噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    ドラマ

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/03/11(金) 10:05:52.86 ID:CAP_USER*
    4月からスタートする連続ドラマ「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)に、俳優の伊藤英明が主演することがわかった。 
    同ドラマは、視聴率の苦戦が予想されるという。 

    「ドラマが放送されるのは、近年、『HEAT』や『お義父さんと呼ばせて』など爆死続きの火曜22時台です。 
    主演の伊藤はドラマに関して、『ヤバイ共演者の皆さんと共に、ヤバイドラマをお届けし、ヤバイ視聴率をとりたい』 とタイトルにかけてコメントしましたが、本当に悪い意味でヤバイ視聴率を取る可能性があります」(テレビ誌記者) 

    そんな「僕のヤバイ妻」のストーリーは、順風満帆な生活を送る主人公が、夫婦生活に息苦しさを感じ、不貞。 
    そして妻の殺害を計画する。しかし帰宅すると妻は血痕を残し、姿を消していた。 
    そしてそこから、夫も知らなかった妻の秘密が明らかになっていくというもの。 

    映画ライターによると、このストーリーがある映画に酷似しているという。 

    「夫の不貞、血痕を残して妻が失踪。そこから明らかになる妻の新事実など、このストーリーは、2012年に公開されたアメリカ映画『ゴーン・ガール』とそっくりなのです。同作品は元々映画ファンの間では有名でしたが、今年、不貞騒動のベッキーが謝罪会見にて、『ゴーン・ガール』の登場人物と衣装がほぼ同じということで話題となり、一般層へも広まりました。そのため放送後、視聴者から盗作疑惑をかけられるかもしれません」 

    脚本は「ストロベリーナイト」「ようこそ、わが家へ」(共にフジテレビ系)などを手掛けた黒岩勉のオリジナル作品となる。 
    はたして「僕のヤバイ妻」は、「ゴーン・ガール」のイメージを吹き飛ばすほどの展開で、 
    視聴者を惹き付けることができるだろうか。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_7722/ 

    伊藤英明 
    20160311ito
    【伊藤英明主演のフジ新ドラマが「HEAT」を超える“ヤバイ視聴率”になりそう!?】の続きを読む

    1 : ニライカナイφ ★@転載は禁止2016/03/09(水) 07:12:14.34 ID:CAP_USER*
    ◆『あさが来た』 ヒット要因にイケメンリレーという新法則 

    NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』が放送終了まであと1か月を切るなかで、好調をキープしている。 
    ヒットの要因は数々言われているが、これまでの朝ドラではあまりなかった“イケメンリレー”も人気を後押しした。 
    コラムニストのペリー荻野さんが、放送を振り返りながら、ヒットのカゲにあった新手法について解説する。 

    いよいよ物語も大詰めとなってきた『あさが来た』。 
    先日、最終収録が終わり、主演の波瑠は涙涙だったそうだが、通常、ラスト収録は立ち会った報道陣に公開されるのが、今回は未公開。 
    どうやら、最後の最後まで「ぴっくりぽん」が用意されている様子。話題作りのダメ押しもしっかりしている。 

    『あさが来た』については、スタート当初からヒット朝ドラマの鉄則をしっかり研究したドラマだということがよくわかっていた。 

    その鉄則とは「最高視聴率62.9%を記録した『おしん』のような女の一代記ものであること」「『あまちゃん』のじぇじぇじぇのように、びっくりぽんという合言葉があること」 
    「『カーネーション』の綾野剛のように、ヒロインの前に結婚相手とは違う第二の男五代友厚(ディーン・フジオカ)がいること」 
    「苦労して作ったウイスキーが高く評価された晩年の姿を第一話冒頭にもってきた『マッサン』のごとく第一話のはじめのシーンで女子大で堂々と語る晩年のあさの姿を出して、ドラマの着地点を見せていたこと」などなど。 

    そして重要なのが、イケメンのリレーが出来上がっていたことである。 
    当初、あさの前に現れた許嫁の新次郎。玉木宏はおっとりしたぼんぼんで、頼りないが笑いのわかるいい男。 
    ふたりの結婚エピソードとともに、彼らを応援する祖父が林与一、新次郎の父が近藤正臣と、昭和を代表するイケメンスターが、私を含めて昭和世代の胸を騒がせた。 
      
