噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    本田翼

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/11/25(金) 05:00:16.63 ID:CAP_USER9.net
    2016年11月24日 17:45 

    ・スタジオがお隣さん [nozomisasaki_official] 
    15035647_1777923119141607_608716704020692992_n


     女優の佐々木希が24日、自身のインスタグラムを更新。同じく女優の本田翼との“可愛すぎる”密着2ショットを公開し、「最強のコンビ」「可愛いの先がみえました」と絶賛されている。 

     佐々木は投稿の中で、「ばっさー スタジオがお隣さん」と言葉を添えて、本田との2ショットを公開。ファンからは「国宝すぎ」「最強のコンビ」「可愛いの先がみえました」「二人とも可愛すぎる」といった反響があった。 

     佐々木が出演しているのは、日本テレビ系にて放送中の、唐沢寿明と窪田正孝のW主演で描く刑事ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』。佐々木は婦人警官の鈴木結衣を演じており、劇中で見せるコスプレがたびたび話題を呼んでいる。 

     一方の本田は、同局で放送中の、石原さとみ主演のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に出演中。 

    (以下略、全文はソースをご覧ください。) 


    本田翼&佐々木希 
    1186566_650
    http://www.crank-in.net/entertainment/news/46720
     
    【佐々木希&本田翼、“可愛すぎる”密着2ショットに「最強のコンビ」と絶賛の声】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/11(土) 05:14:31.70 ID:CAP_USER9.net
    2016-06-10 22:00 

    女優でモデルの本田翼が、11日発売の女性ファッション誌『ar』(主婦と生活社)7月号の表紙と巻頭ページに登場。カバーでは黒レースの耳をつけた「SEXYバニー」に変身し、男性も女性もとりこにするフェロモンを振りまいている。 

    「本田翼のSEXY講座」と題した8ページの巻頭特集では、さまざまなタイプのフェロモンを引っさげて、“翼流の色っぽ術”の数々を惜しげもなく披露。カバーの「SEXYバニー」のさらに色っぽい表情や、無造作で無防備だからこそセクシーに見える「カジュアル肌見せ」など、本田翼のかわいらしさと大人の色気が凝縮されている。 

    同号のカバー画像が同誌公式インスタグラムで公開されると、瞬く間に7000件以上も「イイね!」がつき、ネット上でも「本田翼がかわいすぎる!」と急拡散。 
    本誌内に掲載のインタビューにも「翼のSEXYポテンシャル、結構スゴいよ」とタイトルが付いており、本田のフェロモンと色気に徹底的に迫った特集となっている。 
    このカバー&特集撮影の舞台裏を撮影したスペシャル動画が、同誌公式サイトで公開中 
    【http://ar-mag.jp/specialcontents/8898】。 

    また、「和フェロ男子たち」と題した特集では、話題のイケメンが多数登場。 
    テレビで引っ張りだこのりゅうちぇるは、トレードマークのヘアバンドに合わせたブルーのさわやかなストライプの浴衣を着こなし。 
    人気急上昇中のゆうたろうは、いつも愛用するイメージカラーのピンクではなく、デニム素材の浴衣に身を包み、これまでとは一味違う“男の色気”を漂わせている。 
    同特集には千葉雄大、北村匠海、中村倫也も登場する。 

    そのほか、「橋本マナミのSexy指南書」ではタレントの橋本マナミがフェロモンの秘密を伝授。 
    さらに、俳優の西島秀俊、賀来賢人、野村周平、三浦春馬、AKB48の島崎遥香、お笑い芸人の横澤夏子が登場し、ファッションページでは中村アン、高橋愛、佐藤栞里らが誌面を飾っている。 


    ・本田翼 
    2073177_201606100986924001465569174c
     
     
    【本田翼、黒レースのバニー姿披露 “かわいすぎ!”と話題のポテンシャル発揮】の続きを読む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 05:10:42.10 ID:CAP_USER9.net
    2016-06-08 04:00 

    モデルで女優の本田翼が、11日より全国で放送されるゲームの新CMに出演。 

    同CMで共演した出川哲朗とともに「撮影で一番大変だったことは何ですか?」と問われた本田は、 
    「撮影は、役作りをしっかりとやってきたので、大丈夫です。監督とちょっと衝突もありましたが… 
    僕も譲れない部分はありますので…」とゲームへの愛をのぞかせた出川に続き、 
    「私も監督と衝突して譲れない部分もありました (笑)。ディスカッションも沢山しましたね(笑)」と振り返った。 

    ◆本田翼×出川哲朗の共演は「すべてが見所」 

    新CMは、本田演じる「主人公」が、マントをなびかせ剣をぬく勇者らしき人を発見して興奮するも、勇者らしき格好をした出川だったことがわかり、見て見ぬふりをするが出川からツッコミを入れられる「解説篇」、剣を振り抜き必殺技を披露する出川ではなく、剣に対して「すごい!」と興奮する本田に、出川が怒る「必殺技篇」、本田の顔が宇宙を背景にして惑星のようにクルクル回りながら浮かんでいる「星の翼さん篇」の3種類。 

