噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    前田敦子

    1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2016/08/12(金) 09:14:19.09 ID:CAP_USER9.net
    元AKB48の前田敦子(25)の女優としての活躍が続いている。 
    今年春にTBS系連続ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」でセクシーな演技に挑戦して話題になったが、今度はフジテレビ系オムニバスホラードラマ「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」(20日午後9時放送)の中の「夏のしらせ」に主演する。 
    父の愛がテーマの感動作。 
    このほど都内で収録が行われた。 

    「ほんとにあった怖い話」は99年から放送がスタートした同局の夏の定番ドラマ。 
    前田も子供のころから見ており、「毎年夏休みの思い出になってました。楽しみなんですけど、やっぱり怖いので、見る前にお風呂に入り、怖いシーンになってもそのまま寝られるように、ふとんをかぶってのぞくように見ていました」。 

    12年8月にAKB48を卒業してから4年。 
    先月には25歳になった。 
    「今が一番幅広く、いろいろな役ができる年齢なのかなと思っています」。 
    「毒島ゆり子のせきらら日記」では不倫する新聞記者を演じ、ベッドシーンにも挑戦。 
    アイドルから本格女優へ着実にステップアップしている。 
    役の広がりもあって「CDイベントでも、同年代や年下の女の子が増えました。今更ですけど、やっぱりテレビの影響力ってすごいなと感じています」。 

    充実の日々を送るが、貪欲さは失っていない。 
    「これまではフリーターの役などが多く、あまり職業に就いたことがないんです。医師、警察官、保育士とか、いろいろやってみたい」。 
    今後も、女優あっちゃんのさまざまな顔を楽しめそうだ。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000045-nksports-ent 

    前田敦子 
    w720_9948b62fc4e1d9e08ea6e9cdb79fb58d86cbf1ecc23fce02
     
    【前田敦子、アイドル脱皮 セクシーから感動作まで本格女優へ着実にステップアップ】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/06/29(水) 12:21:09.83 ID:CAP_USER9
    元AKB48の前田敦子が、ソロデビュー5周年を記念して発売した1stアルバム「Selfish」をリリースしたが、初日売り上げの時点から大苦戦が報告されている。 

    6月21日付のオリコンデイリーアルバムランキングで同アルバムは初登場7位にランクイン。 
    かつて、AKBのエースを張っていた前田としてはかなり期待外れな結果に終わってしまった。 

    「同日発売のKis-My-Ft2のニューアルバム『I SCREAM』が約11.9万枚を売り上げ1位となりましたが、ジャニーズで勢いのあるキスマイに負けるのはともかく、4位にはアイドルグループ9nineのベストアルバムが入っています。 
    AKBを卒業した前田といえども、国民的アイドルグループの元センターが格下の9nineに初動で完敗してしまったのには驚きです」(エンタメ誌記者) 

    その後も数日、デイリーランキングで7~9位をうろちょろしている前田のソロアルバムだが、この結果を知ったネット民たちは、 
    「前田レベルでもAKBを出たら、真っ先に応援する価値はないってこと」「女優気取りだったのに、歌手としても成功したいのか?」「あの歌唱力で二刀流は自惚れすぎだろ!」など、ヒットしないのは当たり前といったムードが充満している。 

    「確かに二刀流で成功するポテンシャルではありませんね。ソロとしての歌唱力は決して高くはなく、過去に生放送歌番組に出演した際には放送事故レベルの扱いでした。 
    6月22日に最終回を迎えた前田主演の連ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)では濃厚なキスシーンなど艶シーンにも体当たりで挑んだことが評価されていただけに、女優に専念したほうが人気が数値化されないぶん、無難な気がしますが‥‥」(前出・エンタメ誌記者) 

    二兎を追う者なんとやらにならなければいいが。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1153661/ 
    2016.06.29 09:59 アサ芸プラス 

    711a4083
     
    【あの歌唱力で二刀流?前田敦子の1stアルバム大爆死に「自惚れすぎだろ!」】の続きを読む

    1 : ジョーカーマン ★@無断転載は禁止2016/06/27(月) 12:28:35.81 ID:CAP_USER9
    元AKB48で女優の前田敦子が25日、金髪のような明るい髪色にイメチェンした姿でHKT48の指原莉乃と写るツーショットを自身のInstagramで披露し、 
    「あっちゃん金髪もかっこいい!」「何だかEXILEさんの方がしてそうな感じに見えます。写真のあっちゃん男前」と反響を呼んでいる。 

    「さしちゃんかっこいいよ」というコメントを添えて同写真を掲載した前田。 
    黒髪のイメージが強い前田が、この写真では金色に近い髪色にし、額を出したヘアースタイルでピースサインをキメている。 
    指原も自身のTwitterで「アモーレとご飯してました」とコメントを付けて同様の写真を紹介している。 