    続いて登場した五代友厚。 
    ディーン・フジオカ人気が沸騰。また、雁助(山内圭哉)とうめ(友近)、亀助(三宅弘城)とふゆ(清原果耶)の関係にも注目させる。 
      
    五代亡きあとは、女子大設立を目指すぼさぼさ頭の熱血教育学者成澤役の瀬戸康史が登場。 
    瀬戸といえば、昨年の大河ドラマ『花燃ゆ』では、悲劇的な最期をとげる吉田稔麿役で見せ場たっぷり。 
    Eテレでは『グレーテルのかまど』でスイーツを作って女子からも人気を博す。 
    イケメンリレーのバトンをしっかり受け取って走っている。 

    そして、イケメンリレー最終走者ともいえるのが、あさの娘千代の前に現れた東柳啓介(工藤阿須加)である。あさが暴漢に刺され入院した病院で出会った女学生の千代と帝大生の啓介。 
    詰襟の啓介は倒れ込んだ千代に手を貸し、彼女はドキドキ。 
    その後、病院の水場で彼が不器用にリンゴをむいていると、今度は千代が手助けする。 
    彼が「べっぴん」と言うと顔を赤らめる千代だが、「リンゴのことだよ」…って、少女マンガですな、これは。 
      
    実はこの啓介の存在も、ヒット朝ドラマの鉄則に則っている。 
    朝ドラマでは過去にも学生服姿で登場してブレイクしたイケメンが多くのいるのである。 
    古くは1967年の朝ドラマ『旅路』の横内正、1984年『心はいつもラムネ色』の新藤栄作、2000年『オードリー』の佐々木蔵之介…。 
    『あさが来た』はイケメンリレーという新しい朝ドラマの鉄則と、過去の成功例の踏襲というふたつの路線でがっちりファンをつかんだ。 
    工藤阿須加が最後までどうなっていくか。最終ランナーの走りに注目だ。 

    写真:イケメンリレーでは五代さまの存在感は大きかった 
    20160309-00000011-pseven-000-1-view

    NEWS ポストセブン 3月9日(水)7時0分 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160309-00000011-pseven-ent
    【NHK朝ドラ『あさが来た』 ヒット要因にイケメンリレーという新法則】の続きを読む

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ヒッナー c7e9-3O3S):2016/03/03(木) 12:18:43.50 ID:xsGK0FZ800303.net 2BP(1001)

     女優の前田敦子が4月20日からスタートするTBS系連続ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(毎週水曜 深0:10※テッペン!水ドラ!!枠) に主演することが2日、明らかになった。同局初主演となる前田は、“超恋愛体質”の政治記者・毒島(ぶすじま)ゆり子役を演じる。 
     俳優・新井浩文を相手に二股恋愛や不倫など“夜の昼ドラ”とも言えるドロドロエンターテインメントを展開していく。 

     ドラマのテーマはずばり「恋愛」そして「政治」。前田演じるゆり子は、大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながらも、幼い頃に父親 に裏切られた経験から男を信じることができず、誰かと恋愛をするときに「彼氏を二人作る」という極端なルールをつくっていた。 
     そんな彼女がライバル会社のエリート記者で既婚者の小津翔太(新井)と恋に落ち、壮絶な最後を迎えるまでを描く。 

     これまでにない大胆かつ濃厚なラブストーリーに体当たりで挑む前田は「初めて台本を読んだ時『ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?』 と思った反面、『ここまでやっていいんだ。おもしろいな!』と感じました」とコメント。ゆり子について「自分とは全く違うキャラクターですし、 開き直って“せきらら”なゆり子の恋愛や働きぶりを演じて、この役を楽しめたらいいな」と意気込んでいる。 

