレビの看板枠「月9」の主演を務めるドラマ 
    「ラヴソング」(月曜後9・00)の第6話が16日に放送され、平均視聴率は6・8% (ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。 

     これまで放送された“月9”ドラマで、最も低い視聴率を記録した尾野真千子(34)主演「極悪がんぼ」第10話(14年6月16日)の7・8%を下回り、月9史上最低を更新。また、今年1月に放送された女優・有村架純(23)と俳優・高良健吾(28)主演「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」全10話の平均視聴率が月9史上最低の9・7%を記録したが、「ラヴソング」の第6話終了時での平均視聴率は6・8%で「いつ恋」を下回っている。 

     初回は10・6%の2桁スタートとなったが、第2話で9・1%と1桁に下落。第3話で9・4%と持ち直したが、第4話8・5%、第5話8・4%と数字を下げ、今回の放送で自己ワーストを更新した。 

     ヒロインは約100人に上るオーディションから選ばれた演技未経験のシンガー・ソングライター、藤原さくら(20)。夢破れた元プロミュージシャンで現在は臨床心理士の神代広平(福山)と 
    孤独を背負った女性・佐野さくら(藤原)が音楽を通じて心を通わす感動のヒューマン&ラブストーリー。 

     福山の月9主演は2013年4月クールの「ガリレオ」第2シーズン以来。西谷弘監督をはじめ 
    「ガリレオ」のスタッフが再び集まった。脚本は2014年に「隣のレジの梅木さん」で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子氏が担当。 

     第6話は、レコード会社の弦巻(大谷亮平)にラブソングを作るよう言われた神代(福山雅治)は、夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始める。一方、真美(夏帆)は、さくら(藤原さくら)と空一(菅田将暉)を仲直りさせようと、野村(駿河太郎)も呼び、アパートで食事会をする。だが、既に2人の関係は修復済みで、さくらは別のレコード会社から声を掛けられていることを、真美は空一から知らされる。そんな中、神代は、さくらをカフェに呼び出す。神代の女性関係に興味津々のさくらに、神代は「過去に1人だけ真面目にほれた女性がいる」と明かす…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000077-spnannex-ent 
    20160517-00000077-spnannex-000-view
     
    【福山雅治主演「ラヴソング」視聴率6・8% 月9史上最低記録】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/05/16(月) 15:56:22.58 ID:CAP_USER9
    次期NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」(10月3日から2017年4月1日まで全151回。脚本・渡辺千穂)の、ヒロイン・芳根京子(19)を取り巻く共演陣が16日、NHK大阪放送局から発表された。 

    芳根演じるヒロイン・坂東すみれの母親・坂東はな役(語りも)に昨年8月に長男を出産した菅野美穂、父親・坂東五十八役に生瀬勝久、祖母役は中村玉緒が演じる。 

    すみれの友人役には人気グループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子、谷村美月、田坂君枝。百田は映画「幕が上がる」でグループとして報知映画賞の話題賞を受賞するなどしているが、連続ドラマへの出演は初めて。 

    そのほか、すみれの姉役に蓮佛美沙子、坂東家に出入りする靴職人役に市村正親、 
    父の会社の番頭役に名倉潤、その息子役で生涯にわたってすみれを支える幼なじみ役に高良健吾が決まった。 

    5月下旬にクランクイン予定。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000078-sph-ent 
    スポーツ報知 5月16日(月)15時40分配信 

    20160516-OHT1I50049-T
    「べっぴんさん」のヒロイン・坂東すみれを演じる芳根京子
     
    【次期NHK朝ドラ「べっぴんさん」共演陣発表…母親役に菅野美穂、友人役にモモクロ・百田夏菜子ら】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/05/12(木) 10:30:08.95 ID:CAP_USER9
    NHK大河ドラマ「真田丸」が、8日放送分で19・1%をマークし、これまで日曜夜8時は独壇場だった日本テレビが誇る看板番組「世界の果てまでイッテQ!」(同17・8%)をついに追い抜いた。 

    「ここ最近は視聴率で『真田丸』とまさに接戦でした。その差はなくなって、ついに1週間前に並んだのです」(広告代理店関係者) 

    この1か月間の視聴率を比べてみると、4月3日がイッテ=16・0%、真田丸=17・5%、同10日がイッテ=17・5%、真田丸=17・1%、同17日がイッテ=19・4%、真田丸=18・3%、24日がイッテ=17・9%、真田丸=16・9%と、確かに“抜きつ抜かれつ”のデッドヒートだ。 

    「4月3日放送は『鉄腕DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり』という合体番組だったため、厳密な比較はできないが、5月1日放送に関しては、イッテ・真田丸とも17・0%とまったくの“同率”でNHK内はお祭り騒ぎですよ。 
    なんたって天下の『イッテQ』と並び、その勢いでこのまま追い越すとみられていました」(制作関係者) 

    「真田丸」の好調の要因としては主役・真田信繁(幸村)役の堺雅人(42)よりも、父・昌幸役の草刈正雄(63)の好演といわれているが、最近は豊臣秀吉役を喜々として演じる小日向文世(62)の存在感も増してきた。 

