噂のゴシップ!芸能チャンネル

気になる芸能ニュース、熱愛、ゴシップを毎日更新!!

    AKB

    • カテゴリ:
    1 :ジョーカーマン ★:2019/10/21(月) 06:51:16.97
    週刊プレイボーイ44号(10月21日発売・集英社)では、元AKB48高橋希来(きら)が登場している。

    バイトAKBに合格後、15年「第2回AKB48グループ ドラフト会議」でAKB48チームBの1位に指名される。
    17年にAKB48を惜しまれながら卒業した伝説の美少女あの“きらりん”がちょっとだけ大人になって帰ってきた。

    沖縄で撮影された久しぶりのグラビアは、エモくて、尊くて、眩しい。

    https://wpb.shueisha.co.jp/gravure/2019/10/20/109961/

    週刊プレイボーイ44号 高橋希来


    takahashi_kira

    【【アイドル】「伝説の美少女」元AKB48高橋希来(18)、 久々のグラビア登場!水着姿がエモくて尊くて眩しすぎる】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 :ジョーカーマン ★:2019/10/12(土) 07:36:20.33
    今月19日に、台湾を拠点に活動するアイドルグループ「AKB48 Team TP」から卒業する阿部マリア(23)が大胆ショットを披露した。

    AKB48から2017年に台湾へと渡った阿部は“性感(セクシー)女神”とたたえられるなど、現地で人気に。
    そんな阿部が12日発売「週刊プレイボーイ」43号で、最初で最後の大胆露出に挑戦している。

    2010年にAKB48に加入し、17年から台湾に移住。
    移住してからの1年半はAKB48 Team TPメンバーとしてシングルのリリースやバラエティー番組に出演するなど活動してきたが、今年8月に卒業を発表。
    その際は「デビューしたてのフレッシュなグループに私の大人エッセンスは必要ないのかもと思い、卒業することを決めました」と語っていたが、同誌ではその等身大の大人エッセンスを、台湾・台北を舞台に、ためらうことなく思う存分発揮している。

    阿部は「最後にこんなに素直になれたのは、今までの9年があったからです。デビュー当時から今まですべての皆さん、ありがとうございました! 私、大人になりました!」とコメントした。

    ☆阿部マリア/阿部瑪利亞(あべ・まりあ)
    1995年11月29日生まれ、神奈川県出身。
    10年、AKB48に加入、選抜メンバーに選ばれること4回。
    17年移籍を発表し、台湾での活動を開始。
    今月19日に台北アリーナで開催されるAKB48との合同コンサート「AKB48 in Taipei 2019~Are You Ready For It?」で卒業する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010000-tospoweb-ent

    「週刊プレイボーイ43号」 阿部マリア


    abe_maria

    【【AKB48】「性感女神」台湾移籍卒業の阿部マリア、本気のグラビア 最初で最後の大胆露出「私、大人になりました!」】の続きを読む

    1 :ジョーカーマン ★:2019/10/09(水) 09:59:35.82
    AKB48の岡田奈々と村山彩希が9日発売のアイドル誌「BOMB(ボム)」11月号の表紙&巻頭に登場する。

    今回は“ゆうなぁ”コンビが水着で登場。
    白のチューブトップ水着、大人っぽいシックなビキニ、そして黒のワンピース水着と、大人な2人にぴったりな秋らしいグラビアに。
    岡田の好きなチョコミントスウィーツを食べている2人も可愛い。
    全国ツアーや最新シングル『サステナブル』そして、2人の最近のプライベートについて語ったインタビューも掲載されている。

    乃木坂46梅澤美波らが登場
    そのほか、乃木坂46からは3期生の梅澤美波、4期生の金川紗耶が初ペアグラビア。
    各期の中でも抜群のスタイルを誇る美しき2人が登場する。

    さらに、日向坂46から、17歳になったばかりの金村美玖などが登場している。

    http://mdpr.jp/news/detail/1880462

    「BOMB(ボム)」11月号 “ゆうなぁ”岡田奈々と村山彩希


    -iJeMRkCd_AuLsF49Dd-6QMLPptfu_ALE8q-_nwfN-E

    【【AKB48】“ゆうなぁ”岡田奈々&村山彩希が可愛い!水着で密着2ショット スレンダーボディ披露】の続きを読む

    このページのトップヘ