     また、この他キャストとしてゆり子の二股を容認して長年、彼氏であり続ける幅美登里にロックバンド・黒猫チェルシーの渡辺大知、ゆり子が 担当する大物政治家・黒田伝助に片岡鶴太郎、ゆり子の取材先である政治家に上神田に山崎銀之丞、秘書に橋爪淳などが起用された。 

     前田は「世の中の女の子の姿をすごくリアルに描いているので、『そうだよね』と共感していただける部分もあると思います。 
     コミカルな描写も多いですし、ゆり子の生活の裏側を覗く感じで気軽にみていただけたら」と呼びかけている。 

    http://www.oricon.co.jp/news/2067823/full/ 

    2067823_201603030708780001456962269c
    【元アイドル前田敦子、主演ドラマで複数の男とやりまくるビッチ役に】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/03/03(木) 15:41:47.24 ID:CAP_USER*.net
    高視聴率を記録しているNHK連続テレビ小説「あさが来た」に元AKB48で女優・大島優子(27)が出演することが3日、同局の公式ツイッターで発表された。 
    大島はNHKのドラマ初出演となる。 

    女性解放運動に奔走するなど、女性の地位向上に立ちあがる平塚明(後の平塚らいてう)役で、3月26、29、30日の放送回に出演する。 

    佐野元彦プロデューサーは公式ツイッター上で 
    「あさが次世代にバトンを渡す時がきました。女性の地位向上に立ち上がる平塚らいてう役に大島優子さんが登場。『あさが来た』は最後まで攻めます!」とコメントした。 

    同ドラマの主題歌「365日の紙飛行機」はAKBが歌っており、AKB勢の出演が当初から期待されていた。 
    昨年8月の主題歌発表の席でも、佐野元彦チーフプロデューサーがAKB勢の出演について
    「合う役があれば相談していきたい」と前向きに語っていた。 

    加野屋の中番頭・亀助と結婚した奉公人・ふゆを演じた清原果耶が、亀助とふゆの娘・ナツとして再登場することも発表された。 
    4月2日放送回に出演予定。 

    公式ツイッターでは2日、「【あさが来た】明日午後3時に重大発表」と予告していた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000062-dal-ent 

    大島優子 
    20160303-00000062-dal-000-view
    【大島優子、朝ドラ「あさが来た」出演決定! NHKドラマ初登場】の続きを読む

    1 : casillas ★@転載は禁止2016/02/17(水) 23:16:12.60 ID:CAP_USER*
    4月スタートの福山雅治主演の連続テレビドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時~)のヒロインを、デビュー1年の新人アーティスト・藤原さくらが務めることがわかった。 
    昨年9月、吹石一恵と入籍した福山にとって入籍後初の連ドラ主演となるだけに、早くも注目が集まっている一方、藤原のヒロイン起用に一部芸能事務所関係者からは「結局バーターか」と怒りの声が聞こえてくる。 

    『ラヴソング』は福山演じる元ミュージシャン・神代広平が、障害を持つヒロイン(藤原)と出会い、心を通わせながら人生を取り戻していくというストーリー。 
    その藤原は、福山の所属事務所であるアミューズの新人とあって、肝心のヒロインが“バーター”であることに関係各所から不満の声が上がっているようだ。 

    「藤原は福岡出身のシンガーソングライターで、昨年3月にメジャーデビュー。高校在学中からインディーズでCDをリリースしているものの、まだ20歳になったばかりで芸歴も無に等しい。 
    今回の“フジ月9”枠に関しては、福山が主演するということだけはかなり前から決定しており、ヒロイン役のオーディションも長期間行われていました。 
    20歳前後の歌が歌える女性ということで、大勢の有名女優がこの役に手を挙げたのですが、結果的に選出されたのは藤原でした」(芸能事務所関係者) 

     同役をめぐっては、CMや映画と多数の出演をこなす小松菜奈など、大手事務所所属の若手がこぞってオーディションを受けていたものの、最終的にフジは“バーター出演”を決定してしまったのだという。 

    「プロデューサーをはじめ、制作陣に愚痴をこぼす事務所関係者も多かったと聞きます。藤原はギターの弾き語りができ、さらに福山本人も彼女を推薦したと釈明していたものの、年が明けてから公開された台本を見ると、ヒロイン役の名前は藤原と同名の『さくら』。 
    もはやアミューズのプロモーションドラマといわれてもおかしくない配役だけに、苦情が殺到するのは当然でしょう」(同) 

