噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    水卜麻美

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/12/09(水) 11:28:57.90 ID:CAP_USER*
    ORICON STYLEは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。 
    12度目の調査となる今回、見事首位に選ばれたのは、情報番海『ヒルナンデス!』、『有吉ゼミ』など多くの番組に出演する、日本テレビ【水卜麻美】アナウンサー。 
    これで水卜アナは、一昨年、昨年から引き続いての3連覇を達成。 
    2008年に5連覇を達成し、殿堂入りを果たした元フジテレビ・高島彩アナウンサーの記録も、いよいよ視野に入ってきた。 

    ■癒しの“ミトちゃん”がV3達成! マツコも認めるその実力とは? 

     “ミトちゃん”の愛称と、食レポ時の気持ちのよい食いっぷりで知られる水卜アナ。 
    2011年に南原清隆司会の情報番組『ヒルナンデス!』に抜擢されると、そのマジメで実直な姿勢と、天然と評される言動やリアクションでたちまち人気アナに。 
    昨年から引き続き、男女別はもちろん10代~50代すべての世代別調査で堂々の首位を獲得しており、圧倒的な強さを見せつけた形だ。 

    主な支持理由としては、「美味しそうにいっぱい食べるところがかわいい」(青森県/10代/女性)といった、昨今のダイエットブームに相反する大食いキャラが変わらず受けているほか、 
    「ミトちゃんを見ると元気になる」(長野県/20代/男性)など、彼女が“癒しの存在”であるとの声が多数。 
    また、女性層の支持が高いのも特徴で、 
    「注目されてアンチが増えたようだが、アンチに負けず頑張って欲しい」(埼玉県/30代/女性) 
    といった声が女性側から上がっているのも印象的だ。 

     ほかにも「自分を飾らず、芸人さんにいじられても返しが上手い。仕事にプライドも持っている」 
    (埼玉県/20代/女性)といった仕事面、人間性を評価する声も。 
    今年4月に放送された『行列のできる法律相談所』では、女子アナ嫌いで知られるマツコ・デラックスが 
    「非の打ち所がない」と水卜アナを満点評価したように、 
    まさに彼女の”非の打ち所のなさ”が明らかになったアンケート結果だった。 

    ちなみにマツコはこれとは別の番組で、水卜アナを「女子アナとしてカウントしていない」と評したこともある。 
    確かに現在の“水卜ちゃん人気”は、完璧かつ王道の女子アナとしてというよりも、彼女独自のスタイルが受け入れられ、浸透した結果であるといえそうだ。 

    (>>2以降に続く) 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000328-oric-ent 
    (一部抜粋) 

    『第12回 好きな女性アナウンサーランキング』で3連覇を達成した水卜麻美アナ 
    20151208-00000328-oric-000-3-view
    【『第12回 好きな女性アナランキング』日テレ・水卜麻美アナが3連覇】の続きを読む

    1 :ダークホース ★@転載は禁止:2015/11/10(火) 10:23:10.57 ID:???*
    体型の変化があまりに激しいことをネタにされることが定番となりつつある、日本テレビの“ぽちゃアナ”こと、水卜麻美アナがやはりハロウィンコスプレでやらかしてしまった。 

    同局の夏の風物詩的番組「24時間テレビ」の本番に合わせ、体を絞っていることを明かし、生放送当日ではスリムボディをお披露目。 
    減量に成功したと思われた水卜アナだったが、その後にみごとなまでのリバウンド。 
    現在ではダイエット前よりもふっくらした体型になってしまった。 

    そんな、水卜アナは日本武道館で行われた日テレが主催するハロウィン仮装イベント「日テレ HALLOWEEN LIVE 2015」のイベントに出演。 
    同イベントの出演アーティストである氣志團のステージに「ヒル團デス!」と名乗った水卜アナは特攻服姿を着用し、ステージを盛り上げた。 

    だが、そのイベントの様子がテレビで取り上げられるやいなや、その風貌がネット上でツッコミの嵐を浴びたのだ。 
    その一部を取り上げても、「どう見てもレスラー」「ダンプ松本のコスプレですか?」「俺はぽっちゃり好きだけど、それは俺がマニアだからだよ、お~い水卜ちゃ~ん」とそのボディをもてあますようなコメントだらけだ。 

    「重量感MAXのダイナマイトボディを特攻服で身を包み、竹刀を持つミトちゃんの貫録はスゴいのひと言。 
    完全に女子レスラーというのが的を射てますね。横に長身のミッツ・マングローブが並んでいたことで、短足ぶりも非常に目立ちまくっていた。あれをイジるなというほうが無理な話ですが、『私はNGないアナウンサーなんで!』と話してやり切っていた水卜ちゃんをホメるべきかどうか‥‥」 
    (週刊誌記者) 

    とはいえ、なんだかんだで愛されている水卜アナ。 
    飽きるほど繰り返されている体型イジりだが、これだけ庶民の心をつかんで離さないのはある意味、天性の才能。 
    もはや他の女子アナがマネできない、いや、マネしたくない領域にまで達したとすら感じるだけに、 
    天下は当分続きそうだ。 

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_46746/ 

    コスプレ姿の水卜麻美アナ 
    w724c-e_1881662

    【どう見てもダンプ松本! 日テレ・水卜麻美のボディ肥大化がもう止まらない】の続きを読む

    このページのトップヘ