噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    女優

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/02/19(金) 06:54:39.27 ID:CAP_USER*.net
    酒井若菜(35)が膠原(こうげん)病と闘っていることが18日、分かった。 

    25日発売の対談・エッセー本「酒井若菜と8人の男たち」(キノブックス)の中で明かしている。 
    昨年初めに発症し、同2月に診断されたという。 

    ◆膠原病(こうげんびょう) 全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称。 
    発病の原因は分かっておらず、体質、環境などいくつかの要因が重なって起こると考えられる。 
    関節や筋肉の痛み、疲れやすく、微熱が続くなどの初期症状がある。女性に多くみられる病気で、原因不明の発熱として発見されることが多い。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000003-nksports-ent 

    20121206104325
     
     
    【酒井若菜が「膠原(こうげん)病」闘病明かす 昨年初めに発症】の続きを読む

    1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/02/18(木) 11:57:31.99 ID:CAP_USER*.net
    シネマトゥデイ 2月16日(火)17時0分配信 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000023-flix-movi 
    松山ケンイチ主演で漫☆画太郎のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写化する映画『珍遊記』のシーン写真が公開され、伝説の僧侶・玄奘(げんじょう)を演じる丸刈り頭の倉科カナの阿修羅のような、衝撃的な“ガン飛ばし”姿が明らかになった。 

     原作は、1990年より週刊少年ジャンプで連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した大ヒット作。 
    天竺を目指して旅を続ける修行僧・玄奘(倉科)が、偶然立ち寄ったじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)の家で出会った悪名高き不良少年・山田太郎(松山)を更生させるべく引き取り、珍道中を繰り広げるさまが描かれる。 

     公開された場面写真で、目の色まで変えて怒り狂った阿修羅さながらの表情を見せる倉科が演じるのは、 
    徳を積む修行の旅を続けるなか、東の都で鬼退治をしたという噂を持つ伝説の僧侶。様々な法力を使って 
    困った人々を助ける一方で、子供に「かわいい」と言われてご機嫌になったり、彼氏との憧れのデートプランを 
    持つなど、ごく普通の女子的な一面も覗かせる。しかし、何かの拍子に突如キャラが豹変してしまうことも 
    しばしばで、本気モードに陥ると額に“第三の眼”が出現するという……。 

     キュートなイメージで知られる倉科だが本作では丸刈り頭に袈裟の出で立ちで、お下劣なセリフの応酬や 
    ド派手なアクションに挑戦。インタビューで個人的に使ってみたい玄奘の法力について聞かれ、 
    「簡単に移動できるという意味では、“転送(ファックス)”は使えるかもしれません」と答える。 
    その一方で、撮影から時間が経ちアフレコの為に様々な法力を絶叫している自分の出演シーンを見た時のことを、 
    「『私、何言ってんだろう……』とちょっと冷静になってしまいました(笑)」と振り返っている。(編集部・海江田宗) 

    映画『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9他にて全国公開 

    画像 怖っ!衝撃の表情の倉科カナ - (C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会 
    20160216-00000023-flix-000-7-view


    【丸刈りの倉科カナ、阿修羅のような“ガン飛ばし” 映画『珍遊記』】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/02/18(木) 05:30:05.94 ID:CAP_USER*.net
    2016.2.18 05:03 

    女優、小芝風花(18)が3月15日に初写真集「風の名前」(ワニブックス、3024円)を発売する。 

    昨年9月に高知で撮影。制服姿や体のラインが出たセクシー衣装に加え、スクール水着やビキニにも初挑戦。「水着はすごい抵抗があったけれど、頑張りました。 
    メークも衣装もナチュラルな感じで、今までにない姿を見ていただけると思います」とアピールした。 

    NHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・0)で、波瑠(24)演じるヒロインの長女役を好演中。 
    「20歳までに女優としての土台を作りたい。今年は人とのご縁を大切に、いろいろ挑戦したい」と意気込む。 

    3月20日正午から東京・福家書店新宿サブナード店で発売イベントを行う。 

    (紙面から) 


    gra16021805030001-p1


    【小芝風花、初写真集でスクール水着やビキニ挑戦「今までにない姿」】の続きを読む

    1 : 忍次郎 ★@転載は禁止2016/02/17(水) 18:05:40.96 ID:CAP_USER*
    金沢三文豪の一人である室生犀星が晩年に発表した小説を映画化した『蜜のあわれ』。 
    室生犀星自身を想起させる老作家と、彼が愛でる少女の姿に変貌する金魚との、無邪気かつエロティックな触れ合いを描いた作品だ。 