     なお、他共演者では「菅田将暉、田中哲司、水野美紀と実力陣がずらり。小松と同じスターダストプロモーション所属の夏帆は、かなり早い時点で出演が決定していたもよう」(同)。 

     近頃では、第2話で平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など、視聴率低下が著しいフジ月9。 
    事務所関係者にとっては憤まんやる方ない今回のキャスティングだが、肝心のその視聴率が気になるところである。 

    news_xlarge_BBQ_fujiwarasakura
    【福山雅治の新フジ連ドラ、ヒロインに無名20歳起用で批判噴出…露骨なバーター出演か】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/02/15(月) 10:17:38.93 ID:CAP_USER*.net
    2月8日放送のフジテレビの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第4話の視聴率8.9%に下落。 
    早くも2回目の2桁割れを記録してしまった。 
    一方で水10ドラマの「フラジャイル」は同じ第4話の比較で9.7%と圧勝。 
    フジテレビにおけるドラマの序列をひっくり返す勢いなのである。 
    テレビ誌のライターが説明する。 

    「内容が暗すぎると先行きが危ぶまれていた『いつ恋』ですが、第4話では主人公・高良健吾の二股がクローズアップされ、女性ファンのヒンシュクを買っています。図らずも世間を騒がせている『ゲスの極み乙女。』川谷絵音や狩野英孝とイメージが被ってしまい、現実世界だけでなくドラマにまでゲス男が登場するのかと、視聴者を呆れさせているんです」 

    ただでさえ昨今のドラマは、女性ファンが視聴率を支えるもの。 
    もちろんWヒロインの有村架純と高畑充希、そして森川葵という美人女優3人を目当てに観る男性ファンもいるが、現状のストーリーでは女性ファンも男性ファンも取り込めない恐れが強そうだ。 
    テレビ誌のライターが続ける。 

    「男性ファンは可愛い女の子の笑顔を見たいのに、女優陣はいずれも暗い表情ばかり。 
    高畑は年齢に見合わない年増っぽい衣装を着せられ、老人ホームでの制服姿が色っぽいと話題の有村も今以上に肌を見せる様子は見られません。それでいてイケメン俳優の高良がゲス男ぶりを発揮するだけでは、視聴者のモヤモヤが増大するだけです」 

    平均視聴率はなんとか10.0%をキープしているものの、「フラジャイル」も同9.8%と大健闘。 
    次回の数字次第では、低視聴率の代名詞的な存在だった水10ドラマに負けるという、フジテレビ内での下克上が発生しそうな勢いだ。 

    このままでは「いつかこの低視聴率を思い出してきっと泣いてしまう」ハメになりかねず、悪い意味で目が離せないのである。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52746/ 

    有村架純 
    20160215arimura
    【有村架純主演の月9が局内2番手に陥落!高良健吾の二股疑惑で大爆死決定か!?】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/10(水) 18:07:08.21 ID:CAP_USER*
    2月5日に放送された綾瀬はるか主演のテレビドラマ「わたしを離さないで」(TBS系)第4話の視聴率が7.4%だったことがわかった。 
    今回の放送では、綾瀬の色っぽいシーンが目立っていたという。 

    「第4話は、大人になった綾瀬演じる主人公が性に目覚め、男の部屋に駆け込みベッドシーンを演じたり、成人向け雑誌を何冊も所有し始めるなど、露骨なシーンを連発しました。同ドラマは今期の中で特に低視聴率が叫ばれており、ここで綾瀬が一肌脱いで盛り返したかったところでしょうが、結果的に先週より数字は下がってしまいました」(テレビ誌記者) 

    今回の内容に視聴者からは 
    「無駄なお色気シーンはいらない」「お茶の間が気まずくなる!」といった厳しい声も上がっていた。 

    またこの日は、桐谷美玲主演のドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」(テレビ朝日系)の放送が開始され、 
    23時台ながら、視聴率では「わたしを離さないで」を上回る7.8%を記録した。 