    「確かに“小日向秀吉”の評判が良く、歴代の秀吉のキャスティングの中でもドンピシャと評判。 
    いまや主役を食ってしまったとさえいわれています」(ドラマ関係者) 

    そしてついに、真田丸が追い越し、今後も視聴率アップが確実視される関ヶ原の戦いや大坂夏の陣など、見どころ満載。 
    NHKが“裏番組”の強敵「イッテQ」を撃破した形だ。対する日テレ側は対応策が迫られる。 

    「『イッテQ』は今の日テレの視聴率3冠王を支える礎の番組。それが『真田丸』に負けたとなれば、日テレの勢いも止まりかねない。 
    断念していたイモトアヤコのエベレスト登頂企画の再始動で迎え撃つ覚悟です」と関係者は気を引き締めている。 

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/539395/ 
    2016年05月12日 10時00分 

    a2caa7a9b25742efbed3913dd18f77a0
     
    【小日向秀吉が強敵「イッテQ」抜いた!高視聴率の「真田丸」にNHKはお祭り騒ぎ】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/05/10(火) 09:37:37.47 ID:CAP_USER9
    これがあの“モテ男”福山雅治に対するコメントだろうかと耳を疑いたくなる批判が並んだ。フジ月9「ラヴソング」初回放送後の反応である。 

    「年齢的に無理がある。父と娘にしか見えない」「二重アゴだし腹も出ていてビックリ。福山の劣化すごい!」 

    おまけにヒロインの藤原さくらに対しても「福山と同じ事務所の新人。 
    バーター出演としか思えない」という批判が集中し、結局、初回視聴率も10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、月9史上最低を記録した前クール「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の初回11.6%さえも下回ってしまった。 

    第2話以降も視聴率は上がらず、10%割れを続けている。 

    「フジテレビとしては大誤算でしょう。全話平均視聴率21.9%を叩き出した『ガリレオ』のスタッフ陣まで再結集させて、これでもかと番宣を仕掛けて数字を取りにいったわけですから。 
    看板ドラマ枠である月9の存続にもかかわってくるかも」(テレビ関係者) 

    主演の福山にしても、このまま視聴率が伸びなければ“もはや福山では数字は取れない”とも言われかねない大ピンチだ。 
    実際、吹石一恵との結婚を機に“福山離れ”が起きているのは事実。ビデオリサーチ社が2月に実施したテレビタレントイメージ調査で、福山はランクを3つ下げて6位に転落している。 
    年末に行われた男性限定ライブも「15分でチケット完売」と発表されたが、実際はチケットがダブついていたのはファンの間では有名。福山の“神通力”は確かに弱まっているのだ。 

    「福山人気の凋落の原因は、47歳という年齢で、しかも結婚したにもかかわらず相変わらず“カッコいい路線”を守り続けている点に尽きる。 
    人生下り坂になった男の悲哀を演じるなど、年相応の役に路線転換するべき時期にきているんですけどね」(芸能ライター) 

    だが、撮影現場では福山の“カッコいい路線”は相変わらず。 

    「ホワイトデーには女優陣や女性スタッフに高級クッキーを配ったり、撮影の合間にはセットのギターで弾き語りしたり。共演陣やスタッフをキャーキャー言わせています」(テレビ誌記者) 

    このままこの路線を続ける限り、もはや福山では数字は取れないといわれるのも時間の問題か。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000014-nkgendai-ent 
    日刊ゲンダイ 5月10日(火)9時26分配信 

    img_fukuyama_02
    【このままでは月9最低確実…“福山離れ”はなぜ起こった?】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/28(木) 18:29:36.89 ID:CAP_USER9.net
    4月24日に放送された松本潤主演のテレビドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系)第2話の視聴率が、19.1%だったことがわかった。 
    同ドラマは第1話の視聴率を大きく上回ったという。 

    「2話で視聴率を下げてしまうドラマが多い中、『99.9』は初回15.5%から大きく数字を上げました。
    これは『半沢直樹』や『下町ロケット』の推移と似ており、今後は20%超えも夢ではありません」(テレビ誌記者) 

    また「99.9」は1話完結もので、今後も続編が量産できる内容のため、TBSは「相棒」(テレビ朝日系)のような人気シリーズとして、続けていくのではないかと予想されている。 

    しかしそんな中、一部の視聴者からは「99.9」の内容に対し、「『HERO』の検察を弁護士に置き換えただけ」「キムタクの役を松潤、松たか子の役を榮倉奈々が演じている」など、SMAP・木村拓哉が主演した作品と似ているという声が多く上がった。 

    「『99.9』はキムタクのヒットドラマ『HERO』(フジテレビ系)との類似点が数多くあります。 
    まず型破りな性格の主人公が現場検証に拘り真実に近づいていくという点、そして性格が真逆な女性相棒と個性的な仲間たち。 
    さらに第1話で描かれた“特殊な電灯の下では元の色と違って見える”というトリックは、 
    映画版『HERO』と内容がかぶっている等々、スタッフ側がキムタクのドラマを意識して制作している可能性は高いでしょう」(前出・テレビ誌記者) 

    今期ナンバーワン視聴率を記録している「99.9」。「HERO」で描かれた様々なヒット要因を盛り込んだことが、ドラマの成功へと結び付いたのかもしれない。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1122480/ 
    2016.04.28 09:59 アサ芸プラス 

    宇多田ヒカル - Can You Keep A Secret?
     