    ファンからは「あっちゃんは黒髪!!! だと思ってたのに…この髪色も似合いすぎる可愛すぎるーーーー!!!!」「あっちゃん髪染めたの!衝撃!笑」「似合ってますね(^o^)」「髪色明るいあっちゃんかわゆい」「めっちゃかっこいい」など絶賛の声が寄せられている。 
    一方で「黒髪似合ってたのになー…>_<」「あっちゃんは黒髪がいいぞ」と残念に感じる人もいるようだ。 

    前田は、超恋愛体質の主人公を熱演し濃厚なラブシーンに挑戦したドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)が22日に最終回の放送を迎えたばかり。 
    指原は、第8回AKB48選抜総選挙(6月18日開票)で史上初の二連覇を達成し話題になっている。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000018-flix-ent 

    「金髪」前田敦子と指原莉乃 
    ClzWFGhUoAAAthy

    【前田敦子、金髪にイメチェン!? EXILE風の男前ショットにファン衝撃「あっちゃん金髪もかっこいい!」】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/06/22(水) 08:09:52.24 ID:CAP_USER9
    フジテレビがついに大英断を下すのか――。 

    「電気の無駄遣い」などと散々批判を浴びてきた『27時間テレビ』を、来年は『AKB48選抜総選挙』と合体させて放映させるプランを検討し始めた。 

    「当初は『今年で最後の27時間テレビ』と銘打つ予定でしたが、後番組がないことにフジ幹部がいまさらのように気が付いたわけです。 
    すでにAKB運営元のAKSやAKB総合プロデューサーの秋元康サイドにも内々に打診をしています」(テレビ局関係者) 

    フジが27時間テレビとAKB総選挙を合体させることを思い立った理由は、後者の高視聴率にあるという。 

    「18日に放送された今年の総選挙の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)は、 
    第1部(午後6時30分~6時59分)は6.2%、第2部(7時~8時50分)は8.7%、第3部(8時51分~9時24分)は17.6%。今年の4月編成が大失敗しテレビ東京にまで純売上で負けるなか、この数字は大金星だ。 
    しかも、総選挙の数字が良かったのは今回だけではなく昨年も同様で、いまやフジが誇る鉄板コンテンツになりつつあるんです」(フジ関係者) 

    さらに仰天プランも取り沙汰されている。2012年にAKBを卒業し現在は女優として活動中の前田敦子が、スーパー・プロデューサーに就任しAKBに復帰するというのだ。 

    「総合プロデューサーだった秋元康氏が間もなく引退を発表する。後継者に指名するのが前田です。前田の位置づけは、たとえていえば読売ジャイアンツの長嶋茂雄・名誉監督のような存在です。どんなかたちでAKBと絡むのかは現在、思案中です」(別のフジ関係者) 

    どんなかたちにせよ、早くもAKBへの復帰話が浮上した前田。 
    背景にあるのはファン離れが止まらない上に仕事量がAKB時代の半分以下に激減したという厳しい現実だ。 
    かつてグループの “絶対的エース”として君臨していた頃の勢いは感じられない。 

    「いまでこそ女優と名乗っているが、いまだにヒット作はなし。ここ最近も連続テレビドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系/15年)でヒロインを演じたが今ひとつ。 
    今クールの深夜帯の連ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)では過激ベッドシーンを披露したものの評判はイマイチ。 
    女優としてはかなり限界なところに達しているんです。前田にとってAKBは故郷のようなもの。 
    プロデューサー招聘を断る理由はありません」(別のテレビ局関係者) 

    いずれにせよ、今後も当分はAKBの動向から目が離せない 

    http://dailynewsonline.jp/article/1149528/ 
    2016.06.22 07:05 ビジネスジャーナル 

    8584fcaddb
     
    【前田敦子、女優活動限界でAKB復帰を検討…秋元康P、近々引退発表へ】の続きを読む

    1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2016/05/11(水) 17:04:31.45 ID:CAP_USER9.net
    AKB48卒業から4年。 
    女優・前田敦子(24)に熱い視線が注がれている。 

    「4月から始まった主演ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)が好調で、スタートは2%だった視聴率が3話にして1%アップしています。平日の零時過ぎのドラマでこの数字は凄い。今の勢いならさらに数字は伸びそうです」(放送記者) 

    コンセプトは“深夜の昼ドラ”。 
    たしかに過激なシーンが随所に出てくる。 

    「マエアツ演じる主人公の女性政治記者は“二股もいとわない恋愛体質”で常に恋人が複数いるという設定。実在する政治記者がモデルになっているとも噂されています(笑)。 
    深夜のターゲットである男性諸氏を満足させるべく、毎回のように下着姿があれば、リアルなキスの音や甘い吐息も聞ける。ネットでは“ここまでやるのか”と反響は 
    ヒートアップしています」(同前) 