    「臓器提供という重苦しいテーマを扱った『わたしを離さないで』に対して、桐谷主演の『スミカスミレ』は、老人が45歳若返るというコメディドラマです。やはり週末の視聴者は、気軽に観られる作品を好みますから、それが視聴率にも結びついたのでしょう。そして今回、『わたしを~』は、深夜ドラマの桐谷にさえ視聴率が負けてしまったため、綾瀬サイドの心中は穏やかではないでしょう」(前出・テレビ誌記者) 

    昨年は主演ドラマ「アンダーウェア」(フジテレビ系)の放送を打ち切られ、屈辱を味わった桐谷。 
    だがこのまま先輩女優の綾瀬に勝利し続ければ、その汚名を返上することとなるかもしれない。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52552/ 

    綾瀬はるか 
    20160210ayase
    【綾瀬はるか、色っぽいシーン連発も桐谷美玲主演の深夜ドラマに視聴率敗北!】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/05(金) 10:04:50.36 ID:CAP_USER*
    1月29日に放送された沢尻エリカ主演のスペシャルドラマ「大奥・第2部 悲劇の姉妹」(フジテレビ系)の視聴率が9.2%だったことがわかった。 
    同ドラマは第1部も低視聴率に苦しんでいた。 

    「沢尻エリカが時代劇デビューとして選んだのが、悪女と聖女の2役を2週に渡って演じ分けた 
    今回の『大奥』です。しかし1週目はAKB48の渡辺麻友と女同士による禁断の関係を描いたことで 
    話題にはなりましたが、視聴率は9.6%と奮いませんでした」(テレビ誌記者) 

    そして「大奥」2週目は、大奥入りした姉妹ものを描き、物語の最後には蓮佛美沙子演じる妹が、 
    自決するという衝撃の展開を迎え、視聴者を驚かせた。 

    さらに今回は、「大奥」シリーズにおいて、姉妹を軸に物語を展開するのは初だったこと、 
    そして裏番組が弱いことで、一部からは今度こそ高視聴率が取れるのではと期待されていたという。 

    「かつては高視聴率当たり前だった『大奥』ですが、今回は2週とも視聴率1ケタという 
    悲惨な数字となりました。また1週目は、裏の日テレにてジブリ映画の『魔女の宅急便』が 
    放送されていたため、低視聴率でも仕方がないと言い訳ができましたが、2週目は、 
    強力な裏番組が無かったにも関わらず、さらに数字を下げてしまった。沢尻側は、今後、 
    女優としての幅を広げるため、『大奥』で華々しい時代劇デビューを目論んでいたようですが、 
    終わってみれば厳しい結果が残りました」(前出・テレビ誌記者) 

    今回、視聴率が苦戦したことで、沢尻は時代劇の世界からは当分、“追放”となりそうだ。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52152/ 

    20160205sawajiri
    【ジブリがないのに!沢尻エリカ「大奥」、2週連続の爆死で時代劇から追放!?】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@転載は禁止2016/02/03(水) 06:40:49.18 ID:CAP_USER*
    2016年2月3日 06:00 

    赤塚不二夫「天才バカボン」を原作とした実写ドラマが、日本テレビ系にて3月に放送されることが決定。 
    バカボンのパパ役をくりぃむしちゅーの上田晋也が、バカボンをおかずクラブのオカリナが演じる。 

    実写ドラマ版「天才バカボン」では2016年を舞台に、原作の世界観や昭和のよき雰囲気を残しながらストーリーが展開される。 
    バカボンのママ役は松下奈緒、ハジメちゃん役は子役・早坂ひらら、レレレのおじさん役は小日向文世、おまわりさん役は高嶋政伸が演じることも明らかになった。 

    去る2月2日には東京・東京タワーにてドラマの制作発表が行われ、上田、オカリナ、松下、早坂が登壇。節分の日にちなんだ寸劇を披露したり、東京タワーに訪れていた一般客に豆を撒くなどして会場を盛り上げた。 