    二階堂ふみが、丸いお尻で自分のことを"あたい"と呼び、金魚から人間の姿に変貌する少女・赤子を熱演。 
    そして赤子と共に暮らす老作家役に大杉漣、また老作家の過去の女である怪しげな幽霊役には、真木よう子。 
    そして同時代に活躍した作家・芥川龍之介役には高良健吾、金魚売りの辰夫役に永瀬正敏と個性豊かな俳優陣が脇を固めている。 

    そしてこの度、金魚である少女・赤子と、幽霊・ゆり子の怪しげなふれあいをおさめた場面写真が解禁となった。 

    金魚の少女・赤子と、幽霊・ゆり子との艶やかな交流が印象的な今回の写真。 
    老作家の昔の女の幽霊役という難役に挑んだ真木は、赤子との共演シーンについて 
    「おじさまの浮気が発覚し泣きわめく赤子に対して、ゆり子が慰めるシーンは、すこし男性的な感性が働いたと思います。 
    それは純粋に、赤子に魅力を感じたからこその、自然な流れでした」と語っている。 

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~ 

    AOL News 2016年02月17日 12時00分 
    http://news.aol.jp/2016/02/16/mitsunoaware/ 
    maki
    【真木よう子が二階堂ふみを慰めるシーンがなんかエロい ・・・ 妖艶な雰囲気漂う場面写真解禁! 映画『蜜のあわれ』】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/17(水) 10:18:00.86 ID:CAP_USER*
    有村架純の実姉でグラドルの新井ゆうこが、初の姉妹での写真を公開した。 
    2月13日にツイッターにアップした画像では、二人ともにマスクを下側にズラしてスッピンっぽい顔を披露。 
    この画像にはファンから「美人姉妹だ!」「やっぱ似てるよね」などの賛辞が寄せられるなか、「どっちがどっちかわからない」という戸惑いの声もあるというのだ。 
    アイドル誌のライターが解説する。 

    「いくら姉妹とはいえ、有村は月9ドラマの主演女優で、新井は撮影会がメインのグラドル。 
    タレントとしての格が違い過ぎるのに見分けがつかないとは、有村には女優としてのオーラが欠けているのではという声があがっているのです」 

    その有村は、主演ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)が視聴率2桁割れと苦戦中。 
    このまま低迷が続くようであれば「低視聴率女優」のレッテルも貼られかねない。 
    しかも作品の内容が暗いために弾けるような笑顔を見せるシーンも少なく、ますますオーラを削がれそうな状況だ。 
    そんな有村姉妹の写真について、前出のアイドル誌ライターはこんな見方を示す。 

    「この姉妹は目元がそっくりですが、二人の違いを分けているのは顔の下半分なんです。 
    バランスよくふっくらしている有村に対し、新井は下方向に間延びしており、それが『妹ほど可愛くない』とされる要因。それが今回の写真では下にズラしたマスクが顔の長さを上手いこと隠しており、普段より美人度がアップしています。さらにスッピン効果も加わって、姉妹の似ているところばかりが強調されているわけです」 

    どうやら有村が劣化したのではなく、新井がマスク効果で可愛く見えているのが真相ということか。 
    そんな新井は着実に人気を高めており、3月発売のDVDでは海外ロケも行っている。 
    その勢いで二人にはぜひ、ツイッターにとどまらない共演を果たしてもらいたいものだ。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52871/ 

    姉妹での写真を公開した新井ゆうこ Twitterより 
    CbGgG-nUkAA-0uk
    【有村架純 姉との初姉妹ショットもどっちが本人かわからない件】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@転載は禁止2016/02/16(火) 05:21:40.01 ID:CAP_USER*
    2016.2.16 05:04 

    5日に医師(40)と結婚した女優、田中麗奈(35)が放送中のNHK主演ドラマ「愛おしくて」(火曜後10・0)で本格的なラブシーンに初挑戦することが15日、分かった。 

    田中はサンケイスポーツの取材に、同作で新たに挑戦したこととして「ベッドシーン」と告白。 
    16日放送の第6話で吉田栄作(47)を相手に、濃厚なキスを連発しながら吐息混じりに自らブラウスの胸ボタンを外し、相手を激しく求める妖艶なシーンを大胆披露する。 