    【キムタクが松本潤になっただけ!「99.9」はあの大ヒットドラマをマネした?】の続きを読む



     o0637030713576283043
    【嵐・松本潤主演「99・9」初回視聴率15・5% 今期1位の好発進】の続きを読む

    FullSizeRender

    【嵐・大野、波瑠共演「世界一難しい恋」初回視聴率は12・8%】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@無断転載は禁止2016/03/22(火) 09:41:33.21 ID:CAP_USER*
    女優の有村架純(22)と俳優の高良健吾(28)が主演を務めたフジテレビ“月9”「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜後9・00)の最終回(第10話)が21日に放送され、平均視聴率は10・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。 

    第1話11・6%、第2話9・6%、第3話10・0%、第4話8・9%、第5話8・8%、第6話10・7%、第7話8・9%、第8話8・8%、第9話9・4%、第10話10・2%と推移し、全10話の平均視聴率は9・7%。 
    2014年4月クールの「極悪がんぼ」(全11話)が記録した期間平均9・9%を下回り、看板ドラマ枠“月9”史上最低となった。 

    「東京ラブストーリー」「Mother」などで知られるヒットメーカー・坂元裕二氏(48)によるオリジナル脚本で“月9”作品10本目。 
    東京という街にのみ込まれそうになりながらも必死に生きる6人の若者たちをリアルに描き、人間を掘り下げた骨太な群像ラブストーリーは高く評価された一方、リアルタイムの世帯視聴率としては苦戦した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000099-spnannex-ent 

    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主演を務める(左から)高良健吾、有村架純 
    20160322-00000099-spnannex-000-0-view
    【フジ“月9”「いつ恋」期間平均視聴率9・7% 「極悪がんぼ」下回る月9史上最低】の続きを読む

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/03/18(金) 15:40:28.77 ID:CAP_USER*.net
    ◆仮面ライダーアマゾンズ:「アマゾン」リブート作をAmazonで配信 “養殖と野生”2人のアマゾンが主人公 

    特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの4作目として1974年に放送された「仮面ライダーアマゾン」のリブート(再起動)作「仮面ライダーアマゾンズ」が制作され、Amazonの動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で4月から配信されることが18日、明らかになった。 
    “養殖と野生”、2人の対照的な仮面ライダーアマゾンが登場するというストーリーで、主人公の水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガを藤田富さん、鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファを谷口賢志さんが演じる。 

    仮面ライダーアマゾンは仮面ライダーシリーズの4作目で、そのビジュアルと他の仮面ライダーとは一線を画すワイルドなアクションで人気を集めた。 
    今年は同シリーズ生誕45周年で、仮面ライダーアマゾンズはその節目を記念して、Amazonプライム・ビデオのオリジナル作品として制作。 
    藤田さん、谷口さんのほか、ヒロイン役として、武田玲奈さん、東亜優さんらも出演する。 
    監督は石田秀範さん、田崎竜太さん、金田治さん、脚本は小林靖子さんが務めるなど、平成ライダーシリーズにゆかりがあるスタッフが集結した。 

    この日、東京都内で制作発表記者会見が行われ、主要キャストが登場。 
    演じる役について、藤田さんは「水澤悠はすごい引きこもりで、親に管理されて過ごしてきた人物。何か違うと自分の心の底の野生が言っていて、それが目覚めて、ライダーになっても、ライダーになった自分が何なのか、自分探しを常にしている役」と話し、「水澤悠を本気で演じきりたい」と意気込みを語った。 

    また、谷口さんは「最初にプロデューサーや監督に会って台本読みをした時、監督に『(演じるキャラクターは)人殺しでヒモでアル中です』って言われて。 
    僕は『そんなライダーいないと思います』と言ったら『いるんです』って言われて」と苦笑交じりに当時のエピソードを披露し、「仮面ライダーという日本が誇る偉大な作品であり、素晴らしい歴史を持った作品で、その作品に最大限の敬意を持ちながら、責任を持ちながら、配信だからできることを最大限に、挑戦を持って挑んできたい」と意気込んだ。 

    仮面ライダーアマゾンズは4月1日からAmazonプライム・ビデオで配信開始。毎週1話更新で全13話予定。  

    写真: 
    公開された仮面ライダーアマゾンアルファ(左)と仮面ライダーアマゾンオメガ 
    NyGRmj2

    【アーマーゾーン!(Amazon)が『仮面ライダーアマゾン』のリブートを配信 “養殖と野生”2人の主人公(画像あり)】の続きを読む

    50977069
    【【ドラマ視聴率】「ダメな私に恋してください」深キョン&ディーンのラブコメ 最終回視聴率は10.0%】の続きを読む

    このページのトップヘ