    松下は今作の実写化について「正直『本当にできるのかな』と私も思っていたんですが、大変よくできました!」とドラマの出来栄えに太鼓判を押す。 
    オカリナは「私、31歳の女なんですよ。それで少年の役をやるっていうのが……(笑)」とキャスティングに戸惑いを隠せないでいると、上田から「オカリナと松下さんって同い年なんですよ」と明かされ、会場からは驚きの声が上がっていた。 

    上田はドラマについて「僕の演技は2点なんですけど、ほかの人たちが100点満点以上なので素晴らしい作品になったと思います」とアピール。 
    自身の衣装については「ほぼ普段着に近い。ユニフォームみたいなもんですよ」と笑顔を見せた。 

    またオカリナは「天才バカボン」の魅力について「一生懸命に生きてる人って、他人を元気づけたり喜ばせたりすることができるじゃないですか。 
    『バカボン』に出てくる人ってみんな一生懸命なんですよ。 
    それが皆さんに長く読まれている秘訣なのかなと感じました」と考えを述べていた。 


    ・実写ドラマ版「天才バカボン」制作発表の様子。 
    news_xlarge_DSC_6451


    【「天才バカボン」が実写ドラマに!パパ役は上田晋也、バカボン役はオカリナ】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/03(水) 11:18:40.69 ID:CAP_USER*
    TBS系列で放送中の、「ダメな私に恋してください」では、 
    彼氏なし、仕事なし、貯金なしの30歳というダメ女役を演じる深田恭子(33)が、ファンから大絶賛されている。 
    放送のたびにネットには「死ぬほどかわいい」「深キョンのコスプレ、ヤバすぎ」などのコメントが並び、先月21日にはあのホリエモンまでもがツイッターで 
    「深田恭子は若い頃よりいまのほうが綺麗になったと正直思う」と発言するなど、アイドル性を再認識させている。 

    「昨年の『セカンド・ラブ』での不倫に溺れる教師役、単発ドラマでの弁護士役、映画『ジョーカー・ゲーム』で 
    亀梨和也とのラブシーンを演じるなど、アダルト路線続きだった。それが今回の『ダメな私に恋してください』では 
    一転、本来の持ち味であるラブコメで“らしさ”を発揮して、昔からのファンに喜ばれているようです」(芸能ライター) 

    だが、視聴率はイマイチ。 
    初回が9.0%、第2話が9.3%、26日放送の第3話は8.2%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と 
    低空飛行を続けているのだ。 
    その理由はどうやら、深田が“かわいすぎる”点にあるようで、特に女性視聴者からは「(深田が演じる)ミチコは貧乏なくせに高そうな服を着て、化粧バッチリ過ぎ」「こんなかわいい子がバージンなんてありえない」と、リアルさが感じられない設定への不満の声が集まっているという。 

    視聴率挽回のために局側はしつこく番宣を放り込むが、軸になるのはもっぱらNHK朝ドラ「あさが来た」で人気急上昇中のディーン・フジオカ。 

    「撮影現場は出演者たちが撮影の合間にボクシングのトレーニングをするなど非常に和気あいあいとしているが、それはボクシング経験者のディーンの発案。撮影中もディーンは演技について提案してみるなど積極的で、 
    現場のリーダー的存在です」(テレビ関係者) 

    これでは“座長”としての立場がない。それどころか、最近では深田までもがフジオカに心酔気味だとの証言も聞かれる。 

    「瞑想が趣味というディーンに“教えてください”とお願いしては、ロケバス内とかで2人きりで瞑想しているそうです。 
    ディーンは既婚者ですから“間違い”はないと思いますが、深田はかなりディーンに夢中なようです」(前出のテレビ関係者) 

    過去にも何度か共演者との熱愛が噂された肉食系の深田。 
    ますますかわいく見えるのは、恋をしているからでは? とも思いたくなる。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000012-nkgendai-ent 

    ドラマ『ダメな私に恋してください』 
    20160129-00000006-rnijugo-000-0-view
    【かわいすぎる深田恭子がアダ? 「ダメ恋」伸び悩みのワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