    所属事務所関係者は「これほどの体当たり演技は初めて」と証言。 
    田中はベッドシーンに備えて「腹筋を作ったり体のラインを整えたりした」といい、
    「リハーサルでは実際に動きながら演技の構成を考えました」と自身のアイデアも反映させた。 

    田中演じる染物師が師匠(秋吉久美子、61)の恋人(吉田)に心ひかれる大人のラブストーリーで、複雑に入り組んだ愛憎劇を熱演中。 
    自身の恋愛観について「私自身はよい子でいようとしますけど、たまにわがままを言ったりして、それがちょっと変わったコミュニケーションになるんです」とキュートに明かした。 

    東京都内の病院の副院長と結婚したばかりだが、劇中では実際の挙式に先駆け結婚式のシーンもあるという。 

    (紙面から) 


    ・新妻になっても真摯な姿勢で演技に向き合う田中麗奈。 
    geo16021605040003-p1


    【結婚で新境地!田中麗奈が初の妖艶ベッドシーン、濃厚なキス連発】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/12(金) 17:08:31.47 ID:CAP_USER*
    1年を通じてテレビや映画で活躍した俳優が選ばれるエランドール賞で女優の有村架純(22)が新人賞を受賞したことで、再びあの女優に注目が集まっている。 
    女優、能年玲奈(22)だ。 
    NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主演ながら、すっかり有村に差をつけられた感も。 
    今年6月には所属事務所との契約が切れるとあって、その去就が取り沙汰されているのだ。 

    2年前、同賞に輝き、授賞式で笑顔をはじけさせた能年。 
    順風満帆に思えた前途は“独立騒動”で一転。能年は個人事務所を立ち上げ、心酔する演出トレーナーと独立を画策したと報じられる一方、所属事務所とのあつれきを指摘する報道も。 
    昨年は開店休業に等しい状態で、1年を棒に振った形だ。 

    「所属事務所としては、あくまで能年は自社のタレント。個人事務所も演出トレーナーのことも認めないし、話もしたくないというスタンスです」と芸能プロダクション関係者。 

    レギュラーだったラジオ番組も終わった今、ファンにとって、能年に触れることができるのがブログだ。 
    節分だ、紅茶店だと、連日写真満載で張り切って更新している。 

    節分の豆まき役と鬼役を自作自演した写真では、限界ギリギリの変顔を披露。 
    これにはネット上でも「今やガチのヤバイ人」と引き気味の反応がある一方、「はよ、ドラマ出てくれや 待っとるんや」と復活を切望する声も出ている。 

    気になる今後だが、 
    「6月には契約期限を迎える。事務所もこれは無視できない。恐らく弁護士を挟んでの話し合いになるでしょう。先行きはまったく不透明、そのときにならなければわからない。 
    一歩間違えれば引退もあり得る。まさに正念場です」と前出の芸能プロダクション関係者。 

    天然ともいえる能年のキャラクターを惜しむ声も多い。 
    あるバラエティー番組の関係者は 
    「トークが不安定でバラエティー泣かせでしたが、味のあるタイプ。『あまちゃん』当時は100年に一人の逸材と期待されていた。よい形に落ち着いて新たな能年玲奈を見せてほしい」と話す。 

    ファンの願いは届くのだろうか。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000020-ykf-ent 

    能年玲奈 
    20160212-00000020-ykf-000-1-view

    【気になる能年玲奈、今年が正念場 6月に契約期限 ライバル有村架純はエランドール賞】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@転載は禁止2016/02/12(金) 18:30:13.96 ID:CAP_USER*
    ドラマ『スミカスミレ』にて主演を務める女優の桐谷美玲が、12日にテレビ朝日のトーク番組『徹子の部屋』に出演。 
    桐谷は、数年前に韓国で占ってもらったという結婚時期が、現在の年齢にあたるようで「2年間は勝負です」と“結婚”に意欲的なようだ。 

    自身の結婚について、数年前に韓国で一度だけ占ってもらったという桐谷。 
    その占いによると“26歳から28歳の間に結婚する”という結果だったと明かし、現在26歳の桐谷は「それを信じて生きています。この2年間は勝負ですね」と、意欲的に捉える。 

    一方で、完全インドア派を自称する桐谷は、結婚相手について「できる範囲ではアウトドアでも付き合いますが、
    できるだけインドアで一緒にゲームをやってくれる人の方がいい」と、理想を告白した。 