    AKB時代はセンターを張った前田も、女優転身後は鳴かず飛ばず。 

    「最初は人気先行で仕事はあっても、女優の世界は甘くない。やはり実力が必要です。 
    前田は卒業翌年に主演したホラー映画が話題になった程度で、その後は女優業よりも男の話ばかりが話題になっていた」(映画関係者) 

    3年前に歌舞伎役者・尾上松也(31)との恋が発覚した。 

    「一時は両家公認で結婚の話も出ていましたが、松也の年上女性との浮気疑惑があったりして、 
    2人の仲はやがてギクシャクし出し、昨年末には破局が報じられた。前田もトーク番組で結婚の時期は『1回過ぎちゃったかもしれない』、『今は1人』と強調していた」(芸能デスク) 

    民放ドラマ関係者は、「そんな恋のケジメが今回の演技に繋がっている」と指摘する。 

    「離婚した女優が再出発にあたり、ヌードになったりするのと同じで、前田も恋が終わったことから
    心機一転、イメージチェンジを図ったのでしょう。深夜枠ドラマの主演はゴールデンに進出するための登竜門とも位置付けられている。前田もここで成功すれば、女優としてステップアップできる。
    AKBの後輩も続々と卒業しており、油断すれば足元をすくわれかねませんからね」(同前) 

    ドラマの世界でもセンターに立てるか。 

    <週刊文春2016年5月19日号『THIS WEEK 芸能』より> 

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160511-00006138-sbunshun-ent 

    『毒島ゆり子のせきらら日記』 前田敦子 
    mm160419-0042350300
     
    【“ここまでやるのか”前田敦子のセクシー深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』が大好評】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/04/22(金) 10:53:53.63 ID:CAP_USER*
    4月20日スタートのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で“超恋愛体質女”を演じる前田敦子。 
    毎回男性とのキスシーンがあることで話題になっているが、そんな前田の“ビッグでビックリ”な発言が聞こえてきた。 

    「前田は現在上映中の映画『モヒカン故郷に帰る』で主役の松田龍平の恋人役で出演しています。 
    AKB48を卒業してからの4年間で9本の映画に出演しており、その数は確かに多いのですが、 
    まさかこの映画の告知取材で『映画に出続けて歴史に名を残したい』『“前田敦子映画祭”のように名前が残る女優になりたい』などと言い出すとは思いませんでした。 
    自分を“女優”だと思っているようですが、女優の仕事をする“トウが立ったアイドル”ですよ。 
    夢を見るのは自由ですが、あまりのビッグ発言に現場スタッフからは『お前が言うな!』『映画を舐めている』『呆れ果てた』などとソッポを向かれた状態です」(映画製作会社関係者) 

    覆水盆に返らず。前田がスタッフの気持ちを取り戻すためには、誰もが認める女優に成長するしかないだろう。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1119741/ 
    2016.04.22 09:59 アサ芸プラス 

    b501523a
     
    【前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@無断転載は禁止2016/04/11(月) 10:50:29.39 ID:CAP_USER*
    前田敦子(24)が主演するTBSのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」は「恋愛」と「政治」をテーマにした異色ドラマ。 

    前田が演じる主人公は二股もいとわない超恋愛体質の新聞社に勤める政治部記者。 
    毎回、交際相手とのキスシーンがある予定で、前田は「こんなにたくさんキスするのは最初で最後かも」と語っている。 
    TBSの関係者によると共演の新井浩文(37)とのベッドシーンも既に撮影されたという。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000012-spnannex-ent 

    TBS「毒島ゆり子のせきらら日記」で新井浩文とラブシーンを演じる前田敦子 
    20160411-00000012-spnannex-000-0-view

    【前田敦子、ドラマで毎回キスシーン、ベッドシーンも既に撮影「こんなにたくさんキスするのは最初で最後かも」】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止2016/04/07(木) 07:19:38.98 ID:CAP_USER*
    幕が上がる前、東京・池袋にある東京芸術劇場の客席を見渡すと、生田斗真(31才)や山田優(31才)、木村カエラ(31才)など、よく知られた顔がちらほら。開演の直前には前田敦子(24才)も駆け込んできた。 

