噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    山内瑞葵

    • カテゴリ:
    1 :ジョーカーマン ★:2020/03/23(月) 08:47:52
    AKB48の山内瑞葵が、「FLASHスペシャル2020年早春号」(3月23日発売)に登場した。

    今回のグラビアのタイトルは『ずっきー開花宣言』。
    AKB48の57thシングル『失恋、ありがとう』で新センターに抜擢された山内はAKB48に加入してから毎日、最低1回は「絶対センターになれますように」と願ってきたそう。

    センターとしてのプレッシャーを聞かれると「大役をまかせていただいたからには、それを見せてはいけないと思っているので、堂々としたパフォーマンスを心掛けている」と語った。

    http://mdpr.jp/news/detail/2007463

    「FLASHスペシャル2020年早春号」 圧巻のスラリ美脚披露 山内瑞葵


    _9wbkbwfEgkK5GWQLnBC4FxWF0hP5k82sT7Ce6QkSzA

    【【AKB48】新センターに抜擢!山内瑞葵(18)、グラビア登場 圧巻のスラリ美脚披露!】の続きを読む

    1 :ジョーカーマン ★:2020/02/23(日) 12:48:21
    AKB48の新ユニット8組が日替わりでライブを行う『新体感ライブ祭り♪』が22日、東京・渋谷ストリームホールで初日を迎え、57thシングル「失恋、ありがとう」(3月18日発売)で初のセンターに抜てきされた山内瑞葵(18)ら美少女5人組ユニット「IxR」(アイル)が先陣を切った。

    昨年12月8日の『AKB48劇場14周年特別記念公演』で結成された新ユニットの中から、8組が日替わりで登場する『新体感ライブ祭り♪』(7日間全8公演)。
    初回公演は、大盛真歩(20)、小栗有以(18)、久保怜音(16)、西川怜(16)、山内瑞葵(18)の5人が務めた。

    冒頭のあいさつで「みなさんこんばんは。私たち『IxR(アイル)』です」と、初めてユニット名で自己紹介。
    ARやVRコンテンツで活躍を目指す新時代アイドルがコンセプトで、ユニット名はアイドルの頭文字「I」と、VR・AR・MR などの総称「xR」(未知数のリアリティ)を掛け合わせた。

    小栗センターの「Teacher Teacher」、山内センターの「モニカ、夜明けだ」、西川センターの「Generation Change」とクールな楽曲でスタートし、大盛、小栗、久保、西川の趣向を凝らしたダンスパートに続く「野蛮な求愛」では、山内がキレのあるダンスでパフォーマンスで魅了した。

    クールな楽曲の後には「おNEWの上履き」「となりのバナナ」「さときー(原曲「わるきー」)」など、随所にキュートな楽曲も。
    終盤は紺ブレ&赤チェックスカートの王道衣装で「重力シンパシー」「遠距離ポスター」「大声ダイヤモンド」を披露し、会場は熱気に包まれた。

    「アイルコール」が響いたアンコールは“登竜門”のような楽曲となっている「スカート、ひらり」から始まり、続く「未来の扉」ではセンターの小栗が「AKB48の新しい未来を、私たちIxR切り開きます!」と高らかに宣言。
    久保は「IxRでたくさん活動できたらいいなと思っているので、これからも皆さんついてきてください!」と呼びかけ、ファンもこの日一番の声援で後押しした。

    セトリ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000325-oric-ent

    AKB48の美少女5人組ユニット「IxR」(アイル)


    ERX4Qm8UUAAvdf4

    (左から)山内瑞葵、西川怜、小栗有以、久保怜音、大盛真歩

    【【AKB48の未来】「2万年に1人の美少女」小栗有以(18)「AKB48の新しい未来を切り開きます」 5人組美少女ユニット『IxR』誕生!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 :47の素敵な:2018/06/08(金) 22:14:09.18 .net
    圧倒的透明感じゃね 
    DfKeYDvUYAEkHY-

    【ずっきーこと山内瑞葵ちゃんのグラビアキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 :(茸)@\(^o^)/:2016/12/20(火) 21:30:59.10 .net
    これは推せるな 

    M7u5PYK
     
    【AKB16期エース候補ロールちゃんこと山内瑞葵ちゃんが741のMV撮影にエキストラとして参加していた】の続きを読む

    このページのトップヘ