    見所を聞かれると、「僕たち2人が共演しているから、最初から最後まですべてが見所です! 
    このCMが始まったら、とてもじゃないけど、チャンネルは変えられない(笑)」(出川)、 
    「出川さんがCMの中で、“とある「技」”を使うので、そこが見所だと思います」(本田)と思い思いのポイントを語った。 

    ◆アドリブ連発でNGも 

    CM撮影当日、コスチュームに身を包み、明るい笑顔でスタジオ入りした本田。 
    監督やスタッフと談笑しながら和やかな雰囲気で撮影は進行していき、安定した演技を披露した。 

    また、2人揃っての撮影では、出川が台本にないアドリブを連発。 
    本田を笑わせてNGカットになってしまうなど、終始楽しい雰囲気に包まれていた。 

    ◆本田翼は「可愛い」&「ちょっとセクシー」 

    「主人公」の衣装は前作でも着用していることから、「だいぶ着なれてきて、私服みたいな感じです」とすっかりお気に入りの本田。出川から「『可愛い』&『ちょっとセクシー』ですね。キレイな脚なので、ちらちら見ちゃってましたね(笑)」と絶賛されていたが、無言のまま笑みを浮かべていた。(modelpress編集部) 
    w720c-e_2115799
     
    【本田翼“可愛い&ちょいSEXY”に太鼓判「監督と衝突して譲れない部分もありました」】の続きを読む

    1 : 湛然 ★@無断転載は禁止2016/05/24(火) 08:33:51.34 ID:CAP_USER9
    2016-05-24 05:00 

    Hey! Say! JUMPの山田涼介(22)が、人気漫画を実写映画化する『鋼の錬金術師』(2017年冬公開)に主演し、主人公のエドワード・エルリックを演じることが23日、わかった。 

    ヒロインで機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベルを本田翼(23)、原作でも人気の高い“焔(ほのお)の錬金術師”ロイ・マスタング大佐はディーン・フジオカ(35)が演じる。 
    荒川弘氏による原作、通称“ハガレン”は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。01年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載がスタートし、テレビアニメやアニメ劇場版を機に爆発的な人気を獲得。全世界でシリーズ累計発行部数7000万部超という記録を打ち立てた。 

    エドワードとアルフォンスの兄弟は、母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌“人体錬成”を行い、失敗。 
    その代償としてエドワードは体の一部を失い、右手と左足が機械鎧に。 
    アルフォンスは体全てを失い、魂を大きな鎧に定着させた体になってしまう。 
    やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かり、失ったすべてを取り戻すため、 
    兄弟は絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅を繰り広げる。 

    監督を務めるのは『ピンポン』(2002)の曽利文彦氏。自ら企画を立ち上げるほどストーリーに強く引かれ、 
    「“生きていくことの真実”を描いた、このすばらしいストーリーを幅広い世代にご覧いただけるよう、チーム一丸となって全力で取り組んでいきたい」と熱意を込める。 

    ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた経験もある曽利監督は、原作ファンが気になるであろうアルフォンスの表現方法について「満足していただけるものをお見せできると思う。自信があるから映画化に踏み切ったと言えるくらい」と話している。 

    大役を務める山田は「原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像がふくらみ、 
    自分がこのプレッシャーに勝てるのか?という気持ちもありました」と重圧を吐露。 
    アクションシーンも見どころの一つになるが「できる限りスタントは入れず、自分を追い込んでやってみたいと思っています。 
    CGなどの技術の発達がある今この時代だからこそ、実現できる。 
    原作ファンの方にはもちろん、原作を知らない方にも、この作品のすごさをスタッフ・キャスト一同で作り上げていけたらと、身体を鍛え役への理解を深めることで、今は決意が固まりました」と覚悟をにじませた。 

    原作の大ファンを公言する本田は「プレッシャーがすごいです。 
    原作ファン、そして私たちの世代にこそ観てほしいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています」と意気込み。 
    ディーンは増量して役作りに励むといい、「学生時代にはボクシング、俳優のキャリアを始めてからは中華武術やテコンドーを含め日常的に練習し、過去の仕事でもアクションを撮影してきたので、その経験が今回の新しいチャレンジに生かせるよう頑張ります」とコメントを寄せた。 

    そのほか、マスタング大佐の親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太、マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、ロス少尉役に夏菜、重要な役割を担う国家錬金術師のタッカ―役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼、そしてハクロ将軍役で小日向文世が出演。 

    エドとアルの冒険に立ちはだかる敵役も豪華キャストが集結し、ホムンクルス(人造人間)である 
    謀略に長けた“色欲”のラスト役に松雪泰子、“嫉妬”のエンヴィー役に本郷奏多、“暴食”のグラトニー役に内山信二、ホムンクルスと共謀するコーネロ教主を石丸謙二郎が演じる。 

    (>>2以降につづく) 


    ・山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化。本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子らが共演する 
    2072150_201605240380136001464033620c
     
    http://www.oricon.co.jp/news/2072150/full/ 
     
    【山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化 本田翼、ディーン・フジオカらが共演】の続きを読む

    このページのトップヘ