    芸能人たちが数多く詰めかけたのは、演出家・野田秀樹の最新舞台『逆鱗』の東京での千秋楽公演だった。 

    『逆鱗』は水族館の下に人魚が生息するという謎の伝説をめぐって展開される幻想的な物語。 
    主役の人魚を松たか子(38才)が演じるほか、阿部サダヲ(45才)、瑛太(33才)、井上真央(29才)ら豪華キャストが舞台せましと動き、泳ぎ回る演出が見どころで、チケットは即完売の人気舞台。 
    前田は松とCMなどで共演したこともある間柄ということもあって、千秋楽に足を運んでいたようだ。 

    「あっちゃんは勉強熱心で多い時は月に10作近くは舞台や映画を見ているんです。話題の舞台は欠かさないようですよ」(芸能関係者) 

    しかしこの日、前田は上演中に退席を余儀なくされた。暗がりの中、前田の元へ何度も劇場スタッフが訪れる。 
    集中して舞台を見ていた彼女は怪訝な様子を見せていたが、突然、客席を後にした。いったい何があったのか。 

    「前田さんはその日、目立たないようにするためか、全身黒ずくめの服装で、頭には黒いキャスケットを目深にかぶっていました。そのキャスケット帽が問題になってしまったみたいです。 
    何度も係員の人が彼女に耳打ちしていたのは、“帽子を取ってほしい”ということだったようです。なかなか応じない彼女は結局、追い出されるように席を立っていました」(居合わせた客) 

    舞台の上演中は帽子を取るのがマナーとされる。演技者への礼儀であり、なにより後ろの座席の客にとって観劇の妨げになりかねないからだ。会場では開演前に帽子を取ってくださいというアナウンスも流れる。 

    「観劇に来ていた他の芸能人はみんな、入場の時は帽子にマスクをしていても、会場が暗転するとすぐに帽子を取っていました。 
    でも前田さんは何度か注意されても、困ったような表情を浮かべるだけで、帽子を脱がなかったんです。 
    彼女は舞台マニアでよくいろいろな舞台で見かけます。いつもキチンとしているし、マナーを知らないはずないのに、何かあったんでしょうか…」(別の客) 

    しばらくすると、帽子を取って客席に戻ってきたという前田。舞台の幕が下りると、そんな“事件”はどこ吹く風、いたく感激した様子で拍手を送っていたという。 

    ※女性セブン2016年4月21日号 

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160407-00000009-pseven-ent 
    NEWS ポストセブン 4月7日(木)7時0分配信 

    20160407-00000009-pseven-000-1-view
    【前田敦子 マナー違反で劇場からいったん退席】の続きを読む

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ヒッナー c7e9-3O3S):2016/03/03(木) 12:18:43.50 ID:xsGK0FZ800303.net 2BP(1001)

     女優の前田敦子が4月20日からスタートするTBS系連続ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(毎週水曜 深0:10※テッペン!水ドラ!!枠) に主演することが2日、明らかになった。同局初主演となる前田は、“超恋愛体質”の政治記者・毒島(ぶすじま)ゆり子役を演じる。 
     俳優・新井浩文を相手に二股恋愛や不倫など“夜の昼ドラ”とも言えるドロドロエンターテインメントを展開していく。 

     ドラマのテーマはずばり「恋愛」そして「政治」。前田演じるゆり子は、大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながらも、幼い頃に父親 に裏切られた経験から男を信じることができず、誰かと恋愛をするときに「彼氏を二人作る」という極端なルールをつくっていた。 
     そんな彼女がライバル会社のエリート記者で既婚者の小津翔太(新井)と恋に落ち、壮絶な最後を迎えるまでを描く。 

     これまでにない大胆かつ濃厚なラブストーリーに体当たりで挑む前田は「初めて台本を読んだ時『ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?』 と思った反面、『ここまでやっていいんだ。おもしろいな!』と感じました」とコメント。ゆり子について「自分とは全く違うキャラクターですし、 開き直って“せきらら”なゆり子の恋愛や働きぶりを演じて、この役を楽しめたらいいな」と意気込んでいる。 

     また、この他キャストとしてゆり子の二股を容認して長年、彼氏であり続ける幅美登里にロックバンド・黒猫チェルシーの渡辺大知、ゆり子が 担当する大物政治家・黒田伝助に片岡鶴太郎、ゆり子の取材先である政治家に上神田に山崎銀之丞、秘書に橋爪淳などが起用された。 

     前田は「世の中の女の子の姿をすごくリアルに描いているので、『そうだよね』と共感していただける部分もあると思います。 
     コミカルな描写も多いですし、ゆり子の生活の裏側を覗く感じで気軽にみていただけたら」と呼びかけている。 

    http://www.oricon.co.jp/news/2067823/full/ 

    2067823_201603030708780001456962269c
    【元アイドル前田敦子、主演ドラマで複数の男とやりまくるビッチ役に】の続きを読む

    このページのトップヘ