    高校時代はラグビー部のマネージャーをやっていたという桐谷。デビューのきっかけは千葉の地元でのスカウトだったという。 
    だがその際、スカウトマンからの直接コンタクトはなく、事務所が地元で行っていたという聞き込みにより情報を入手。 
    桐谷へ直接電話連絡が入り、デビューの打診が伝えられたという。 

    桐谷は当初、直接対面していないという不信感もあり、母と共に事務所に出向いたものの、その場で説得され、今に到ると明かす。 
    桐谷は「信じられないし、今でも不思議な感じですね」と言い、改めてデビューまでの経緯を振り返った。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00041414-crankinn-ent 
    クランクイン! 2月12日(金)15時15分配信 

    o065008671156224_650
    【桐谷美玲、理想は「一緒にゲームをやってくれる人」 結婚に意欲的】の続きを読む

    1 : ダークホース ★@転載は禁止2016/02/12(金) 10:38:48.172499 ID:CAP_USER*
    年明けからも視聴率が22%を切らず、好調が続くNHK連続テレビ小説『あさが来た』。 
    ディーン・フジオカが演じて人気を呼んだ“近代大阪経済の父”五代友厚は、1月22日放送の第95話で亡くなったが、1月30日放送の102話から、ヒロインの白岡あさ(波瑠)の娘・千代役で小芝風花が出演。 
    古風な顔立ちがかつらや袴と似合って、明治の娘っぽいと好評を得ている。 

    ◆大作映画出演も不運が続いた 

    小芝は大阪出身の18歳。 
    2011年にオスカープロモーションが開催した、武井咲の妹キャラクターを選ぶ「ガールズオーディション」でグランプリを獲得。 
    ドラマ『息もできない夏』(フジテレビ系)で、実際に武井の妹役で女優デビューした。 

    2013年には、スタジオジブリのアニメで知られる『魔女の宅急便』の実写映画版にヒロインのキキ役で主演。 
    いきなりの大作への抜擢が大きな注目を集めた。 
    だが映画は興収が5億円ほどから伸びず、話題性のわりに成績は不振に終わった。 

    昨年も出演したドラマ『HEAT』(フジテレビ系)が視聴率2.8%の回も出るなど苦戦。 
    メインキャストのひとりだった映画『ガールズ・ステップ』では公開初週の興収ランキング19位で劇場の不入りが話題になったりと、不運が続いた。 
    初の舞台『夕陽伝』では女優として学ぶことが多かったようだが、これはワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSの公演での紅一点の客演。 
    男性ファンが観に行きづらく、知名度アップには繋がりにくかった。 

    素直で真面目な人柄や、新人ならではの清々しい10代特有の雰囲気をかもしだす演技に対しては評価を受けながら、 
    これまでいまひとつ運に恵まれていなかった。 

    ◆ブレイク登竜門となった“朝ドラ枠”で追い風に乗れるか 

    小芝が所属するオスカープロモーションは、上戸彩、武井、剛力彩芽らを擁する大手プロダクションだが、“本流”は彼女らを輩出した「国民的美少女コンテスト」出身組。 
    小芝は同世代で同コンテストでグランプリを受賞した吉本実憂や後輩の高橋ひかるに比べたら、押され具合が弱かった面もある。 

    そんななかで『あさが来た』は大きなチャンスとなった。 
    千代は仕事で家を空けがちな母親のあさに反発していて、ケンカが絶えない。 
    銀行は順調なあさにとって、頭痛の種になっている。 
    小芝は古風な顔立ちがかつらや袴と似合って、明治の娘っぽい。寂しさの裏返しもあって、いけずを言う感じもかわいく見える。 
    物語に登場するや、古芝演じる千代の評判は朝ドラ視聴者層の間ですこぶるいいようだ。 

    近年の朝ドラでは、脇役からも『あまちゃん』の有村架純のようにブレイクしたり、『ごちそうさん』の高畑充希、『花子とアン』の土屋太鳳とヒロインに絡む役での出演から、後の作品で自身がヒロインになった例もある。 
    清楚さが際立ち好感度が高まりそうな小芝も、もともとの演技の下地もあり『あさが来た』から“朝ドラ出世路線”に乗ることが十分予想される。 
    いよいよ不遇から抜け出すか。追い風に乗れるか期待される。 

    (一部省略) 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000344-oric-ent 

    朝ドラ枠からブレイクへ? 小芝風花 
    20160210-00000344-oric-000-2-view

    【千代役・小芝風花、『あさが来た』が好評 今っぽくない古風な顔立ちを武器に不遇時代を抜け出すか?】の続きを読む

    このページのトップヘ